2007/2/23

HONU  The Nature
クリックすると元のサイズで表示します
ヒロ湾が見渡せる海岸。ごつごつした黒い岩場と、美しい白砂のコントラストが目に鮮やか。
同行の陽子ちゃんと、冷え固まった溶岩に腰かけてダラダラおしゃべりしながら、遠くリーフに砕ける白い波を眺める。

私「ここってさ、カメがいるんだよ。泳いでると突然、隣で泳いでいたりするんだよね。びっくりしてシュノーケル咥えたまま叫んだことあるよ。おぼれそうになったわ。」
陽子ちゃん「へえ〜。でも、岩だかカメだかわかんないですよね。」
私「ほら!そここそ!いるよ、今、頭が見えた。プファ〜って息してるよ!」
陽子ちゃん「どこどこ??あ、ホントだ!!」

・・・で、次の瞬間(右下のRead Moreをクリックしてね)



クリックすると元のサイズで表示します
「ブファ〜!」っと突然足元にカメが頭を出しました!!
私も陽子ちゃんもびっくり!!
どうやら、私たちの取り留めない話を、岩場に身を潜めてず〜っと聞いていたらしい。
退屈だったかしら?

ヒロにいると、自然と人間の距離の近さに驚く。手の届くところに尊い命が存在する奇跡。HONU(ハワイ語でカメ)は、とても大切にされています。
だから、人を怖がらないし間近に出会うことができます。
このまま、ずっと美しく賢い目のカメたちが人間と共存できるといいですね。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ