ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

スイート6ストーリーズ〜マジック学校〜 第6話

2020/1/30  13:36 | 投稿者: Author

イ・ソン(少年時代)役:チョン・ジンソ 『不滅の恋人』『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』『六龍が飛ぶ』
祖父役:ユン・ジュンサン 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『雲が描いた月明り』『凍える華』『星になって輝く』
職員役:ユン・ジョンス 『僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ〜』

上司から「マジックなど、非科学的な事など、やめてしまえ」と、言われたソン。自分でもそう思い、辞めるために魔法学校へ行きますが、そこで、イスルが踊る姿を目撃します。どうも、イスルの踊るすがたに、ソンは魅了されたようで、そのまま、魔法学校を出て行きます。

ソンは、祖父がいる療養施設を訪ねます。子供のとき、皆が自分をロボットと言うと、ソンが話すと、祖父から「勉強をして、説明できる人になれば良い」と、言われていたんですね。祖父の、好物であるドーナツを祖父と食べるソン。

ソンは6年前に、アメリカからやってきて、母のお墓参りをしたようですね。おばさんから「お母さんは許してと言っていた。貧しくで仕方なかった」と、伝えられたんですね。

ジュンは送別会をやってもらますが、セラのイラズラ(?)で、ジュンがトイレに行っている間に、誰もいなくなります。さらに、全額をお店から請求される羽目に。ちょうど、ジェイがやってきて、助かったようですが・・・。ちょっとこれ、いたずらにしても、悪質じゃない?

ナラは、一応、家を出たのでしょうか?ウリの撮影を手伝うナラ。この時、例のウリの先輩に、誤解の事を謝るナラ。逆に、ナラは、この先輩からウリがフランスに留学する事を聞かされます。驚いたナラは、ウリに聞くと「言おうと思ったけど」と、言われます。ウリとしても映画の勉強をしないと、職に就けないため、そうする事にしたようですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ