2008/3/10

100万回生きたねこ  

図書館に行って絵本をたくさん借りてきた。

「おおきなかぶ」、こぐまちゃんシリーズ、アンパンマンの紙芝居などスタンダードなものに混じって私の好きな「100万回生きたねこ」も借りる。

家に帰ってきて一冊ずつ読み聞かせ。

字が少ないこぐまちゃんシリーズは楽チンだからいい。
何度も読まされるので。

「100万回いきたねこ」
分かるかな〜と思いつつ読んでみる。

話しが長いので途中から聞いてるのか聞いてないのかわからないが、後半私が泣いてしまい泣きながら最後のページを読み終わると

「お母さん泣いちゃったの〜?大丈夫〜?」

意味はまだわからないよう。

この話しは大人が読んだほうが感動すると思う。

旦那が帰ってきてまたこの本を読み聞かせ。
同じく最後のページで言葉が詰まり、何とか読み終えてたが後でひとり何度も読み返してうるうるきていた。

人気あるので知ってる方も多いと思いますが何度読んでも泣いてしまって胸の中がゾワゾワする。

絵本は短い中でしっかり教訓が含まれており、いくつになっても楽しめるものですね。

読んだことない方、是非本屋さんで立ち読みして泣いてください。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ