ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2010/8/31  18:56 | 投稿者: Author

ホン・グギョンが、重臣達の殺害の犯人では無いとサンは証明すると言います。

チャン・テウは自ら出向き牢に居るホン・グギョンに「外戚と言う地位を利用してる」と言います。これに反発したホン・グギョンは「そう言われれば、外戚と言う地位を最大限利用する」と返します・・・。正直言って、サンVSチャン・テウって感じじゃなくて、ホン・グギョンVSチャン・テウの様相を呈してるな・・・。

ところで、庶子達を闇討ちしたミン・ジュシクはチェ・ソクチュ、チャン・テウからも、一体なんて事してくれたんだと責め立てられます。

サンは下手人捜しのため、ある重臣の老論派の家が襲撃されるだろうと、隠密に部隊を配置します。1日目は現れませんでしたが、何日か後に現れて捕らえます。

テスが何で重臣たちの殺害が奴婢の仕業だと解ったのか聞くとサンは「記されていた又の字は奴婢の奴のつくりの部分だから」と説明します。

これで、ホン・グギョンは無罪放免。

そうそう、屏風を描きにきたソンヨンに孝懿王妃が「今日は良い」と帰らせてたけど、これってホン・グギョンが捕まって元嬪がご機嫌斜めだったからなんだろうね。

そして、この元嬪ご懐妊の兆候が・・・。ホン・グギョン・・・もっと力をふるいそうです。

ホン・グギョンは貞純大妃に取り込まれてるよ〜

BShiをみて:

老論派襲撃者のアジトを見つけるあたりが部分的にBS2ではカットだったのかしら?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/30  20:24 | 投稿者: Author

亡くなったシンヒョクの横で寝ているハウン。これもこのドラマを表してるシーンって感じよね・・・。

そして、ハウンは山小屋を出た時から、シンヒョクに成り済まします・・・。そして、ホテルでシャワーを浴びるハウン・・・なんで服をきたまんまなのか・・・。その後、ホテルで過ごすハウンは何故か上半身裸だし・・・。単なるサービスカットなのか、ナルシストなのか、暑いのか・・・

その後、ハウンは別荘で、シンヒョクのPCのファイルを解析。っていうか、あの別荘は、誰のものなんだろう?そして、あるファイルにはパスワードを入力しなきゃならないんだけど、そのパスワードが“合体”ってのも良いわよね。ところで、PCはサムスンだと思うんだけど、解らない様にシールみたいなの貼ってたね。

実際はシンヒョクだけど、ハウンが亡くなり自己嫌悪のスチョル。

ウナはPCの壁紙になってる写真をみてハウンがいつもウナにやるみたいに、写真のハウンの鼻をさするんだよね・・・。

自分のお葬式を丘の上からハウンはみています・・・。

当たり前の事だけど、ハウンが亡くなりイ・テジュンとチョン・サングクに責められるチェ・ドンチャン。特に、チョン・サングクのほうがね。イ・テジュンの方は過ぎた事より今後の処理が大事だとチェ・ドンチャンに言います。

チョン・ジヌは最近見かけるチェ・ドンチャンが何ものなのか調べます。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/30  12:20 | 投稿者: Author

チュモンは危ないだろうに、宮殿に入り、ユファにあいます。ユファは今はテソが王様を差し置いてまで、扶余を牛耳ってるから、気をつける様に言います。

チュモンがオイと宮殿を出る際、護衛部隊に取り囲まれるけれども、チュモンが「一緒に戦った仲間に血を流させたくない」と言うと、みんな「総監」って言って跪くんだよね・・・。

ユファはクムワにチュモンが生きていたと言います。

クムワは重臣会議で「チュモンは生きている」と言ってみんなの前でチュモンを迎え入れます。この時、ヨンポは笑顔だったけど、何でかしら?

チュモンはテソに「以前は兄上と張り合いましたけど、状況が解らない訳ではありません。兄上に従います」と恭順の意を示します。テソは「ならば、それを証明してみせろ」と言います。

ヨンタバルは君長をソソノに譲ると言います。

それと、ヨンチェリョンは裏でソンヤンと繋がってるよ〜。商団の中にも不穏な動きが・・・

ヨンタバル商団に会いにきたチュモン。そしてヨンタバルとソソノに許してもらいたいと言います。後ろで涙を流しながらチュモンをみてるソソノ。また、これをウテは見守ってるって感じよね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/29  19:23 | 投稿者: Author

ホテルのロビーでシンヒョクをみたハウンは、人づてにメッセージをシンヒョクに渡します。メッセージが入っている封筒には、さいころも入っていてシンヒョクはそれが兄のガンヒョク(ハウン)で有ると解ります。

ハウンの言う通り尾行をまいてシンヒョクは待ち合わせ場所のホールにやってきます。久々の再会の抱き合う兄弟。シンヒョクはハウンに聞きたい事がいろいろあるけど、ハウンは長居をしてられないので、次に落ち合う場所が書いてる紙だけ渡して、立ち去ります。

一方、信用するスチョルに連絡をとるハウンだけど、スチョルはチェ・ドンチャンに弱みを握られていて、ハウンの動きが筒抜け。

チョン・サングクはチェ・ドンチャンにハウンを逮捕させるまでが仕事でそれ以上はやるなと言います。しかし、チェ・ドンチャンは有る人物に連絡をとると処理する様に言われます。この段階では、まだ、指しか写ってないけどね・・・。むふふ。

ウナはハウンに会いにきます。ハウンは「やらなきゃいけない事がすんだから帰る」と言います。バスで帰るウナを見送るハウン。ハウンとして、ウナに会うのはこれが最後かな・・・。

有る山小屋で落ち合ったハウンとシンヒョク。再会のお祝いにハウンはお酒を買いに行きます。その間にチェ・ドンチャンの手下がきて、ハウンと間違われたシンヒョクは何か薬物を射たれます。

買い物から帰ってきたハウンはシンヒョクに声をかけますが、シンヒョクは亡くなってしまいます・・・。

ここからだね。ハウンが動くのが・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/29  15:40 | 投稿者: Author

オイ、マリ、ヒョッポ、モパルモ、ムソン達に助けられたチュモン。そして、チュモンが「王様はどうしてる?」と聞くと、皆浮かぬ顔で扶余の現状を語ります。モパルモとムソンも其の影響でケルで身を潜めていると語ります。

また、チュモンはテソがヤンソルランと婚姻したにもかかわらず、ソソノを側室にしようとしたので、ソソノはそれを逃れるためにウテと結婚し、また、ヨンタバルがテソにより追放されたと聞かされます。ソソノの達の隊列をただ見送るだけのチュモン。

それと、チュモンは捕らえられていたイェソヤを救出します。

玄莵城からの連絡で、テソはチュモンが生きている事を知ります。

また、ユファもチュモンが生きていると聞かされます。

チュモンは扶余に戻り、チュモンが生きているとわざと流布させます。そうする事で、民心を掴み、また、そうなれば、テソもそう簡単に自分を殺さないだろうとチュモンは考えました。

チュモンのおもわく通り、民衆はチュモンは戦で手柄をたてた人物だと語ります。

ヨンポはチュモンをみたトチ達から「チュモンが生きている」と聞かされるけど、信じてなくて、相変わらずな感じで笑えるよ

このドラマって「情けないやつめ」って言葉をテソ以外の人も言うのね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/29  14:52 | 投稿者: Author

ドヒョクがイルトゥの運転する車でひかれ、ヘソンが放置プレイをした一部始終をホギョンが見てしまっていたんだね。倒れたドヒョクを唖然としてみてたけど、ちゃんとホギョンが通報していたようです。

ちなみにヘソンが持ち出したリストはイルトゥが政治家に渡した賄賂の資料だったんだね。どうでも、良いけどはく息が凄く白くて寒いんだなと言う事が解るわ・・・。雪も残ってた様な感じだったね・・・。

ヘソンはイルトゥに電話をし「私を殺そうとしましたね」と言うとイルトゥは「殺そうとしたんじゃなくて、必ず殺す」と言います。更にイルトゥが「お前の母親も安全じゃないぞ」と言うので、資料を郵送する事をヘソンは、ためらいます。また、この会話をホギョンが聞いてしまうのでした。

ところで、病院にいるドヒョクは怪我の身でありながら、ヘソンの母親のお店にいきます。するとやはりヘソンが現れました。こんな目に遭っても「お前を守りたいんだ」と言うドヒョク。また、ドヒョクが倒れたけど、今度はヘソンが、病院へ連れて行ったみたです。

病院で気がついたドヒョクはヘソンに電話をし「お前の親父さんは腰抜けなんかじゃない。テセグループの買収などを俺の親父にリークしてくれていたんだ」と言います。お〜2人がこんな形で繋がっていたのね。

ヘソンは自首します。

イルトゥに会ったホギョンは人を殺しても何とも思ってない父親に絶望したのか、ドヒョクひき逃げの証人になると通報します。

これで、イルトゥは殺人教唆、贈賄などの罪で逮捕されます。良かったわ・・・。こんなんが大統領なんかになったら、余計に、のさばっちゃうもんね。

もちろん、ヨンドクは釈放されます。出迎えたヨンドク日報の人たちはちゃんとお豆腐用意してたね。

2年後・・・。ヘソンが出所。ドヒョクとジェインで御出迎え。ジェインがちゃんとお豆腐をヘソンに渡してたわ。ヘソンに笑顔で話しかけるジェインにドヒョクは「今は俺の女なのに、その笑顔は無いだろう」って

そして、ヘソンが母のお店に帰ると、ホギョンがお店を手伝ってました。

ヘソンを見送ったドヒョクとジェイン。ジェインたらドヒョクに「さっき焼きもちやいたでしょう?」って言ってるよ〜。このドラマだと、こんな感じで2人の関係が解るだけで良いよね。

ヨンドクの娘ユリまで、ヨンドク日報で面接受けてるよ〜。今まで、紅一点のガヨンだったのに、若い女性が入って来ると面白くないだろうね。それと、今まで、いろいろコスプレやってくれていたガヨンだけど、今回、アフロのヅラだったよ

最後、ヨンドク日報の看板とかが無くなって“求む、第二のヨンドク日報”ってなってたけど、新しく作り直すって事なのかな?

このドラマ、本国では『アイリス』と『美男ですね』に挟まれて、視聴率良くなかったみたいだけど、私的には『アイリス』よりこっちの方が面白いけどな・・・。話が単純だし

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/29  13:57 | 投稿者: Author

あら、残念・・・。イーディは感電して亡くなってしまったのね・・・。これって、イーディ役の女優さんとの契約とかで、降板になったのかな?

そして、今回のナレーションはイーディでした・・・。

ウィステリア通りのスーザン、リネット、ガブリエル、ブリー、マクラスキーさんで、デーブに頼まれて、イーディの遺骨をもってトラバースに会いにきます

その車中で、それぞれが、イーディとの思い出を語ります。

スーザンはイーディから夫カールの浮気を聞かされた事。

リネットは抗がん剤治療をしてる時に、イーディなりのやり方で励まされた事。

ガブリエルはどっちが男におごってもらえるかイーディと張り合った事。これ、いかにも、この2人らしいね。スーザンとかだったら、イーディに負けたくなくて、やり始めるだろうけど途中で「ばかばかしい」とか言ってやめそうだし。リネットとブリーだと最初からそんなの相手にしなさそうだし

ブリーは、オーソンのムショ暮らしは、オーソンがブリーを愛してるからだとイーディに諭された事。

マクラスキーさんは自分の息子ば亡くなって落ち込んでる時に、イーディにも息子が居ると聞かされた事。

ウィステリア通りの面々からお母さんの死を知らされたトラバースは「母親らしい事されてない」と反発してたけど、マクラスキーさんが「あんたを愛していた事は間違いないよ」と言います。そして、トラバースは「自分より、友達の皆さんの方が母を良く知ってるだろう」と遺骨をゆだねます。

それぞれの庭にイーディの遺骨を散骨する前に、各々がイーディを一言で表します。スーザンは「唯一無二」と・・・。

トラブルはあったものの、いつもホンネのイーディだから、最後は皆の心に届くんだよね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/8/28  22:16 | 投稿者: Author

あれ?どうやらエミは本当はジェイが好きなようです・・・。

ジェイはハナに自分の友達を紹介すると言います。

もちろんエミもジェイに自分の彼女を紹介されると言われた訳で・・・。エミは美容院でセットが気に入らず何度もやらせます。そして、友達に「ジェイの彼女より良く見せなきゃ」って・・・。しかも、友達にジェイが私の事好きなんだって吹聴してるし・・・。本当のところはジェイが自分に振り向いてくれないから、タムには見栄はって「ジェイの事は好きじゃない」って言ってるんだろうね。

そして、ジェイとの待ち合わせ場所に現れたハナ。そこにはタムまでもがぁ〜。ここで、お互いジェイに、知り合いだと言うべきがどうか悩むんだよね

さらにはタムはハナに電話をして呼び出し「ジェイは親友だから玉の輿狙いだって事言うぞ。そうじゃ無かったら、ジェイを好きだと言え」と言います。ハナは何故かタムを前にしてジェイが好きだとは言えませんでした・・・。心の変化が現れ始めてますね・・・。

途中で現れたエミもハナが自分以下だとがっかり・・・。

それにしても、ジェイとハナは息があってるんだよねぇ〜。ジェイの笑顔が良かったわ・・・。

そして、ハナを御見送りしたジェイは「結婚を前提におつきあいして欲しい」とハナに言います。ハナはOK。嬉しいジェイはハナの頬にキス。これを見ていたエミは面白くなさそうな顔・・・。タムがこれに気付いてるかどうか・・・。

エミはタムにハナは玉の輿狙いだから、ジェイのためにハナを誘惑して欲しいと頼みます。

これで、タムも誘惑のつもりがハナを好きになるって事なんだろうね。

『流星花園』のタマさん役の人、出てたね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

2
タグ: 台湾ドラマ

2010/8/28  21:38 | 投稿者: Author

以前のヒョンジュンとスンヒのデートときもそうだけど、今回も世間の緊迫感とは温度差が有るラブラブシーンであります。つーか、みてるこっちが恥ずかしいので、ばっさりカットでも問題ない様な・・・。スンヒが電話で呼び出されたシーンだけでも、大丈夫な感じ・・・

ところで、呼び出されたスンヒは何ものかにつけられたみたいな感じだったよね・・・。

それと、護送から脱出した、ペク・サンとサウ。その後のアジトで、サウはアイリスのメンバーに「何ものかが地下2階で監禁されている」と言われます。それで、言ってみると、ペク・サンが誰かとスンヒの事で話してるんだよね。

私も、疑問に思ってたけど、サウはペク・サンにアイリスの輪郭が解らないって聞いてたね。知りすぎると危険だから、与えた任務だけ実行すれば良いのかな?

そうそう アイリスのメンバーに『イ・サン』で刺客役だった人と『エデンの東』でドンウクと検察で一緒に仕事してた役の人居たわ・・・。この期に及んでも、登場人物増えるのね・・・。

そして、ミジョンが殺され、ペク・サンたちが乗る護送車が襲われ、てんやわんやのNSS。此の騒ぎで、ヒョンジュンも復帰。そして、スンヒも音信普通と言う事で、騒ぎになってるんだけど、ある時スンヒは何事もなかった様にNSSにやってきます。よくわからないけど、アジトで監禁されてたのはスンヒじゃ無いのかね・・・。

北朝鮮ではソンファがチョリョンに渡されたUSBメモリーを分析すると、アイリスの中からスンヒの名が・・・

再び南にやってくたソンファはヒョンジュンに接触。そして、ソンファはヒョンジュンにアイリスのファイルにスンヒの名前があり、スンヒの命は危ないと言います。

ホン・スジンに何か気付いたチョン・ヒョンジュンは車が爆破され消されます。この現場に居たビックをヒョンジュンとソンファで追います。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

1
タグ: 韓国ドラマ

2010/8/28  15:53 | 投稿者: Author

ハウンの正体が解ったキョン・ギドは喜び勇んで、ハウンに会いにきますが、ハウンをみたところで、チェ・ドンチャンの手下に刺されてしまいます。そして、息がとぎれとぎれの中キョン・ギドはハウンにハウンの名前はガンヒョクだと教えます。

キョン・ギドは一命は取り留めたものの、危険な状態。

チェ・ドンチャン、イ・テジュン、チョン・サングクの悪巧み3人組は、ヤン・マンチョルは持病が発生し、キョン・ギドは刺したので、ハウンをどう口封じするか考えます。さすがに、刑事が立て続けに刺されるとなれば、おかしいと気付かれると、イ・テジュンは言います。

そんな中、ハウンの自宅に家宅捜査が・・・。そして、ハウンには汚職の罪を着せられますが、スチョルや同僚刑事の手助けもあり逃げる事が出来ます。ウナにも別れを告げて・・・。

そして、ハウンはギドがもっていたユ刑事の捜査ノートを受け取る事が出来ました。

ハウンはこの捜査ノートをみて、徐々に自分の正体が解ってきます。記憶が戻ったかどうかは解らないけど・・・。そして、ハウンはスチョルと連絡をとり、自分に弟が居た事が解ります。

そして、ホテルでシンヒョクの姿をハウンは見る事になります。

ウ〜ン、このあたりから、話が動き始める感じだよね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ