ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2008/11/7  20:21 | 投稿者: Author

なんか、ウィスラーをしってるみたいな感じにいっていた、前回入所してきた新入りが何者かに殺されて、ルチェロは決闘以外で死人がでておこります。マイケルにいつもついてるマクグレディから情報を得るルチェロ。それが、白人ということだけで、ウィスラーがルチェロの所に連れて行かれ、脱獄の時間が迫っているのに、ピンチのマイケル。

リンカーンに命令するスーザン・・・過去に自分のかってでつらいことにあったようです。だから、かっては許さないんだね。

脱獄の時マイケルに監視員を眠らせるようにいわれた、リンカーン。スーザンから、リンカーンはくすりを手に入れます。くすり入りのコーヒーを監視員に手渡すことを失敗したリンカーンはチャ〜ント、Bプランも考えていたぁ。色仕掛けで監視員の車にのったソフィア。安全のために尾行するリンカーン。思った通り、ソフィアが危なくなったところで、リンカーンにスーザンから電話が・・・。リンカーンが「監視員に手間取っている」っていったので、夜に脱獄けっこうのはずが昼間だとスーザンにばれて、LJ、殺されるところだったよ・・・。リンカーンが「LJの安全を確認したかっただけなんだ」とスーザンに電話でいってすんでのところで殺されるのは回避されたぁ〜。ちなみに、ソフィアはルチェロの女のふりをしたので、危険をさけることが出来て、コーヒーもうまく、すり替えることが出来ました。

マイケルにサラの写真を見せるようにいわれてたリンカーン。だけど、LJを危険にさらしたことで、マイケルには本当のことを打ち明けることに・・・。

今回、前回までのあらすじで、なんで、シーズン2にでてきてたFBIの人たちがでてるのだろうと思ってたら、パンチパーマの女性がマホーンにあいにきたぁ〜。この人は「司法はレイノルズ大統領の悪事をあばこうとしてるから、司法取引に応じれば、刑が8年ですむ」といいます。だけど、脱獄に忙しいマホーンはそれを断ります。

その後、もう一度、パンチパーマとオトコのFBIがきて刑期を4年にしたといわれて、マホーンはSONAをあとに・・・。あの、めがねのFBIは何処いっちゃったんだろう?

マイケルがマホーンの寝床から、血のついたナイフをハッケン。マイケルはルチェロに殺しの犯人はマホーンだというけど、丁度、マホーンがSONAをでて行く時だったから、ルチェロは「でて行くやつを犯人にしてもしょうがない」といい、マイケルから、ナイフを取り上げ、ウィスラーをさしたのかと思ったら、別のオトコをさした〜。この男は葉巻のことでルチェロが裏切り者と思ったわけだよね。本当は、ティーバッグと敵対してるやつなんだけど・・・。

ウィスラーを助けるために、ティーバッグから、ティーバッグと敵対してるやつを陥れるようにいわれるマイケル。でも、なんで、ティーバッグはマイケルに見返り求めなかったのかなぁ〜?陥れてもらうだけで、見返りに成るからなのかなぁ〜?

ところで、あの新入りを殺したのはだれなのかなぁ〜。やっぱり、マホーンかな?フェンスにくすりをかけるために、したいが必要だったし・・・。ベリックも新入りに優しく接したのに、冷たくあしらわれてたから、可能性はあるけど、一応、マイケルには違うって言ってたしなぁ〜。ベリック「自殺も出来なかった」って。

この期に及んで、まだ、レイノルズ大統領関わりあるのね。もう、完全に場所もかわってるし、レイノルズ大統領のことなんかどうでもいいような感じで話がすすんでるけど?

ルチェロにもつらい過去がありました・・・。

あと、場面、場面で、マイケルのカットソーの汗のぬれかたが違っています。マイケルの汗のかきかたも違うけどね。

それにしても、ただのカットソーにジーパンなのに、かっこいいわ〜マイケル。ベリック何か、凄くかっこいいパンツはいてるのに、かっこうよく見えないよなんてね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0




AutoPage最新お知らせ