2007/6/2

アンケートの書き方  最近の出来事

今日夕方にJAFAフォーラムの大阪と東京のアンケート結果が送られてきました。
つい先日には、GWに実施されたフィットネスセッションのアンケートもメールで送られてきました。

いつもアンケートを見るときは、ドキドキしますね(><)
今回は、まずフィットネスセッション事務局からメールで送られてのきたので、ほんとバクバクしながら見ました。
セッションの方は、アンケート結果はとても良くて、私がセッションでプレゼンをさせていただくようになってから、1番いいアンケート評価でした。
特に、ダンスエアロは多くの方から高評価をいただき、ほんとに嬉しい限りです
JAFAフォーラムでも、良い評価を頂き、うれしい言葉を沢山書いてくださりほんとありがとうございました!(*^−^*)

でも、その中で少数ですが、手厳しい意見もあり、肝に命じて、次に繋げていきたいと思います!(がんばるぞと、燃える私です)

このアンケート、昔は見るたびに喜んだり落ち込んだりしましたが、最近は冷静に分析できるようになりましたね。
セミナー終了後の自分への手応えや受講生の反応で「あ〜ここが説明足りなかったかな・・・。ここは、よく理解してもらえたな!」って感じで、自分のセミナーを振り返ることが出来、又課題も気付けるようになったかな〜〜(たぶん・・
ちょっとは成長しましたね

しかし、最近少し気になることがあります。
それは、アンケートのコメントの書き方ですね。
受講したあと、時間がなく、パッパッと書くのは仕方ないのですが、その中でも相手に対して思いやりを持ってほしいなぁ〜と感じます。
アンケートはそのまま講師に直接届きますから、心無い言葉や配慮にかけた言葉などを読むと、哀しくなりますね
もちろん、書いてくださる事は、受け止めて自分の次への課題にするのですが、その書き方ですね・・・

私は、自分が受講生になった時、いつもアンケートに書くコメントの言葉を選びます。
自分がアンケートをもらった時に、すごく励まされたり、元気になったことを思い出し相手に感謝の気持ちで書きます。
だって、これもコミュニケーション能力の一つだと思います。短時間でコメントを書くのも、これも勉強だと、思うんです。
短い時間内で、相手に伝わる思いやりのある言葉を考え・・・又、気付いた点や、意見があれば、どのように書けば、相手が気持ちよくそれを受け止めてくれるか・・を考える・・・。インストラクターとしては、必要な能力だと思います。

書く能力、相手に伝える能力、まとめる能力、そして相手を思いやる能力、、、、
大変だけど、これらの能力が高められると、人間関係も更にすごくスムーズになると思うし、自分が一番楽しくなると思うなぁ〜〜
さぁ、負けないぞ〜〜がんばる〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ