ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

黄金のポケット 第48話

2019/11/14  10:55 | 投稿者: いい加減人

「息子の手を治してやりたいんです。娘さんと結婚させてください」と、土下座をするジョンドに、グィジョンが「実の父でも無いのに」と、言っているのを聞いてしまったソクフン。

ソクフンは歩きながら、実の父では無いと言う事はどういう事なのかと、考えます。

自室で、思えば、自分が息子だと、この家に来た時、家族が困惑していた事、チュジャの友達が「ハンドルは死んだ」と、言っていた事、等々を、ソクフンは思い出します。

ミニからは“家族の事を悪く言うのは、良く無いわよね。ごめんね”と、ソクフンにメールがきます。

お夕飯も食べ無いらしいソクフンを心配して、チュジャが声をかけます。ソクフンは自分が生き別れた時の事を聞きます、ソクフンの質問が生き別れた場所の事と、最初は気づかなかったチュジャは「そこがなんなの?」等と、聞いてしまいます。

それと、ソクフンは生き別れた時の年齢を聞きます。チュジャは「いくつだっかなぁ〜」と、考えます。生き別れたなら、年齢を忘れるはずないですよね。「4歳」と答えるチュジャ。あれ?6歳じゃ無かった?なんて思いながら、見ていたら、やっぱりでした。ソクフンは、お母さんと生き別れたのは6歳だよと、心の中で思います。

ソクフンは片付けをしていると、本にはさまれた手紙が出てきます。“昨日の君はよくやった。手作りの餃子を食べてくれ。今まで、ひとりで大変だったろう”と、書かれていました。そうです。ジョンドからの手紙です。

ミニを呼び出したソクフンは「この間言おうとしていた事を教えてくれ」と、聞きます。ミニは「顔合わせの時、私があの両親に偽の両親になるようお金を出して、頼んだの。そのあとは、あの家族に口止めされていたの」と、言います。

餃子店にやってきたソクフンはジョンドに、自分が息子じゃないと知っている事を告げます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ