2005/11/5

トークの達人  

川崎クラブチッタで特撮、みうらじゅん、ぐるぐる映画館みてきた。

最初は"ぐるぐる映画館"。
以前CDで聞いて気になってたんだが初めてみた。
寺山修二風な演劇から始まり、昭和初期的なフレーズ漂うロック。
最後にいくにつれての客のもっていき方、みせ方が上手でした。

次は"みうらじゅんZ"というバンド。
初みうらじゅんに出て来た瞬間奇声をあげてしまった!
「カリフォルニアの青いバカ」から始まった。懐かしい〜
ロック感溢れる演奏で"大島渚"っぽかったなあ。
弾き語りの「アイデン&ティティ」は感動した。

最後に大槻ケンヂ様率いる"特撮"
これはノリノリです!
何の理屈なく楽しめるバンド。スキがありません!
新しい「綿いっぱいの愛を」という曲、CDまだ買ってないんですがいい曲で感動した。
激しいんだけどドラマティック。
う〜んオーケンとエディは最強だ〜!!!

私の最近のライブ研究ポイントはMCなんですが(何の略か知らないが)そう曲と曲の間のトークね。
上手くなりたいわけですよ。
私の気付いたMCの上手な特徴は主に3つに分けられる。

1、普通にしゃべる。

コレ意外に難しい。マイペースに客に振りながら適度に笑いもとりつつ喋り続けるわけですからね。居酒屋で一緒に飲んでるような感じ。リリーフランキーさんとかこのタイプ。

2、ロック調

ドラムをバックに手拍子などさせて「盛り上がってますか〜?いいか〜い?」とか言葉をリズムにのせて華麗に投げかけてくるタイプ。バンドでいうと、、、昔からのスタンダードスタイルだから沢山いるかな?これは上手というよりそのアーチストが好きか嫌いの問題か!?

3、叫び系

メリハリをつけて腹から大声で叫ぶタイプ。
コレ、好きなんですよ!一番盛り上がる。
大槻ケンヂさんとかこのタイプ。

しかし、いざ自分が!となると難しいわけですよ。
「オラ〜おまえらいくぜ!」と叫んで始めるのはちと抵抗ある。
やはり私はこの中だと1番のタイプかな?と思うけど1番がまた難しいのよね。
みうらじゅんさんのMCを期待してたんだが意外に照れていて思ったよりトークが地味であった。
やはりトークって突っ込み、突っ込んでくれる相手がいないと難しいのかな?
普段や酔っぱらった時、それステージで話すとウケるよ!と言われてもなかなかそのようにいかないのよね。酔っぱらってステージには出れないし。
まあ、トークの達人になるまで暖かく見守ってくださいよ。












0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ