2010/8/15

クリックすると元のサイズで表示します
ハワイ島には沢山の見所がありますが、火山国立公園はそのハイライト。
今も噴火を続けるキラウエア火山から立ち上る蒸気を見たり、
うっそうと茂る巨大なシダの林を歩いたり、生きている地球のパワーを
まざまざと見せつけられる、迫力満点のドライブです。
その中でも、是非、見ていただきたいのが、火山国立公園内にある
チェーン・オブ・クレーターズ・ロードの海に近い場所に位置する、
「ペトログリフ」。
クリックすると元のサイズで表示します
古代のハワイアンは文字を持っていませんでした。そこで大切な行事や
カレンダー、人の出入りなどを溶岩に刻み込んで記録したと言われています。
何年前のもの・・・という正確な情報はないのですが、古代のハワイアンたちが
住み着いた場所に多くあります。
ハワイ島のこの場所にも大小さまざまなペトログリフが鮮明に残っており、
昔の人々が伝えたかったこと、記録したかったことが伝わってきます。
ペトログリフのいろいろ・・・は「Read More」をクリック
続きを読む
3

2010/6/22

Volcano House の暖炉  ビッグアイランド・ヒロを見る
キラウエア火山の火口を真下に見下ろせるVolocano House。火山国立公園内にあるホテル兼、レストラン。ハワイ島一周ツアーのビュッフェランチに使われることでも有名ですね。
さて、ここで私が一番好きな場所が入って左手にあるロビー。
どっしりとした革張りのソファーや、ロッジならではのロッキングチェア、そして、常夏のハワイで赤々と燃える暖炉。

クリックすると元のサイズで表示します

この暖炉は、125年以上も火を絶やしたことが無いと言われています。
ところが、ある日、ありえない光景に出くわしました。
暖炉に火が入っていないのです!びっくりして暖炉に駆け寄ると・・・。
「暖炉掃除中のため、オリジナルの火はGeorge's Loungeの暖炉に一時的に移しました。」というサインが!

クリックすると元のサイズで表示します

へ〜〜〜〜、へ〜〜〜、へ〜〜〜!!(古い?)
で、実際にGeorge's Loungeの暖炉がこちら↓

クリックすると元のサイズで表示します

火が入っていない暖炉を見るのも初めてでしたが、ちゃんと炎を絶やさずにしているということが、とても心が温かくなる出来事でした。

Volcano Houseは現在、改装工事のために閉鎖中だそうです。
きっと、Peleの炎が絶えることの無いように、暖炉の炎もどこかで赤々と燃えているのでしょうね。
0

2010/6/20

車を降りれば竜宮城?  ビッグアイランド・ヒロを見る
ハワイ島のコナ側は、マリンスポーツが盛ん。リゾートだし観光客も沢山訪問しますから、ダイビングツアーやシュノーケリングのツアーも数々ありますね。
私がヒロで2週間滞在しています・・・とコナ好きな方に言うと、必ず聞かれることがあります。
「ヒロで何してるの?」「遊ぶ場所なんてないでしょう?」「退屈しない?」。

皆さん、ヒロにはコナ以上に、すっごい所がた〜〜っくさんあるんですよ。
しかも、お金がかからない。
何しろ、無料の温泉だってあるんですから!

その中でも、知る人ぞ知る、秘境???がヒロから30キロぐらい南東へ行った場所にあります。
ありえないロケーション。車を降りて1分で竜宮城!

もちろん、ツアーでは行けません。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドブックにも載っていません。

クリックすると元のサイズで表示します

水に飛び込むと、そこは色とりどりのサンゴがやさしく熱帯魚たちを守るサンクチュアリ。
だから・・・やっぱり内緒ですね。
ハワイ島に愛されると、フシギな場所に連れて行かれます。
ここもそのうちの一つ。
あなたが本当にハワイを愛して、そして自然をappreciateする方であれば
きっとたどり着けると思います。。。
0

2010/6/18

ホノカアのアンティークショップ  ビッグアイランド・ヒロを見る
ヒロの少し北にある、小さな町「ホノカア:Honokaa」。
このブログにもよく登場する、お気に入りの場所です。
昨年公開された映画、Honokaa-Boyの舞台となったことで、町を訪れる日本の方も増えたそうです・・・というのは、Honokaa Clubのマネージャーであり、お友達のアネルさん談。

アネルさんとおしゃべりした後、ホロホロしている時に見つけたアンティークショップのディスプレイ。
古い看板を素敵に飾っているでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

馬車の看板、そして「Gone Riding」のメッセージ。
「Gone Riding」とは、「乗りに行ってます」という意味。
ハワイ島の場合、「馬に乗りに行ってます。」ってことでしょうね。
パーカー牧場を抱えるHorse Country、ハワイ島ならでは。。。ですね。
0

2007/7/26

写真に写りたい馬  ビッグアイランド・ヒロを見る
ヒロの町からパホアを抜け、カポホに下る坂道の途中に牧場があります。
いつも5〜6頭の馬が放牧されていて、楽しそうに走ったり、のんびりと
草を食んだりしています。
クリックすると元のサイズで表示します

私は馬が大好き。
というわけで、馬を見ると思わず車を停めてしまう。
ここの馬は人馴れしています。
犬みたいなんですよ〜〜。

車から降りて大きい声で「うま〜〜〜〜〜!」と呼ぶと
「きゃ〜きゃ〜、遊んで遊んで〜。」
「草、草、草、そこの草とってよ〜〜。」
「首のところ、掻いてくれる?」
・・・ってな具合に飛んできます。
ホントに可愛い。そして、写真を撮られるのも大好きみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

この子。グループのボスらしく、他の子たちを蹴散らして、
自分が写ろうとするんです。
まあ、もちろん、フォトジェニックですけどね。ハンサムだし。

下の写真は、ボス(右)が別の馬を追いかけてる図。
ちょっと!あっち行きなさいよ!!ってな具合。

丘の上でのんびりしている時は、みんな仲良しなのにね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

※ご注意※
馬には食べていい草とダメなものがあるので、道草は食わせないようにしてくださいねっ。
あ、すべった?





0

2006/5/12

ハワイ島のロデオ  ビッグアイランド・ヒロを見る
私は馬が大好き。乗馬はもちろんですが、見ることも大好きです。
ダンナがテキサス出身ということで、Cowboyを実際に見ることも多く、ひそかに「Cowgirl」に憧れていたりして。
今の私の夢は。。。荒馬を乗りこなす日本生まれのカウガール!
夢はきっと叶うと信じて!なんて、くだらない話はおいておいて。
クリックすると元のサイズで表示します
2月のヒロ滞在中、偶然に「ロデオ」を見に行くことができました。
ロデオとは、荒馬や暴れ牛を乗りこなしたり、子牛を馬上からの投げ輪で捕らえるローピング、女性や子供が参加するスピードを競うバレルレースなどをひっくるめたイベントで、夫の出身地、テキサスでは観光客向けにも行われている人気のスポーツ。

ハワイ島は「パーカーランチ」で有名なように牧場が多い島です。
食肉用の牛や乳牛などの牧場は島のいたるところに点在し、したがってカウボーイ、カウガールも立派な職業として成り立っています。
パーカーランチのある「ワイメア」でも、毎年ロデオが行われますが、ヒロで行われるロデオについては、初耳。これは見逃すわけにはいきません!早速、新聞記事を頼りに行ってみました。
場所はPanaewa 動物園のそば、Panaewa Equestrian Centerという素晴らしいレーストラック。
広大な丘陵を利用した美しい緑のレーストラックに併設されたステーブルには
数々の馬や牛、そして馬を自在に扱うカウボーイ、カウガールたちが観客の間を縫って
会場へと急いでいました。

観客席の周りには、フードスタンドやドリンクスタンド、そして乗馬用品や革製品などを販売する屋台が所狭しと並び、お祭りさながらの雰囲気。
1ドルのレモネードを買ってフットボール場のような階段式のベンチに腰かけ、わくわくしながら競技の開始を待ちます。




続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ