ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2008/12/25  21:19 | 投稿者: Author

文化財庁で、『匪懈堂集』が、盗まれるなんて前代未聞だといわれてしまう・・・。

ボムサンは「『匪懈堂集』はまだ、完成されていないので、完成させるはず。その技術をもっている人は少ない。そこをあたっていけばいい」とはなします。

ボムサンはチョヒに例の録音を消すようにいいますが、チョヒは「そんなのいつだっていいじゃん」といいます。そこで、ボムサンはチョヒの職場で録音機を盗みます。でも内容はきいてないよね?だから、まだ、この話引っぱるのかな?

チョヒはボムサンに捜査に協力してくれるように頼みますが、断られます。でも、結局流れで、ボムサンは手伝うことに・・・。

チョヒとボムサンでいった職人の所・・・。チョヒはしろだと思いましたが、ボムサンは「引退したといってるのに、保存料のにおいがする」と・・・。これで、捜査班は動き、調べたけど、職人に漢方だといわれて、捜査は打ち切りに・・・。でも、実は、ここに、あの、キンパツブタやろうのキムさんが出入りしているんだよね。何もないことに疑問を感じたふたりがもう一度そこへいこうとしたとき、チョヒはキムさんを尾行するんだけど、逆に捕まってしまう・・・。これで、チョヒは捜査からてをひくようにいわれてしまう・・・。

チョヒは他の捜査をすることになるんだけど、責任を感じて、ボムサンも手伝うことに・・・。チョヒは犯人をあげるんだけど犯人は「子供の誕生日だから」っていうし、子供は「おとうさん、いかないで〜」っていうんだけど、チョヒは涙をのんで逮捕します。これをみてボムサンは「薄情なやつだな」とチョヒにいいます。でも、チョヒも子供の時、同じようなこと経験してるんだよね。こうやって、子供の時の映像がでてきて、やっぱり、韓国ドラマです。でも、ボムサンは子供にケーキをもっていったときに、子供から、チョヒも同じ経験をしたことをきかされるんだよね。

オークションに『匪懈堂集』がでるかもしれないので、チョヒはいくことに・・・。しかも、ドレスアップのチョヒ。ここで、まっていた鑑定士はあの、ボムサンのライバルの教授なのね。しかも「古物についてだいたいならわかる」とかいうから、当てにならないので、チョヒがやめようとするんだけど、この男、一緒に会場に入ろうとするのよね。でも、ボムサンが現れて、ボムサン、チョヒのふたりで入ることに・・・。そして、キムさんも現れたよ〜

もう一度みて:

社食でチョヒにボムサンたらノ班長のこと好きなのか?みたいなこといってたのがおかしかったよね・・・。

人気ブログランキングへ
ドラマ ブログセンター
blogram投票ボタン


0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ