ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2009/1/31  20:23 | 投稿者: Author

今日は、新しく4月から始まる韓国ドラマ『スポットライト』に出演していらっしゃるチ・ジニさんがでると言うことで、みてみました〜。

しかし、この番組の本日のゲストは秋元康さんで、このお話も面白かったのですが、途中うとうとしてしまい・・・。でも、チ・ジニさんが出てきた場面はほとんど最初からみたと思います。

私、今度の韓国ドラマはジウ姫の『スターの恋人』かと思っていました〜。でも、NHKのHPで春のラインナップが発表され、みてみたら此の『スポットライト』でした〜。NHKだと、大きなはずれは無いと思うので、面白いのかなぁ〜?

そして、ご存知、チ・ジニさんと言えば私が説明するまでもなく、ましてNHKではおなじみ『チャングム』でチョンホ役のなさった方ですよねぇ〜。何かこの方『チャングム』の時は笠をつけているのもあって、あんまり気にならなかったんですが、現代劇とかでみると顔が大きく見えるんですよねぇ〜。ファンの方ごめんなさい。

それで、チ・ジニさんが俳優さんになる経緯が元はカメラマンさんで、スカウトされて、俳優さんになったこともご紹介されていましたねぇ〜。チ・ジニさんのファンの方々は周知の事実でしょうね。他に、すきな日本食は?の質問には、そば、刺身、ようかんと答えていらっしゃいました〜。前のふたつはよくある答えですが、ようかんとは・・・。私はようかんすきですけど(○屋のようかんすきです)、日本人でも、ようかんがすきって方って少ないのではないでしょうか?それに、男性でようかんとか意外でした・・・。

因に『スポットライト』は他に、ソン・イェジンさんも出演されていて、テレビ局の報道のお話みたいですね。チ・ジニさんはそのキャップみたいです。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ

0

2009/1/30  22:00 | 投稿者: Author

これ、ちょっときになっていたドラマです。

クム・ナラ役・・・パク・シニャン『パリの恋人』
ソ・ジュヒ役・・・パク・ジニ『遠い路』(短編)の時と雰囲気違うような・・・。
イ・チャヨン役・・・キム・ジョンファ『1%の奇跡』『太陽に向かって』『ラブ・トレジャー〜夜になればわかること』
ハ・ウソン役・・・シン・ドンウク

チャヨンのおばあさんやくは『チャングム』の最高尚宮だよ〜。ナラの妹役のひとは『フルハウス』に出ていたひとなんだね。『ありがとうございます』のおじいさんも〜。『バリ出来』のだめだめスジョンアニキ、こっちでもにたような感じだよ。ナラの上司が『チェオクの剣』のマ・チュクチだよ〜。現代劇でみると違和感有り

これ、元は16話なんだけど、20話でやってくれるってことはあんまりカットが無いのかなぁ〜。

こっちも『BAD LOVE』にまけず、のっけから借金地獄で不幸です。でも、くらさはあんまりないかなぁ〜。キム・ジョンファの身長が大きいから、パク・シニャンと並ぶと、ヒールのせいもあると思うけど、キム・ジョンファの方が大きい感じに見えるよ〜。

恋人のチャヨンと共に妹の結婚式に出席するナラ。ここで闇金業者がご祝儀をボッていったことから、父に借金があることがわかり、彼の転落人生が始まるみたいです。因に、ナラはソウル大出の証券マンみたいです・・・。チャヨンはおばあさんがお金持ちみたいね・・・。それに此のおばあさんナラの身辺調査もちゃんと出来てるみたいで、親が何処から借金してるかもわかっていて「悪いところから借りたわね」っていってたね。

もう一度みて:

ン〜、やっぱり、もう1回見ると解りやすくていいねぇ〜。マ・ドンポが誰かとか解るし・・・。この回で、マ・ドンポは「前はここはダンススクールだった」って言ってたね。
ナラのお母さんは『真実』でヒョヌのお母さんなんなんだねぇ〜。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2009/1/30  21:16 | 投稿者: Author

日本のサムライ時代にいるヒロは、ケンセイ、ヤエコと一緒に、ヤエコの父親を助けに、あいての陣地に入ります。ケンセイは再生能力があるので、きられても問題なし。そして、捕らえられている、ヤエコの父親である刀鍛冶がいる場所にたどり着きます・・・。因に、ヤエコのお父さんやくのひとは『SAYURI』とかにも出ているひとだから日本語まともでした・・・。刀鍛冶はつながれている鎖をきるようにケンセイに頼んで、ケンセイが鎖をきってたけど、いくら、日本刀が凄いからって、鎖をきることできるのかな?そして、逃げるとき、ヒロとヤエコはうたれそうになって、ヒロはヤエコと一緒に時空間を移動するんだよね。場所が急に変わったもんだから、ヤエコは吃驚するんだけど、そのうち、最初に出会ったケンセイだと思っていた人間は、実はヒロだったとわかるんだよね。そして、2人はキスするんだけど、これ、ケンセイがみてるんだよねぇ〜。因に・・・ヒロ役のマシ・オカはせつない表情はあんまりうまくないです。まぁ〜でも、元々俳優さんじゃないからね。そして、また、ヒロが時空間を操ってもとの場所戻ると、ケンセイにヤエコのことヒロはせめられたよ〜。いったんは納得したケンセイだったけど、ケンセイは刀鍛冶を捕まえてた白ひげ側についちゃってて、ヒロをなぐって気絶させちゃったよ・・・。これが、今後大きく影響したりするのかな?

モニカがモヒンダーとボブがいる研究所みたいなところにいたけど、前回、モヒンダーがモニカを迎えにいったんだっけか?それで、何か、ボブはモニカに能力を消すくすりみたいなのをうつようにモヒンダーに言うんだよね。モヒンダーは抵抗し、さらにベネットにも相談するけど、ベネットは「やるか、やらないかだったら、やるんだ」って言う返事なんだよね。でも、結局、モヒンダーはそれをうたないし、ボブが保管している薬品のケースも破壊するんだよね。その後、ボブは「自分が間違っていた」っていってたけど、真意はどうなのかな?

ベネットはウクライナでアイザックの絵を保管してある人間のところにいって、どうせ何処に保管してあるか、はくわけじゃないから、ハイチ人をつかって、最初は少しだけ、記憶をなくして、最後は、娘の記憶となくすと脅して、はかせたよ。最後にこの人は命乞いをしてたけど、ベネットは殺したね。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ

0

2009/1/29  23:40 | 投稿者: Author

何か、ボムサンとチャン会長が博物館であっていたシーンはけっこう大事なことだったんだね。そのことで、チョヒはボムサンの部屋までいってるし。取締班の方も何かそのことではなしてたし・・・。前話では何だろ〜な?って感じだったよ・・・私。それは盗品である(って言うか、チョヒのおとうさんが盗んだ)『小苑花開帖』をチャン会長がほしがっているからなんだね。そして、チョヒがボムサンになんで会長にあったのかをきいたとき、チョヒはボムサンの部屋で『小苑花開帖』をみるんだよね・・・。

チョヒはチャン会長直々に、ボムサンを巻き込まないように頼むんだよね。

そして、チョヒはボムサンにも盗品である『小苑花開帖』の復元をしないように言うのよね。

ボムサンが自分の部屋に戻ると、部屋は荒らされていて『小苑花開帖』が盗まれていたぁ〜。

ボムサンは、チョヒが犯人だと思い、わざわざ、チョヒの家までいって、真相を問いただそうとしますが、チョヒは「盗んでない」と言います。

ボムサンはチャン会長にあい『小苑花開帖』が盗まれたことは伏せて「まだ出来上がってない」といい、チャン会長に「1週間で出来るか?」ときかれて「出来る」答えるボムサン。此のとき、チャン会長からチョヒが尋ねてきてボムサンを巻き込まないようにいっていたときいたボムサンは『小苑花開帖』を盗んだのは、チョヒではないなと思います。

博物館が何か騒ぎになっていると思ったら、チャン会長に「『小苑花開帖』の復元にあと3日かかる」といったボムサン。ボムサンはチャン会長にテレビを見せられ『小苑花開帖』が匿名でおくられてきたと言うニュースが〜〜〜

ジュヒョンがボムサンのことで落ち込んでるので、カン班長が励ますとジュヒョン泣きながら「カン班長の気持ちに無神経ですいませんでした」ってまたまた勘違いを爆裂させてるよ〜。

ジュヒョンの友達役のひとで『セクションTV』のリポーターやってるひとがいるよね?

チョヒとカン班長がはなしてるときに、上から荷物が落ちてきて、カン班長をかばったチョヒが入院。チョヒの弟はボムサンとチョヒが付き合ってると思っているから、お見舞いにきてるカン班長がかえろうとすると「すぐにかえってくださいよ」とかいってるのがおかしかったね。

もう一度みて:

そうそう、入院してるチョヒにボムサン、青磁の湯のみ(かな?)贈ってあげてるんだよね・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2009/1/28  23:38 | 投稿者: Author

今回の冒頭は、前回の終わり、戴帽式が終わり、余韻に浸ってる琴子のところから・・・。電気が消され、琴子が慌てているところに入江君が現れます。入江君のところに駆け寄る琴子・・・。でも、琴子は夜盲症だから、くらくてよく見えないんだろうね。つんのめりそうになる琴子をチャ〜ント入江君、手を差し伸べているんだね。入江君に「学会だったんじゃ?」と琴子がきくと、入江君「5時に終わったんだ。それで飛行機でかえってきたんだ。花屋はしまってたけどな」って言うんだよね。琴子「お花なんかいいの。入江君がいれば」って。そして入江君「ナイチンゲール誓詞言ってゴラン」と言うので、琴子は誓詞を言います。入江君と一緒にね。そして、琴子は心の中で呟きます「私の人生は入江君があって切り開かれるんだから」。ホ〜ントその通りだよねぇ〜。

学校で・・・「いよいよ実習ね」とはなす、琴子と仲間たち。真里奈は男性で若い患者さんをねらってます。、モトちゃんもね。熱血啓太はもちろん「そんなこと考えることじゃないだろう」と言います。智子は「手術が見られればいいなぁ〜」みたいな感じで相変わらず、方向性が他の人たちと違ってます・・・。琴子は「入江君と同じ病棟だわ」って感じです。

そして、琴子は自分の実習のお祝いにかケーキを作ったようです・・・。入江君のお母さんと一緒に作ったのかな?ご多分に漏れず恐ろしいような出来具合で、入江君のおとうさん以下、琴子のおとうさん、裕樹そろって、何だよ〜って感じです。ちびをシャンプーしてる入江君もいぶかしげに首を横にふります。因にSuper Mildって見えたけど、スーパーマイルドシャンプー?そして、琴子は実習が始まることを報告します。琴子のおとうさんですら「人間をあいてに?」ってな感じで、琴子の希望に胸を膨らませてるのとは裏腹に、一同、恐怖におののきます。裕樹にいたっては「白衣の恐怖だよ」と言います。

琴子はちびを洗っている入江君がいるベランダにケーキをもっていきます。琴子は「大きいのもってきたのよ。ここのブルーベリーのところおいしいんだから」とかいっていますが、入江君は食べません・・・。そのうち、琴子は実習の模様を妄想。第1の妄想・・・。それは、教習の時と同様、子供たちのアイドルになってる看護師琴子・・・。子供にご飯食べさせたり「お注射は他のひとがやるからねぇ〜」と言うと、子供が「お姉さん居てぇ〜」などと言われます。子供に「結婚して」と言われ「旦那さんに相談してみるね」って、まぁ〜確かにぃ結婚してるからね・・・。妄想中の琴子はもちろんムフフ。第2の妄想・・・それは、おばあさん。よく面倒をみてくれる琴子におばあさんは「私の財産を譲るよ〜」などと言われ、妄想中の琴子は「そんなに欲張っちゃだめよ」と独り言。第3の妄想・・・それは、足をけがをした青年・・・。歩こうとする青年に付き添い、松葉杖をもっている琴子・・・。しかし青年は「だめだできない」とあきらめ、車いすに乗ろうとしますが、琴子が「あきらめちゃだめよ」と勇気づけて、青年が歩けたと言うお約束の展開。そして、ひとり妄想にふけっている琴子にちびを洗っている入江君には「また、くだらない妄想してるんだろ」と言われ、現実に引き戻される琴子。そして、琴子は入江君のところに近寄りながら「ダッテ、こうして、入江君と働くのが夢だったんだもの」といい、ちょっとこけた感じになりますが、完全に妄想から抜けきれてないのか、にやにや状態の琴子。そして、入江君、チャ〜ント琴子を起してあげるんだよねぇ〜。しかも片手で。入江君はちびを洗っているので、洋服がびちょびちょです。そして琴子でれでれしながら「私もあらって〜」とかいってます。何か、かわいいね。でも、これ、アドリブじゃなくて、台詞なのかなぁ〜。何かいい感じだったよね。

いよいよ実習の日、師長から担当を言い渡され自己紹介をする面々。琴子は師長から「担当は吉田トヨさん」と言われます。。先輩看護師は「吉田さんなんてかわいそうね」とこそこそはなしてます。つーか、そんなことをはなしてる看護師さんの前歯の方がかわいそうだと私は思ったけどね・・・。そして、琴子は緊張のあまり自分を「吉田トヨです」といってしまいます・・・

師長と一緒に担当のところにいく面々。途中、車いすの女の子が居て、師長が「秋子チャン」と呼び止めます。そして、秋子チャンに担当の啓太を紹介します。リハビリにいくと言う秋子に啓太は「僕が連れて行きます」と言います。師長は「リハビリセンターの場所わかるの?」と言うと啓太「昨日きて、調べました」と言うので、師長は「感心ね」と細井師長だけに目を細めます。って全然関係ないか・・・

啓太の担当がわかい女の子だったことで、滑り出しは上々な感じの琴子以下一同・・・。智子だけは「手術いっぱい見られたらいいなぁ〜」といっています。つぎに担当を紹介された幹チャン。患者さんの名前が詩音(漢字は原作のマンガをみて調べましたぁ〜)と言う男性と言うことで幹チャン「文学的な名前だわ」とワックワク。ところが患者さんはお尻がいたくないようにと前にかがんでるおじさんだったぁ〜一応モトちゃんは「モトちゃんです」とか挨拶してるけど、患者さんには「おかまかよ」みたいな感じで言われちゃうし・・・。

御つぎは、真里奈。担当は若い男性と言うことで、期待に胸を膨らます、真里奈・・・。患者さんはいきなり殴られたとかで、怪我をしている模様・・・。ベッドに座っているその後ろ姿は、真里奈の期待に反して、怪しげ・・・。患者さんに近寄るのに、琴子も巻き沿いにする真里奈・・・。そして、患者さんをのぞいてみると・・・な、なんと、アニメ部の先輩だったぁ〜。「コトリン」とか言われる琴子・・・。

そして、琴子・・・。患者さんを紹介されるまえに師長に「この患者さんを担当するのは、体力がいるから」と言われる琴子・・・。病室に入り、吉田トヨばーちゃんを紹介されます。トヨばーちゃんに「ほれ」と言われて、琴子がなんのことはわかってないでいるとトヨばーちゃん「ほれといったら肩もみだよ。何もわかって無いじゃないか」と先制パンチ。何か、細かいところみてみると、琴子はそのことで、トヨばーちゃんにクレームつけてると、師長は後ろで担当者の名前をプレートにはめ込んだりしてるのね。

その後はトヨばーちゃんから琴子へナースコールの嵐。琴子がよばれていくと「テレビのリモコンとって」と言われたけど、リモコンはベッドのすぐそばにあるし・・・。そのあと、トヨばーちゃんは、テレビみて、大笑いしてると思ったら、咳き込むもんだから、心配した師長が入ってきて琴子に「入江さんちょっときなさい」と言われます。それより、師長、トヨばーちゃんの発作はほっとくの?トヨばーちゃんの演技だってわかってたら、琴子のことおこることないし・・・。

お疲れモードでかえった琴子に入江君のお母さんは「どうだった?皆琴子ちゃんに注射してって並んだ?」とききます。私思ったんだけど、琴子、実習できる服で病院までいってるのかね?琴子は黙って、お母さんの肩のもたれて泣きます。

ダイニングでお夕食をとる入江家・・・。琴子のお疲れとは裏腹に、入江君は黙々食べています・・・。琴子は「入江君は患者さんにいじめられない?」入江君「オレがいじめられたら、100倍にしてかえすからな」ほんと、入江君だったらやりそう。「なんで、吉田さんが意地悪だって教えてくれなかったのよ」と入江君に言います。入江君「オレには、いい人なんだけどな。それに、はじめに、厄介な患者さんをやっておくと、後々、自信になるだろう」と言います。それに琴子は「私、入江君の奥さんてだけで、先輩の看護師さんからいじめられるんだから」って、でも、これは、琴子にとって一生ついて回ることなんだろうね。入江君「そんなこと、オレに関係ないだろ。自分でなんとかしろ」と言います。入江君のお母さんは「琴子ちゃんをいじめるなんて、私がいじめてやる」と凄い剣幕で、入江君のおとうさん、裕樹も押され気味です。琴子は気を取り直して「頑張らなきゃ」と食事をとります。

トヨばーちゃん凄いよねぇ〜。琴子がかってきたサンドイッチかなり厚みがあるのに、一口で食べてたよ・・・。私絶対、あんなに、口開かないし、たとえ口があいたとしても、口の中の量が凄すぎておえ〜ってなっちゃうよ・・・。それから、ティッシュがなくなると、琴子の手ではなかんだり・・・

病院のカフェなのかな?で、モトちゃんに「これじゃ、トヨばーちゃん専属の使用人だわ」と愚痴を言う琴子・・・。何かこのとき、モトちゃんが飲み物にストロー凄い勢いでさすのが気になった私・・・。モトちゃんは「あんたは馬鹿だけど、人並みはずれた根性があるでしょう」って言うんだよね。モトちゃんもけっこう侮れないよねぇ〜。琴子は何とかキを振り絞って頑張ります。

琴子は病室の前でトヨばーちゃんの何か弱みはないかと考えています・・・。そこへ、回診軍団が・・・。もちろん、入江君もいて、琴子はにっこにこ。入江君は相変わらず、迷惑そうな顔してますが・・・。そして、トヨばーちゃん、おめかししてまってるじゃないですか!。先生が診察をしようとすると、トヨばーちゃん「入江先生にみてほしい」と言います。当然琴子はナヌーてな感じですが・・・。先生が「入江君はまだ、学生だから」っていってもトヨばーちゃんは「私は入江先生が回診にくるのをまってたんだよ」と言うので、入江君が診察することに・・・。入江君が聴診器をあてるとトヨばーちゃん「鼓動が激しいだろう?」入江君「少しそうですね」トヨばーちゃん「入江先生を思うと鼓動が激しくなるんだよ」ウッヒャー。先生が「でも、此の入江先生は結婚してるんですよ」と言うと、琴子はヤバいって感じで隠れようとしてます。そして、入江君の奥さんが琴子だとわかると、トヨばーちゃん「嘘だ。そんなの嘘だ」と言いますが入江君「本当ですよ」ってあっさり認めるんだよね。

琴子が廊下の壁に頭をくっつけて考え込んでると、入江君がきて、琴子の頭につんつんてやるんだよね。琴子が振り返ると、入江君、凄い顔近づけてるから、キスしそうなくらいな感じだったよ・・・。入江君「吉田さんオレにはいい人なんだ。ちゃんと看てやれよ」と言います。すると、トヨばーちゃんが入ってきて琴子に「入江先生の奥さんだってしらなかったよ。今までいじめてごめんね」と手のひら返しで、戸惑う琴子。

琴子は今までは入江君のせいでいじめられたりしてたけど、今回は、入江君のおかげで助かったわと喜びます。

ナ〜ンか、琴子が点滴やるってシーン。管からぼとぼと黄色い液体がちゃんと出ていたね。トヨばーちゃんは「とっておきのお菓子を食べよう」と琴子をさそいます。琴子は一応断るものの、トヨばーちゃんが「どうしても」と言うので、ごちそうになることに・・・。しかも、トヨばーちゃん自身が「お茶をもってくるから」と病室を出ます。琴子は完全はねのばし状態になり、ベッドの上でねっ転がりおかしを食べています・・・。そこへ師長の怒鳴り声が〜。トヨばーちゃんは隣で笑っています。師長「患者さんにお茶入れさせて、自分がベッドの上にいるってどういうことですか。それに、患者さんからものをもらってはいけないことになってるんです」と雷をおとされます・・・。つーか、琴子ありゃ、リラックスしすぎだろ。せめて、隠れておかし食べろよ・・・。有頂天になりすぎだつーの。

啓太と秋子チャンはいい感じ・・・。それをみている、面々。やっぱり、師長がやってきて、注意をうける面々。琴子にいたっては「吉田さんがナースコールしてますよ」と師長に言われます・・・。妄想と現実を実感している、いや、その余裕すらない琴子なのでありましたぁ〜。

ナ〜ンか、琴子(つーか、アリエル?)おこってるときって、腕がハの字に広がってるよね?

もう一度みて:

琴子たちがつけてるネームプレート・・・あれ、ビヨ〜ンって、のびるのね・・・。

ミッキーのTシャツがかわいいジョセフ


クリックすると元のサイズで表示します

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ

0
タグ: 台湾ドラマ

2009/1/28  20:57 | 投稿者: Author

前回の最後、キスするの?で終わったところは、結局キスはしませんでしたぁ〜。その前に、ヨンギがインジョンにだまされたので、その仕返しでヨンギはやったんだとさ。でも、そのあと、ヨンギ「キレイだと思ったのは本当だ」みたいなこといって、無理矢理キスしたから、結局同じことだわ・・・。

廃校に、ヨンギのおとうさんがきて、ヨンギはおとうさんのことは許すことは出来ないって言うんだよね。それを、インジョンはきいてたらしく「おとうさんが立っていられるだけ幸せだと思いなさい」って言うんだよね。インジョンにしてみたら、そうだよね・・・。

ヨンギがおじさんと一緒にお酒を飲んでるときにおとうさんが入院したってきいて、お酒飲んでるから、インジョンがBM運転して向かうことになったんだね。

ヨンギが病室に入ろうとするんだけど、ジュランのお母さんが病室には入れてくれないんだよね・・・。やっぱり、ジュランのお母さんからしたら、ヨンギは外の子だから、気に入らないんだろうね。入れなかったんで、ヨンギが病院を出ると、インジョン「早かったわね」って言うんだよね。丁度、此のとき、ジュランも病院にきてて、この場面をみて「ヨンギ女のひとときてるの?」何て独り言いって、インジョンが運転する車を追いかけるんだけど、インジョンの運転する車が病院の駐車場をでて行った時点で、ジュランは追いかけるのをやめたんで、此の時点では、インジョンの正体はばれませんでしたぁ〜。

ジュランとスファンの運転手(っていうか、秘書室長みたいね)は、やっぱり、そういう仲だったのね。ジュランが屋台で、たこのお刺身を肴にお酒飲んでるところを呼び出されてるし・・・。しかも、この人自身、結婚してるみたいなんだよね。それと、スファンと友達みたい・・・。で、笑っちゃうのが、後日、ジュランから電話があったとき、室長の携帯、ジュランの登録“生ダコ”だよ〜。因に室長役のひと『12月の熱帯夜』のだめだめ弟の役だったひとなんだねぇ〜。

ジュランは子供のミソと別荘へいくんだよね。此のとき、お手伝いさんが唐揚げを注文するんだけど、これが、インジョンのお店なんだよねぇ〜。それで、インジョンがバイクで配達に向かうと、迷子になったミソと出会って、一緒に、ジュランの別荘に向かうんだよね。ジュランの方はまだ、気づいてないけど、インジョンがジュランに気づいて、ジュランが呼び出されてる間に、逃げたよ〜。此の後、スファンが別荘に向かってる車に、インジョンが気づいて、気づかれないように、車に背を向けたよ〜。何か、スファン役のキム・ソンス・・・袴田吉彦に、にてない?他のドラマでみたときはそんなこと思わなかったんだけど、何か今回はそう感じるのよね・・・。

って言うか、いつから、インジョン此の島にいるのかしらないけど、今まで、スファンの別荘が近くにあるとか、気づかなかったり、ミソが唐揚げすきなのに、今まで、注文なかったってあり?まぁ〜デモ、お手伝いさんが注文するとき、ジュランに「おいしいお店できたんですよ」っていってたから、最近なの?でも、ずいぶん長く、あのお店で、インジョン働いてるぽいニュアンスだけどなぁ〜?ってここ突っ込みたかった私・・・。

それと、ヨンギ、インジョンのことが気になるみたいだけど、ずいぶん傷心だった割には、此の展開早くない?

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2009/1/28  20:25 | 投稿者: Author

今回の被害者は、子供のチャーリーでした。子供の母親には里子もいて、チャーリーは実子だと言います。ところが、調べてみると、チャーリーは遺伝的疾患があることがわかり、母親にきいてみると、チャーリーの実母はヤク中で、しばらく預かっていたことがあって、チャーリーが母親のもとに戻ったあとも、連絡を取り合ったりして、気になって、チャーリーの様子を見に行ったら、母親は注射器をさしたまんま死んでいたので、チャーリーをそのまま連れてきたんだとか・・・。でも、これ、誘拐になっちゃうんだよね・・・。

その後、捜査をして、やはり里子のショーンに話をきいてみると、実は、近所のおじさんが犯人だったってわかるんだよね。ショーンは兄と一緒に、いろいろなところにたらい回しにされたりしてたみたいだけど、イマの母親には、安らぎを感じて、離れたくないんだよね・・・。それを利用して、犯人は、ショーンを脅してたみたいね・・・。そして、里親の母親と里子の2人は引きはなれずにすみました。

今回は、被害者が子供ってことで、アンジェラやザックがブルーはいってたなぁ〜。

それと、実は、ブレナンも里子の経験があったみたいです・・・。

今回、ショーンのお兄さんやくの子『24』でジャックの甥っ子ジョシュだよ〜。何か、こっちの方幼く見えてたから、こっちが先なのかな?

今回、珍しく、ザックが現場に出てて、ザックが防護服きたとき、ブースが「ダースベーダーみたいだな」ってのが超うけたよ〜。でも、ブレナンは相変わらずわかってないけどね

今回、吃驚なのが、ジャックだよ〜。大金持ちのボンボンだったっぁ〜。しかも、おとうさんの会社はジェファソニアン法医学研究所の大口寄付者ダッテぇ〜。これがわかって、アンジェラ何かジャックに「あなたは私たちの上司なのよ」とかいってるよ〜。でも、ジャックは、アンジェラとブースに「オレはただ単に、土と虫に触れればいいんだ。ブレナンには言わないでくれ」って言うんだよね。それと、今回、ジェファソニアン法医学研究所、所長が晩餐会に出るように、皆にいったんだけど、此のとき、ジャックがいきたくなさそうにしてたのは、これが、原因だったんだよね・・・。それで、晩餐会の日、ブースはわざわざ、ジャックに仕事もってきて、いかないですむようにしたよ〜。この仕事のことをブレナンが「きいてない」っていったら、アンジェラが「私きいてた」って言うんでブレナン「じゃ〜いいわ」って。何か、さすがに、このあたり、ブースとアンジェラ、大人の対応だったね。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ

0

2009/1/28  1:00 | 投稿者: Author

今回は(も)お話てんこもりで、せわしない感じで話はがすすんでいった感じだったな・・・。

ヘンリーとのデートを、何かとチャーリーに邪魔されるベティ・・・。困り果てたベティは前みたいに、チャーリーと仲良くしようと、一緒に、ヨガにいってみたり・・・。もちろん、チャーリーは嫌みたらたら・・・。そしてチャーリーが「赤ちゃんパーティーが出来なくなった」と嘆くので、ベティはチャーリーのために、赤ちゃんパーティーを開くことに・・・。そして、なぜか、此のパーティーにアマンダをよぶベティ・・・。因に今回のアマンダの服いくら『モード』とは言え、スクエア柄のギンギラ銀がワンピ一面についちゃってて、かなりはでじゃない?普通、赤ちゃんパーティーなんて、ういてもおかしくないのに、ある意味、共生している恐るべしアマンダ・・・。しかも、チャーリーが破水し、陣痛もおこってるのに、その意味が全くわかっていないアマンダがアマンダらしい・・・。チャーリーは陣痛が始まって「自然分娩がいい」だとか「やっぱり、くすりが欲しい」だとかベティを振り回してて、私てっきりこれも、嘘かと思ったけど、さすがにこれは、本当だったぁ〜。チャーリーは陣痛のさなか愛するひとが他のひとと一緒にいるのが耐えられなかったって言うんだよね。チャーリーもやっぱり、ヘンリーがすきなんだね。そして、出産中、間に合ったヘンリーがチャーリーの手を握っているのをみて、その場にいられなくなるベティ。赤ちゃんは男の子でしたぁ〜。喜ぶ、ヘンリーをみて、ヘンリーと一緒にいることは不可能なのだと悟るベティ・・・。それを黙って、ベティの頭を自分の胸元に引き寄せるおとうさんイグナシオ。それをやはり黙ってみているヒルダ。

妊娠中のクリスティーナは検診にいきます。ここで、クリスティーナはおなかの子の父親がブラッドフォードだと言う事実をしります。それを、夫にはなすクリスティーナ。夫は「こっちが有利なんだから、もっとお金もらえるかも」って言うんだよね。クリスティーナの夫・・・本当に病気なのか、疑わしい感じじゃなかった?クリスティーナはウィルミナに赤ちゃんの心臓音をきかせて「私が欲しいものはただひとつ。此の子に愛情を注いで」って言うんだよね。クリスティーナ・・・ベティに自分でもいってたけど、前にもウィルミナにはだまされてるって言うか、利用されてるのにね・・・。

ダニエル・・・ルネの事で傷心で、女遊びに拍車がかかり、カウンセラーの女医さんとまで・・・。因に、此の女医サンやくの女優さん『24』にでてたひとだよねぇ〜。何か、どっかでみたことある顔だなぁ〜と思って考えてたから、話に集中出来てなかったよ・・・。ぼろぼろのダニエルにベティのおとうさんイグナシオは「何か夢中になるものを見つけろ」と言います。

今回、PCがMacぽかったな・・・。

今日の格言 美しすぎると罪なのよ By ウィルミナ

ジャスティンの体育の先生に文句を言いに行くヒルダもうけるよねぇ〜。

もう一度みて:

ベティはチャーリーにヘンリーとのデートを邪魔されるって嘆いてたけど、考えようによってはベティのわがままよね・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0

2009/1/27  20:36 | 投稿者: Author

不幸な話の割には、ヨンギとインジョンの掛け合いは笑えます・・・。

ホ〜ント、インジョン自分でもいったけどついてないわよねぇ〜・・・。ヨンギにお金のことをいって、お店に戻ると、水道の故障で水浸し・・・。その後、病院から電話がかかってきて、おとうさんを放り出したときかされます・・・。

ヨンギはおじさんからインジョンの境遇をきかされお金のことを頼まれます・・・。そこへ、丁度、病院に向かうインジョンにあい、やはりおじさんに、インジョンを車で病院にのせていくように言われてヨンギはのせていくことになります・・・。因に、ヨンギはやっぱり、ボンボンなので、車はBMです・・・。

インジョンが病院に入ったあと、インジョンの携帯が車に忘れていることに気づいて、ヨンギは渡そうとします。ところが丁度、インジョンがおとうさんと一緒にいるところをみますが、携帯を渡すことは出来ませんでした。ひとりかえりの車の中でヨンギは「良心がうずくじゃないかぁ〜」と呟きます・・・。

インジョンが戻ってきて、携帯を渡すときに、ヨンギは「料理出来るか?」とききます。

スファンは事業を大きくしますが、義父は自分が病気とはいえ、存在してるのにかってにやっていることを快く思っていないことをスファンに言います。此のとき、お互い、口にはだしてないんだけど、心に思っていることがでていたのが面白かったね。

それと・・・ジュランとスファンの運転手って不倫してるの?何か、ジュランが運転手にサインみたいなのをおくっていたよね?それと、ジュラン、髪型が変わってまた雰囲気変わったよね・・・。

義父にヨンギとあうように言われたスファンは島にいきます・・・。ここから、いつ、インジョンとスファンがあうのか、どきどきしちゃったよ〜。でも、この回ではあいませんでした・・・。韓国ドラマお得意の、すれ違いと言うか、お互い気づかないってパターンはありましたけど・・・。まぁ〜時間の問題でしょう・・・。

それと、スファンはヨンギに「女のことぐらいで」っていってたけど、あんたにそんなこと言えるのよっ

ヨンギは職人にまかないをだす料理人として、インジョンを雇ったみたいね・・・。インジョンにただで、お金を渡すより此の方がいいと思ったんだろうね・・・。それと、お互いやっと前にあったことがあるひとだとわかりましたぁ〜。

雲行きが怪しくなって、職人さんたちは退散・・・。料理を作っている最中に寝てしまったインジョンは雷で目が覚めます。私は火事になるんじゃないかと心配してたけど、それはなかったです。そして雨宿りのために校舎へいくと、寝ていたヨンギと遭遇します。ここで火をおこして、2人でお酒を飲みます。ヨンギは急にインジョンに「きれいだ」っていったあと「キスしていい?」っていって顔を近づけたところで終わり〜。こっちも案外展開早い?

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2009/1/27  1:52 | 投稿者: Author

いやいやいや、今回はしょっぱな笑えたよ〜。忘れた頃に現れる、ジェーン。クレンショーがジェーンに?みたいな感じの回があったけど、どうやら、2人の仲はやはり進展があったようで、付き合って3ヶ月みたいです。しかも、毒舌クレンショーも毒の強いジェーンには勝てないようで、完全に実権を握られてるようです。やっぱり彼のような毒舌には彼女の様な毒盛りがいいのかしら〜ン?しかも、彼女、クレンショーとの仲は周りにしられたくないのか、2人、ネットでベッドを選んでるところに、ゲイツがきたら、いいわけしてるのがおかしいよ。ジェーン面白いから、レギュラーに昇格してくれないかしら?

今回の“良心の危機”はふたつのお話がありましたね。まずはニーラが関わった臓器移植。女性の方は前回、ニーラに頼んで、移植者にあわせてって頼んだひとかな?提供者はこの女性と全くの他人なのに、急に提供するキになった男性。そのことに懐疑的なニーラ。すると、男性は「補償があるから」って言うんだよね。彼は最初は断ったって言うけど、女性は資産家の娘でお金があるからって言うんだよね。そのお金があれば家族が幸せにくらせるって言うんだよね。しったからには、ニーラも黙っているわけにもいかず、ドゥベンコに相談するとドゥベンコは「需要にたいして、供給が足りないんだから、マーケットが出来てしまうのは仕方ない。それより、ひとを助けることが出来るんだからいいじゃないか」と言う答え。ドゥベンコが男性に話をきくと「金銭の授受は断った」って言うんだよね。ニーラとしては信用出来ないんだけど、ドゥベンコは「オペの準備をしろ」といい、ニーラには外れるように言います・・・。でも、これ、彼女の臓器提供者にあわせたことが原因だとしたら情にほだされたニーラが悪いんじゃないのかね。レイじゃないけど、四角四面のニーラが似合わないことするから・・・。っていうか、臓器提供者が誰かを教えてしまうとこういうことになるのは目に見えてるから、やっぱり、ルールに従うべきだよね・・・。

もうひとつはゲイツ。運ばれてきた女性に命の危険性をはなしても、妙に冷静なことがゲイツは気にかかり調べてみると、病死に見せかけた自殺の疑いがでてきたんだよね。彼女にきくとそれっぽいような話をしてるうちに危篤に・・・。彼女の子供のうち弟の方はお母さんを心配してるんだけど、もう1人のアニキの方は「ギャンブルばっかりやってて俺たちに迷惑ばかりかけてきた」ってあんまりよく思っていないんだよね・・・。とうとう、彼女はなくなってしまって、ゲイツはカルテに病死ってことにしたんだよね。これをとがめるコバッチュ。ゲイツは「自殺だと、保険金がおりない。彼らを借金まみれにするんですか」と言いますが、コバッチュは「でも、自殺なんだろう」ときくとゲイツは「オレの推測だし、彼女はそれを認めたわけではなかった」って言うんだよね。コバッチュは「君は優秀な医者だが、嘘つきだ」と言います。でも、最後にはコバッチュもカルテに原因不明の病死って書いたんだよね。仕事をあがったゲイツになくなった女性の子供のアニキの方がゲイツに感謝の言葉を述べます。ゲイツは「これが仕事だから」と言います。彼は「こうなって当然だ。古い溶剤を近くにおいておいたんだ」っていうんだよね。ってことはむしろこれ、殺人?

移植の手術を外された、ニーラは、レイに飲みにいくことをさそわれたけど、断ります。でも、レイがバーで飲んでるとニーラが現れたぁ〜。むむっ。これ、私が願ってる展開になってくれる?ん?んん?ん〜?


もう一度みて:

臓器移植・・・前回の人たちとは関係なかったのね・・・。

人気ブログランキングへ
ブログランキング★ドラマ
blogram投票ボタン

0




AutoPage最新お知らせ