ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。

デスパレートな妻たち 最終回 終わりの始まり

2007/9/30  23:11 | 投稿者: Author

マイクったら、ポールを殺すために、何か、砂漠の山の所を散々歩かせたけど、ポールの話を聞いて、殺すのはやめて、置き去りにして行くのよね。手錠はめたまんまであそこに置き去りじゃ、脱水症状になって、死んじゃうじゃんね。それだったら、一思いに撃ってやるのが思いやりってもんじゃないの?って、ま〜殺さないほうが言い訳だけど・・・。ちゃんと、手錠ほどいて、ペットボトルの水をおいてあげてから、立ち去ってね、マイク。

ジョンたら、バカだネェ〜。カルロスの裁判が、ガブリエルの証言で、上手く行きかけてたのに、カルロスの耳もとでジョンは「あなたは殴る相手を間違えた」っていうのよねぇ〜。コノ無鉄砲な感じはやっぱり、若さゆえかしら?

レックスったら、可哀想に・・・。自分の病気がよくならないのは、ブリーの料理のせいだみたいな感じで、お医者様にいわれて、当然の報いだ、君を許すっていう遺書を残して死んじゃったじゃん。本当は変態野郎の薬剤師のせいなのに、これじゃ、お互い、誤解したまんま、死別じゃん。なんて事してくれたんだ。変態のジョージ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ