ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2008/12/7  20:37 | 投稿者: Author

今回は、ベティとウィルミナが対照的な感じでしたね。

ベティに記事をかいてみては?とやってきたソフィア。これをみて、ダニエルは、邪魔しに入り、さらには、ベティに「ソフィアはオレに気がある」という始末。多分、これに、対抗するタメだと思うけど、ダニエルはベティにホテルの記事をかくようにいいます。

週末、ベティはホテルの記事をかくために、ホテルのとまることになりますが、実はこの日、ウォルターとアトランティックッシティにいく予定だったぁ〜

やむなく、ひとりでホテルにとまるベティだが、ホテルのフロントではベティの身なりをみて、冷たい感じ・・・。でも『モード』というと愛想良くなってたぁ〜。そして、スイートルームを通されて、ベティは現金がないからと、ベルボーイに地下鉄のカードをチップに・・・

ベティはマッサージを呼ぶが、ベティは女性が希望なのに、女性はすべて、埋まっているとマッチョなオトコがやってきちまったぁ〜。そして、こんなときにウォルターが部屋にきちゃう。まぁ〜説明してわかってもらえたけど、ウォルターは結局、アトランティックッシティにはいかなかったみたい。

ふたりでレストランいくけど、ベティは場違いな感じのドレスだし・・・。しかも、時間におくれたとかいわれて、レストランで断られるんだけど、何とかいれてもらうことに・・・。ベティはこれが、チャンスだから、ホテルの記事をかかなくちゃならないけど、そんなベティがいやなウォルターとはけんかに・・・。

ベティが記事をダニエルに見せると、ダニエルは「いい記事だけど、載せない」っていうんだよね。最初から、ダニエルは載せるつもりはなかったんじゃないかな?ただ、ソフィアの邪魔をしたかっただけなんじゃないのかね?ベティはさんざんな目にあってまで、このキジをかいたのに・・・。ほんと、人の気持ちがわからないやつだよなぁ〜ダニエル。女のことだけに忙しい男だよ・・・。

ベティが記事が不採用になったことで、トイレで泣いていると、ソフィアがベティを力づけてくれるんだよね・・・。でも、これ、作戦だったり?これは、深読みしすぎ?

ウィルミナは広告を得るために、『モード』らしくない会社のオーナーにあうために、安いスーツに身を包み接待することに。この格好をマークが「銀行の支店長みたい」っていうのがおかしかったわ・・・。そして、この広告のオーナーがいきたいという、カウボーイ風のお店にいくことに・・・。

サントスはこの回からの登場だったのねぇ〜。サントス、何か、麻雀やってなかったぁ〜?

なんだかんだ、ウィルミナは娘の事気にかけてるのよね・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ

0




AutoPage最新お知らせ