ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2008/12/8  0:07 | 投稿者: Author

今回はクリスマス・イブのお話でした。イマ、12月なので、季節的に丁度いいですね。

冒頭・・・アビーが天使、コバッチュがトナカイの格好でエレベーターからでてきたところでした。アビーはともかく、コバッチュのトナカイが似合ってなくて笑えましたぁ〜。そして、そのコバッチュ。さんざん、エイムスのことで、警察にいろいろいってたけど、先日、コバッチュがエイムスを脅したので、コバッチュの方が、エイムスに接近禁止命令がだされてしまいましたぁ〜。それと、アビー「おばさん」っていわれて、食べ物を投げてなかった?食べ物を粗末に扱っちゃイケマシェんよ〜。

それと、モリス。似合いもせず、あの信心深い、ホープとともに、聖書研究会へ・・・。そこで、純血についてはなすことになりますが、しどろもどろながら、持論をはなすモリス

以前、ニーラを“ブルーレディ”と、呼んだホームレスのコが仲間が具合悪いからみてくれとやってきます。ニーラは手術が入ってしまったので、ゲイツに頼みます。ゲイツとけんかしていたレイも「車がいるんだろ」と、一緒に彼らがいる場所へ出向きます。そして、具合の悪い彼女をみてみると、妊娠していて、しかも臨月、頭がもうでてきている状態でした。やむ得ずそこで出産させますが、その後は、ゲイツが「だれにも連絡しないから」と約束して、病院に連れて行きます。しかし、ゲイツは児童家庭局(?)に連絡してしまいました。レイは「俺たち、嘘つきの大人の代表みたいなもんになったよ」とゲイツを批判します。ゲイツはホームレスのコに「お前、頭がいいんだからわかるだろう。ちゃんと、グループでいさせてあげるから」といいます。そして、レイも「2週間ごとにこの先生(ゲイツ)が皆の様子を見に行くから」と約束します。まぁ〜本当に子供たちが里親のもとにいきたくない気持ちはわかるけど、子供が産まれちゃったコもいるわけだし、このまんまってわけにはいかないよね。それに、彼らに食べ物を与えてくれる人に其の礼として、体を差し出してこういうことになっているわけで、この環境から抜け出さないとね・・・。それに、以前、狂犬病できたコは、なくなってしまったようです・・・。まぁ〜。それにしても、難しい問題です・・・。

それとレイですが・・・ケイティとはずるずるなのね・・・。レイこそケイティとは断ち切ってほしいわ・・・。はぁ〜・・・

もう一度みて:

お宝を逃したモリス・・・。ホ〜ント、ホープの方からさそってくれたのにねぇ〜・・・。

やっぱり、ホームレスのコの話しが何ともね・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング ドラマ
blogram投票ボタン

0




AutoPage最新お知らせ