ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

スイート6ストーリーズ〜契約恋愛〜 最終回

2020/1/21  19:00 | 投稿者: Author

家をを片付けているペク・セのもとに、チ・ソルがやってきます。ペク・セからすると、本物では無くドンジュンだと思っているので「来たの」とか、粗野な言い方です。チ・ソルの方は、ペク・セの部屋に、自分のポスター等が貼られていて、ペク・セが、自分のファンだと言う事がわかります。

ただ、話しているうちに、ペク・セは、ドンジュンで無く、チ・ソル本人が来ている事に気づきます。チ・ソルの方は、まさか、自分そっくりの人物がいるとは思っていませんので・・・。ネットとかに出回っているペク・セと、ドンジュンとのデート写真を「合成だろう?」と、チ・ソルは、ペク・セに聞きます。

ペク・セからすると、目の前の男は、憧れのチ・ソルな事もあり「はい」と、答えてしまいます。それと、チ・ソルは目ざとくペク・セの部屋においてある薬を見て、ペク・セが、がんに冒されている事に気づきます。外には、報道陣が・・・。チ・ソルは、ペク・セに「外にいる人たちに、写真は合成だったと話してほしい」と、言います。

そして、言われた通り、報道陣を前に、ペク・セは「写真は合成です」と、釈明します。報道人の一人は「調査で、合成じゃないと、出ている」と、首を傾げます。そして、チ・ソルはそれにのっかる様に「彼女は、がんなんです。治療費を僕が出す代わりに、死ぬ前の思い出を作ってあげることにしました。」と。

そこに、ドンジュンが現れその場は、騒然。チ・ソルの方が脇に追いやられ、ペク・セとドンジュンはキス。こうして、ペク・セが嘘をつこうとした事が明るみに・・・。

ベッドのペク・セは、ドンジュンに演技の仕事が舞い込んできていると聞かされ、ドンジュンの練習に付き合います。

結局、ペク・セは亡くなって、しまったようですが、幸せな気持ちで旅立てたと。今、ドンジュンは、俳優として、順調のようです。チ・ソルは、嘘つきのレッテルを貼られていて、今じゃ、ほくろを強調させたりしています


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ