ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2010/2/28  19:30 | 投稿者: Author

ラリーを殺したトニーは自分もうち、被害者を装います。

ラリーが亡くなったときいたルネは気落ちします。ラリーには別れた妻がいたみたいね。ルネはジャニスに其の連絡を頼みます。

現場に急行するルネ。ジャックも自分もいくと言い、一緒にヘリに乗ります。ラリーの死にショックを隠しきれないルネにジャックは「感情を出してもいいんだ」と言います。ブキャナンが亡くなった時、ルネがジャックに同じ様な事を言っていた様な・・・。

現場に到着したジャックは薬莢からトニーとラリーを撃った銃が違うので、生物兵器を持ち出したガルヴェスには仲間がいたと感じます。

ガルヴェスを逃がしたトニーは捜査状況を確認し、ガルヴェスに廃墟を探し爆弾を仕掛け FBIを吹っ飛ばす様に指示します。

捜査官に成り済ましたガルヴェスはFBIを廃墟におびき寄せます。しかし、ジャックが廃墟からひとりはなれてる捜査官に気付きわなだと報告しますが、ガルヴェスがリモコンで起爆させます。

混乱に乗じてトニーはガルヴェスを救出する振りをして逃がします。其の頃ジャックは捜査官のミゼリから電話があり、トニーの言ってる事がおかしいと言ってきます。実はジャックはFBIをでる前に捜査官のミゼリにトニーからホワイトハウスの攻撃をききトニーが誰から其の話をきいたかを話していました。しかし、ミゼリが言うにはトニーの言ってる人物が捕まっていたのです。ジャックはトニーを詰問しますがジャック自身発作が起きてしまいます。トニーは「だから関わるなと言ったんだ」と言います。

ホッジスから連絡をうけた弁護士が向かおうとすると男女の組に襲われます。襲ったカーラは弁護士に成り済ましホッジスに会いにいきます。カーラはホッジスに「家族の身の安全を考える様に」いい、薬を渡します。

ホワイトハウスからFBIの移送される車の中でホッジスは薬をのみ心臓発作を起します。

カーラはアル男に電話で「トニーは計画通り動いてる」って連絡してたから、何これ、すべて計画的だったって事?ずいぶん捨て駒多いなぁ〜。ガルヴェスはこの男からの指示だったのかなぁ〜。

キムには子供がいるみたいです。名前はテリー。お母さんと同じ名前なのね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/2/27  23:56 | 投稿者: Author

メキシコに埋めて来たマシンのボディ。サラは燃やさないと安心出来ないので、燃やしにいこうとしますが、体調が悪く、ジョンとキャメロンで向かいます。

この向かってるときがおかしかったぁ〜。キャメロンが車の窓から足を出してるもんだからジョンが「何やってるんだよ」ときくとキャメロン「のびのびした感覚をやってみてるの」。ジョンも言ってたけど、あんたマシンなんだから感覚とか無いでしょう

そしてメキシコにつきジョンとキャメロンで穴を掘り返してみるけど、ブーツはでて来たけどボディはな〜い

ジョンは「知ってるやつはあとひとりだけだ」とエリソン捜査官の元へ・・・。キャメロンがエリソン捜査官を投げ飛ばしたり、首を絞めますがエリソン捜査官は「ボディなんか掘り返してない」と言います。ジョンはキャメロンにエリソン捜査官の首をしめるのをやめる様に言いますがキャメロンは「嘘をついている」と言います。一応、ジョンはエリソン捜査官の言葉を信じました。

エリソン捜査官はウィーバーに会い、例のボディを見せるのでした・・・。

ジェシーはフィッシャーと言う男を見つけて拷問します。ちなみにこのジェシー役の人『ホワイトハウス』にでてた人だよね?ジェシーはデレクに「未来から送られて来た男だ」と言います。ちなみにデレクの方はこの男の事を覚えてないようです。途中でジェシーはもう1人のフィッシャーと言う若い男を連れてきます。デレクはジェシーに「拷問してでもはかせるのよ」と言われます。デレクが若いフィッシャーの指を詰め始めるとフィッシャーは自分がフィッシャーだと言いだします。

ジェシーはデレクに自分がフィッシャーに何をされたかを話します。そしてジェシーは「これは私がされた事じゃない、デレクがフィッシャーにされた事よ。思い出さないの?」と言います。これで、デレクは思い出したぽいけどなぁ〜。そのあと、フィッシャーに話をきくデレクだけどやっぱりデレクは自分が何をされたのか覚えてないって言うんだよねぇ〜。そして、デレクは若いフィッシャーの方を殺そうとしたけど、ジェシーがフィッシャーを射殺するのでした。

その後、ジェシーにフィッシャーにきかれても「覚えてない」とデレクは言ってたけど、本当の覚えてないのか、言いたく無いのか・・・。

若いフィッシャーがあるビルに入ると捕まります。捜査官に証拠を突きつけられ「この日のこの時間にビルに入った理由は何だ?」ときかれて「自分はただの技師だ」と言うフィッシャー。実は、若いフィッシャーがこのビルに入ったあとフィッシャーが侵入してたんだよね・・・。

二人のフィッシャー。お互い肩の辺りに何かついてたから同一人物なんだろうね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/2/26  20:00 | 投稿者: Author

ウンソプに「ドヨンがおまえを殺そうとした写真を見せてやる」と呼び出されたサウォルはいわれた場所へ向かいます。ドヨンはサウォルに電話をしますがでません。更にウンソプに「はったりじゃないぞ」といわれたドヨンは生放送があるにも関わらずお金を用意しウンソプにいわれた空き地に向かいます。

指定の場所についたサウォルはウンソプが言っていた事は嘘だと解り、バッドで殴られます。更に、ウンソプは「ドヨンにかねをもらいおまえを抹殺する様にいわれたんだ」と言います。そこへドヨンがやって来て、殴るウンソプからサウォルをかばいます。そして「お金ならもっていきなさいよ」と渡します。もらうものをもらったウンソプは退散。ドヨンは殺そうとして無いことをいうけど、サウォルは信じることが出来ません。でも、サウォルの事をドヨンはウンソプからかばったのにね。更にとうとうドヨンは実は子供の時サウォルを見失ったのでなくおいて来た事、でも、その後探しにいった事を話します。

ドヨンはスタッフに仕事を放り出した事を注意されます。ところがドヨンは脅されていたとはいわずに、サウォルが悪いと言う様な事を言います。これをきいていたサウォル。

頭にきたサウォルはとうとう自分たちの身に起きた事を記者たちにメールで送信します。

罪を着せてしまった人物を探していたチャン会長。その子供が預けられた施設を訪れます。そこで、その子供の行き先の父の名前がシン・スホとかかれていて、実は自分が探していた人物の娘がドヨンだったと気付きます。

ドヨンは呼び出したチャン会長はすべてを話します。ドヨンは「其のせいで、家族は引き離されたのよ。今更言うなら、ずっと言わないでよ」と怒りをあらわにします。ドヨンのお父さんはチャン会長の運転手で、ドヨンをかわいがっていたとチャン会長は話します。

ドンウと飲んでるドヨンは「私輝いてるでしょう?」と言います。それは自分も親に愛されていたと知ったからでした。

チャン会長はサウォルに記者たちへサウォルたちの事を漏らさない様にと言います。それは、チャン会長の探していた人物の娘こそがドヨンで、すべては自分に責任があるから自分を恨んで欲しいと言います。確かに、諸悪の根源はこの人だわな。

サウォルが止めたにも関わらず、記事は流失。

そして、ドヨンは、ん?車を運転して自殺?まるで『宮』のユル母だわ・・・。自分の計画が失敗し、破滅すると自殺なのね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/2/25  23:48 | 投稿者: Author

シカゴ流というよりアメリカ流の終りかたぜよ。

千鳥足で歩いていたアートという男性がERにやってきます。ちなみにアート役の俳優さんは『アルマゲドン』にでてた人だわ・・・。自分が居ると危ないなどと言っています。そのうちにアートは証人保護プログラムの人物だと解ります。すると、怪しい人物がアートに近づき彼を傷つけます。

そのうち連邦捜査官がやって来て「自分たちの施設にうつす」と言ってきます。プラットはアートの容態を考えて自分も救急車に乗ります。あれ?サムだったかな?その後、其の救急車が爆破。そんなところで終わり・・・。

久々に、モレッティ登場。さすがにアビーはモレッティに会いにくそう・・・。モレッティはコバッチュがいる職場にきて「アビーはキミを愛してる」と言います。コバッチュはモレッティをパンチ。モレッティ「こうなると思ったよ」。アビーはモレッティの事もコバッチュに話してたんだね。

その後ERにコバッチュがアビーを訪ねます。公園の様なところでアビーは「言い表せないくらい愛してる」とコバッチュに言います。やきもきさせられたけど、二人は修復できたようです・・・。

症例検討会で説明するニーラにいろいろ突っ込みが入ります。多分、前回、救えなかった手術の説明をニーラはしてるんだよね?とうとうドゥベンコはそれが自分のミスであったと証言します。

それで、何?ドゥベンコはおさらば?でて行くドゥベンコに話しかけるニーラ。ドゥベンコが居なくなったあとブレナーがニーラに話しかけてきます。ブレナーに悪態をつくニーラ。ブレナーは「はめを外した方がいい」と言います。そして二人やっちゃうのかいっ!ブレナーは片っ端からですか?そのあと、ニーラにも冷たくなるのかね・・・。

もう一度みて:

救急車にはプラットとサムどっちが乗ったか解らなかったね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/2/25  19:50 | 投稿者: Author

式場を選びに行ったドヨンとジュンセ。ジュンセはドヨンの心の中にはドンウがいるんだろうと言います。

別のアナウンサーがサウォルに親が見つかったって『ワンダーウーマンショー』のスタッフたちに言ってたけど、それってサウォルが自ら言ったのかな?

『ワンダーウーマンショー』ではドヨンの24時間をとる事になり、いきなりスタッフが家にやってきます。そうそう、スタッフの1人が怪我してたけど、アレ、マジで怪我してるの?それともドラマの中で怪我するシーンでもあったのかな?サウォルはとっさに隠れてたけど「遊びに来た」とでも言って誤摩化せばいいのにね。

スタッフの前でチェ教授は「ドヨンは養女」だと言います。なんかこれみて、サウォルは「かわいそう」って言ってたけど、ドヨンに同情したのかな?帰りがけにウンビが「忘れ物をした」と、とりにいくと2階にいるサウォルは見つかりとっさに部屋に隠れるのよね。適当の誤摩化した方が変に思われなくていいんじゃないのかね。

ジュンセはサウォルに「いままで自分の本心を隠していた」と言います。ジュンセとサウォルが一緒に歩いている時、二人はキス。サウォルの念願がかなったという事でしょうか?

ジュンセはドヨンに「ドヨンがドンウがすきな事に気付いて自分の心も軽くなった。自分の本心を隠す事をしなくてよくなった」っていうんだよね。ジュンセの本心も解ってまた話が動きましたね。

ヒョンジュにお金を持ち逃げされたウンソプはサウォルを傷つけると言ってドヨンにまたせびってきました・・・

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/2/25  6:30 | 投稿者: Author

また、ブレナンのお父さんの登場です。

コンクリート詰めにされた遺体が発見されます。なんだかな、ドラマの中でコンクリートとセメントは違うんだとブレナンは言ってたな・・・。確かに、コンクリートはセメントで作られるものだわね・・・

遺体はアイスピックで頭を刺され麻痺し生きたままコンクリートを入れたられた事が解ります。

アイスピックで殺す男ケネディは死んだを思われていたが実は足を切断してまでも、生きている事が解りました。

そして、ブレナンのお父さんはいきなりブレナンの部屋に現れ、ケネディは危ない男である事を告げます。

ブースはケネディを追います。ところがブースはケネディに捕まってしまいます。ケネディはブースをぐるぐる巻きにしたまま逃げます。その後、ギャラガーともう1人の男に捕まり、ブースは拷問されます。

ラボの人たちが全力をあげて、ブースを探します。ブレナンのお父さんも協力します。ギャラガーたちの居場所を突き止めてブースを救出しましたが、FBIがやって来たので、ブレナンのお父さんは逃げます。

ブレナンのお父さんは悪い奴らだけを殺して来たみたいね・・・。それでも一応罪だから、ブースは逮捕するって言ってるけど・・・。

今回、私、一部頭がぼーっとなってみてたところがあってよくわからないところがあります

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/2/25  0:24 | 投稿者: Author

いやはや・・・。

とうとうミード出版は崩壊寸前。前回の特集はうれなかったって・・・

へこんでるダニエルなわけですが・・・。そこへマットのお父さんカル・ハートリーからチャリティー・イベントへの招待券がベティにきます。自分に来たと思ったダニエルには笑えたわ・・・。まぁ〜普通に考えたらそうなんだろうけど。しかも、ベティの家族も招待されます。

ベティは招待されたんだからとカルについて調べます。するとカルが出版社に出資する事に興味をもっている事が解ります。すると、ダニエルは「救世主だぁ〜」と喜びます。

ベティはマットに相談も無く、カルとあわせる事が出来るとダニエルに承諾してたけど、やっぱり、それはマットにきいてみてからじゃない?と思ったら案の定マットに断られます。カルはただでさえ会うチャンスが少ない人だけに、ベティもどうしましょうって感じ。

さらには翌日ベティが出社するとダニエルがプレゼンの準備をしているのでベティは「カルには会えない」とは言いにくくなります。

そうこうしてるうちにマットが『モード』にやって来ちゃったので、ダニエルに実はダメだという事がバレます。

手の打ちようが無くなったダニエルにウィルミナはリストラを敢行する様に言います。

リストラはアマンダも対象に・・・。ベティは何とか救おうと考えるけど、アマンダは対して仕事してないんだから、リストラされるのも当たり前の様な・・・。

ベティは会社を救うために、マットに内緒でダニエルをチャリティーに連れて行きます。でも結局バレてダニエルはカルと話をします。ダニエルが会社救済を頼むと、カルは「ピンクのラビットの着ぐるみをきる人が居なくなったんだ」と言います。普通はここで着ぐるみをきろという事なんだなって察しがつくと思うんだけど、そこは、ダニエルなのでそんなの無視してミード出版の説明をします。鈍いダニエルにカルは着ぐるみをきる様に言います。なんだかな、かつかつで生活してる私にとってはそんなのいわれまでもなくむしろ喜んで着ぐるみきるってもんだけど、ダニエルかたまってたな・・・。

結局着ぐるみをきるダニエルな分けだけど、子供たちに押しつぶされておでこにちょっと怪我をします。ベティがダニエルを慰めるけどダニエルは「いままでにだっていろんな人を渡り合って来たよ。これぐらいどうってことないさ」と言います。まだまだダニエル世の中の事解ってない様にみえますが・・・。だって、そんな簡単に出資なんかしてもらえる訳ないでしょう?着ぐるみぐらいなんだってのよ。でも、まぁ〜努力のかいあって出資してもらえる事になった訳ですが・・・。

ウィルミナはウィリアムが自分のコかどうか不安になって検査をしてみて、其の結果をクリスティーナが開けてみます。すると一応ウィルミナのコだって事証明されたみたいだけど・・・。予告を見るともしかして?

もう一度みて:

ヒルダが子供ばりに、イースターエッグを探してたのには笑えたわ・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/2/24  22:56 | 投稿者: Author

森の中でチンランはシンレイに「目をつぶって俺の顔を思い出して」と言います。シンレイは心の中で「目が大きくて」とか思い始めたあと「貴方は心の中に寂しさを隠してる」とか思うんだよね。なんだかな、この時のチンランの声が吹き替えぽかったんだけど、気のせいかな?途中で吹き替えぽくない感じになった時のチンランの声が小さかったんだよね。だから其の前も声が小さくてそれで声を吹き替えたんじゃないかと思うんだけど・・・。つーかそんな事はどうでもいいんだけど、なんだか声が気になっちゃってこのシーンちょっと集中できなかったわ・・・

チンランは台湾に戻る事になる訳だけど、其の前に偶然シンラン家族、シャンドンたちと出会います。チンランは「シンレイに用はない」と言い、シンレイのお母さんと話します。

シンレイのお母さんはチンランに「私はシンレイに幸せになって欲しいだけ」と暗に、シンレイとシャンドンをくっつけたい事を言います。しかし、チンランは「母は幸せでした」と言って、台湾の家の鍵をシンレイのお母さんに渡します。

チンランが歩いていると“幸福131”のアニキから「おまえの探していた人が見つかった」と連絡が入ります。

チンランが“幸福131”にいくとその人はいました。それは、チンランのお父さんだったのです。お父さんは「家族を捨てた事は後悔してない」と言います。ところが、チンランが居なくなると「俺には家族を心配する資格はないんだ」と呟きます。

シンレイはウェディングドレスを試着しています。この時シンレイのお母さんはシンレイに台湾の家の鍵を渡して「家族の犠牲にならなくていい。私は間違っていた」と言います。それを見ているシャンドン。そして、シンレイのお母さんはシンレイにチンランから祝福の品と渡された品物を渡します。シンレイが開けてみるとそれは魔法のランプのネックレスでした。

「平凡がすき」というシンレイをシャンドンは引き止めることなくいかせるのでした。シーシェンは邪魔しないのかい?シンレイはウェディングドレスのまま、でも、靴はチンランがデザインしたスニーカー姿で飛び出していきます。

チンランは塀に絵をかいてますが、許可無くかいていいのかね。ここへ、シンレイがやってきます。

チンランのカラフルな靴は人気があるみたいです。チンランの創作意欲をかきたたせるために、シンレイはわざとチンランとけんかしてるみたい・・・。

シンレイは彼氏が欲しいビージュにアダーをすすめたみたいだけど、ビージュはアダーはいやだって。そうね。せめてアーイーあたりにして欲しいわ

人気ブログランキング

blogram投票ボタン

0
タグ: 台湾ドラマ

2010/2/24  16:06 | 投稿者: Author

チェ教授はドヨンに水ぶっかけてるよ〜。この期に及んでもドヨンは「ジヨンを見失って必死で探した」って言ってるよ〜。まぁ〜「おいて来た」とはいえないね。

スホはチェ教授に「おまえがドヨンをおこるたびに施設に返すと言っていた。私も同じ気持ちだった。自分たちも罪人なんだ」と言います。スホはドヨンの寂しさを理解してるんだね。

家を出たドヨンが行った先はもちろん、ドンウの道場。そこへジュンセがやって来て「イマ帰らないと帰れない」と連れて行こうとします。ドヨンは「ジュンセは私を愛してない。愛し方を知らない」と言って追い返します。

職場にドヨンへ着替えをもって来るドンウ。二人の姿を見る、サウォル。

そして、ドンウはドヨンをホテルへと案内します。ドンウはドヨンのために果物やら薬やらを買って来てくれます。帰るドンウをドヨンは引き止めます。ドンウはソファーで寝てたけど、ドヨンがそばにきて欲しいと頼みます。抱きしめあう二人。

ヒョンジュはウンソプは「お金がない」といわれていたのに、たくさんのお金をもっている事に気付きます。こっちもまた何かしらの反撃がありそう・・・。まぁ〜ある意味ウンソプは金持ちからお金を引き出させる才能があるわね

サウォルといる時、チャン会長は例の捜し人の情報を秘書みたいな人からききます。妻は亡くなっている事を知ります。そしてチャン会長が「娘は?」ときくと秘書みたいな人は「名前すら解らない」と答えますチャン会長は「確か、親の名前をとってるからハンスクとかそう言う名前じゃないか?」っていうんだよね。ハンスクって・・・?ドヨンかい?

スホがドヨンに帰って来る様にいい、ドヨンは家に帰ります。

サウォルが戻って来たので4人での食事。針のむしろのドヨンだけどチェ教授には「いる様に」いわれます。

ドヨンの部屋でジュンセは「結婚しよう」と言います。それを、きいているサウォル。

サウォルはドヨンにジュンセでなく、ドンウを愛してるのに結婚するのかと問いつめられます。それをチェ教授がきいてたけど、どうなるんでしょう?

そうそう、サウォルが戻って来てチェ教授、スホと3人で抱きしめあってるんだけど、なぜかアップだとサウォルとチェ教授と二人で抱き合ってる様な感じの絵づらだったわ・・・。サウォルの隣のスホがいるはずなのに・・・

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/2/24  13:12 | 投稿者: Author

ありゃ、イノはソンジュがかくまってたのね。つーかもしかして、ソンジュが事件と関わりがあるのかね。もしかして、口封じのタメにイノをかくまってるのかな?でも、そんな雰囲気じゃなかったけどな・・・。

ヨギョンが重要参考人となり「俺の女に手を出すな」と言ったワン。あの夜のアリバイをきかれて、仕方なくヨギョンが朝まで自分と一緒だったと言ってしまうワン。スヒョンに「あの時みたでしょう」とワンは言います。だからスヒョン「高貴なお嬢さんと一緒じゃなかったのか?」とか切り返してるよ。しかも、ワンたら、ヨギョンの名前解らないからそれツッコマレルと「チョマジャさんなんだ」って言ってるよ

一応帰してもらったヨギョン。ワンは「いつも助けるばっかりだから、もう2度とあわない」と言って立ち去ります。ヨギョンはワンの言葉を考えてみます。

翌日『ちらし』からヨギョンとワンのスキャンダルの記事が出ちゃってるよ〜。ヨギョンにそれを見させない様にしてたワンがおかしかったわ・・・。

独自に捜査を行ったイ・ガングは謹慎処分になっちゃったよ・・・。

上田守がスヒョンや山下コウジを引き連れてミョンビン館って一席設けると言で「ソンジュにあうのは久しぶりだなぁ〜」と意気揚々ちよしてると、幸子が現れて慌ててるのも笑えたね。幸子はそんな事より、自分の娘、美幸のお婿さん探しに来てたんだけどね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ