ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2008/11/4  23:57 | 投稿者: Author

今回もこのドラマらしく、おかしいのとほんわかするお話でしたね。

ベティとヘンリーは結局、家族、ダニエルに内緒で付き合うことにしたから大変だよ。だけど、ダニエルは本当にベティのこと心配してるんだね。でも、ベティとしては、ヘンリーのことは内緒だから、嘘ついて「ジオと付き合ってる」何て言っちゃったもんだから、お約束で、問題が複雑化に。

そして、ベティたちがいる、ミュージカル会場にダニエルも『モード』の広告主に成ってくれそうな女の人とキター。広告主の女性といい感じに成って、クロークルームに連れ込むダニエル。だけど、ここで、ベティのコートを見かけて、理性取り戻しちゃうってどういうこと。

マークは例のカメラマンのクリフと前回いい感じに成ったのに、クリフが会社に現れると、ないかといい訳して、デートしないようにしてるから、やっぱりだめだったのかぁ〜と思ってたら、違ってたのね。自分の理想と違うことに葛藤してたんだね。しかも、此の話をトイレでアマンダとはなしてて「だって、ウィルミナみたいに寂しいのはいやでしょう」っていったら、ジャーという水を流す音が聞こえてきてでてきたのはウィルミナだったぁ〜。あの、殺気立った雰囲気凄かったよねぇ〜。

ヒルダは美容院につとめてるっていってたけど、本当は違うところで働いていたんだよねぇ〜。だけど、これが、ジャスティンにばれちゃってヒルダは「おとうさんにはいわないで」っていってたんだけど、ジャスティンとおとうさんに、美容院でつかういすをプレゼントされたよ〜。本当、この家族っていい家族だよねぇ〜。

ヒルダが働いてるところを動画にとられちゃってたのには笑えたわね。

もう一度みて:

アメリカではミュージカルみながらメールのやり取りしていいのかね?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2008/11/4  21:23 | 投稿者: Author

やっとドラマの中で“オンエアー”されました。

日向にいるギジュンがヨンウンに声かけられて「光合成してるんです」って。これって世界共通かね?

今回は、高校生のスンアとギジュンがホテルへいったそのあとのことが描かれていましたね。前にみた時は、中途半端に終わってどうなってるんだろうって思いましたけど・・・。もちろんやっぱり、何もなかったわけで・・・。スンアはやっぱり、ロシア語習っていたんだね。部屋をでていあったと、カウンターの所で、ギジュンがお金をはらえないとホテルの人とやり取りしてるところをスンアがこっそりみてるんだよね。そこへ、丁度、小さい子供を抱いたヨンウンとぶつかったりしてるんだよね。ってこれ『LOST』かよっ!

ちなみに、ヨンウンは外国から帰ってきたばかりで、そこへ、制作会社の社長のヘギョンがホテルのロビーに現れて「ホテル暮らしより、私のうちの方がいいでしょう」って手助けしてくれるんだよね。ヨンウンは働かなきゃいけなくて「小説家に成るのはあきらめるから、出版社で働けないかなぁ〜」っていうんだよね。それを考えると、ヨンウン、今、小説家ではないけれど、売れっ子の脚本家に成ったんだから、ある意味、夢に近づいてはいるんだね。

スンアの家でスンアがギジュンに「ゲームでソ先生(ヨンウン)に社長(ギジュン)があのとき好きだったのはだれってきかれて、答えなかったけど、あれは、その時、ソ先生がまだ、人妻だったから、好きだっていえなかったの?」ってきくと、ギジュンは「ソ先生じゃないよ。ソ先生を好きに成ったのはそのあとだ」っていうんだよね。ギジュンがでて行くとき、スンアは、ぼそっと独り言で「馬鹿なんだから」って・・・。

車の中でギジュンとスンアがはなしてるときギジュンが「オレそんなに馬鹿じゃないですよ」っていってたけど、ギジュン、スンアの気持ちは見て見ぬ振りなのかな?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2008/11/4  21:07 | 投稿者: Author

今回の過去はアナでした。アナは警察をやめたあと、ジャックのおとうさんに護衛として、頼まれて、一緒にオーストラリアにいきました。ジャックのおとうさん、案外、いろんな人と絡みがあるのね。それと、アナとジャックのおとうさんが乗ってる車に、ソーヤーがぶつかってきました。もしかして、ジャックのおとうさんて、キーに成る人物なのかな?

ヘンリーはアナを殺そうとしたけど、ロックが助けに入って、アナは助かりました。あとで、ロックがヘンリーに「なぜ、足を挟まれた自分を殺そうと思えば殺せたのに、殺さなかったのだ?」ときくと、ヘンリーは「あんたはいい人だ」っていうんだよね。何か、こうして、ロックはヘンリーのペースにはまっていっちゃうのかな?

ソーヤーからまんまと銃をせしめたアナ。でも、ヘンリーを殺せなかったぁ〜。そこへ、ジャックたちに助けられた、マイケルがやってきて「オレが殺す」と、アナから、銃を奪ったあと「ごめん」っていって、アナをうっちゃったよ〜なんで〜?丁度、そこへ、ワイン(ブランケットでしたぁ〜)をとりにきた、リビーも慌てたマイケルはうっちゃったよ・・・。そして、ヘンリーのいる武器庫のドアをあけて、ヘンリーをうつのかと思ったら、自分の腕(かな?)うったところで終わっちゃったよ〜。
0

2008/11/3  23:54 | 投稿者: Author

ニーラとゲイツったら、あら、そう言う関係に発展したのね?何て思ってみてたら、ニーラの夢だったぁ〜。

そんなゲイツもだんだん、事情が分かりつつある感じだね・・・。何か、失読症っていってたなかった?確か、トム・クルーズもそうだったんじゃないかな?それに、ゲイツと一緒にすんでる女性は、ゲイツの友達とかの奥さんとかそう言う感じなのかな?あの、女性もなくなった男性のことを忘れられない感じだし。

女だけの飲み会で、皆にけしかけられて、ゲイツに電話した、ニーラ。だけど、お約束で、電話に同居してる女性がでたぁ〜。

それと・・・レイの方も、あの外科医の女医さんと・・・なのね。だけど、レイは「もっと、こしつかいなさい」といわれる始末。

もう一度みて:

ニーラはゲイツの夢をアビーに話すんだけど「挿管した抜管したり、また挿管したり」って・・・凄い比喩・・・。

コバッチュとしてはエイムスに何か出来る事があればって・・・。何ともそれしか言葉が見つからないよね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ
blogram投票ボタン

0

2008/11/2  19:16 | 投稿者: Author

何か、本当にベティかわいそうよね。ダニエルの出版記念パーティにいれてもらえなくて・・・。アマンダ何か、ベティに助け求められて、しかとしてたくせに、次の日わざとらしくエレベーターの中で、ベティに「こなかったの?」みたいな感じだし・・・。私、最近思ったんだけど、アマンダって仕事してる?

見た目を気にするベティを姉のヒルダが美容院に連れて行って、ベティはゴージャスに成ったはいいけど、ゴージャスの方向性が明らかに『モード』のゴージャスとは違う意味合いに・・・。

ベティはこのファッションをウィルミナにへこまされせっかく、カメラマンとの約束をベティが取り付けて、ランチするはずだったのに、それをアマンダに譲ることに・・・。

しかし、ダニエルがアマンダを連れて行ったのが失敗で、カメラマンは自分と同じ、クイーンズ出身のベティに興味があったのに、きたのはブロンド女で明らかに、不機嫌。でもでもでも〜ダニエルが忘れた書類をベティが届けに行ったので、ことなきを得たぁ〜。

カメラマンにいわせると『モード』はベティ以外、馬鹿ばっかりなんだとか。まぁ〜確かに。だって、ダニエルだって、ベティのお手柄ばっかりで、ダニエル自体は女遊びに忙しくて、仕事全然してないもんね。いや、仕事が出来ないオトコよね。

ウィルミナはウィルミナで編集長に成りたいのは、もちろん自分がふさわしいって思っているのもあるんだろうけど、おとうさんからのプレッシャーもあるんだね。おとうさんの前では小さくなってたもんね、ウィルミナ。

コーヒーを飲むお父さんにベティ「コーヒーはだめって言ってるでしょ」って笑えたわ・・・。ベティが見てないと思って、お父さんは飲もうとしたのにね。

人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ

0




AutoPage最新お知らせ