ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

キャンディス・ディディエ

2009/4/25  19:54 | 投稿者: Author

先日の世界フィギュアスケート国別対抗戦、日本は3位でしたね。

そして・・・女子フリーをテレビでみてました・・・。そして、おフランスのキャンディス・ディディエという選手が出て来て、まさか?と思ったらやっぱり、キター!!『冬ソナ』の“My Memory”。ちなみに理由は前記事。今回はアナウンサーも「冬のソナタのMy memory」とご紹介してました・・・。

今回は、世界選手権のあとで選手はモチベーション、体調等々、整えるのは大変だったと思います・・・。その中で、浅田選手の200点越えは凄かったと思います・・・。

やっぱり、上位のアメリカ、カナダチームはペア、アイスダンスも力がありますね。日本は、シングル特に女子頼みみたいな感じがありましたね・・・。でも、他の大会と違って、それぞれ自チームを応援してる姿はいいですね・・・。別にどうでも、いいことなんですけど、モロゾフコーチは日本チームに居たりしましたけど、他の国の選手は今は教えてないのかぁ〜?もしかしたら、今回の大会は日本選手だけだったのかもしれませんけど・・・。あと、浅田選手のタラソワコーチのサブのコーチなのかな?も日本チームにいましたね・・・。

それと、来シーズンから、ルール改正があるようで、今まで、ジャンプで回転不足をとってましたけど、今度からは回転不足でも、質のいいものなら加点がされるみたいですね・・・。これは、いいことなのではないでしょうか?今年のルールは回転不足をとられるので、男子でも4回転を回避する選手が多かったように思います。まぁ〜作戦なので、一概には何ともいえないですが、挑戦するというも、スポーツの醍醐味なのではと思うんです。それに、これは、浅田選手や安藤選手のように、ジャンプが得意な選手には有利なんじゃないでしょうか?回転不足をとられてしまうと、ダウングレードされた上に、そこから、また、減点されてしまいますからね。浅田選手はこれで、だいぶ損したんじゃないかな?今までのルールはキム・ヨナ選手のように完成度を高めた選手に有利だったのではないでしょうか?まぁ〜これも、作戦ですからね・・・。こういっちゃなんですが、どの競技でも日本が強すぎるとルール改正されてましたから、先日の世界選手権、日本が強すぎる所を見せつけないでよかったのではないでしょうか?(毒)日本の選手には来シーズンおもい存分、ジャンプしてもらいたいと思います。

人気ブログランキングへ
ブログランキング スポーツ全般

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ