ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2010/12/30  19:22 | 投稿者: Author

ジウンに「好きだから離婚する」と言われたヨンジェは困惑します。

ドンウクはまたもやついうっかり事務所社長に「契約結婚とは言え結婚は結婚なんですから、ジウンが可哀想ですよ」ってこれまた言っちゃって・・・

事務所社長はジウンを呼び出し「契約結婚の事は良いの。でも、ヨンジェが結婚してる事は皆が知ってる事。離婚なんて事になったら、ヨンジェに傷がつく。自重して欲しい」と頼みます。

更に、事務所社長はヘウォンにも釘を刺します。

ジウンは事務所社長に言われた事に悩みます。

ヨンジェはミニョクに「ジウンを守る」と言うけど逆にミニョクに「ジウンさんがお前を守るだろう」と言われます。

そしてジウンはヨンジェの事を考えヨンジェに「離婚はやめにする」と言います。

ヨンジェはジウンにたくさんの薔薇の花を贈ります。ヨンジェとジウンが2人で話してる所に、ヘウォンが入って来ていました。ヘウォンは2人の姿にショックを受けたたのかそのまま逃げ出し、ヨンジェはヘウォンを追いかけますが、振り切られます。

そして、ヨンジェはジウンに「ミニョク兄貴がお前を奪うと言った時、ちょっと腹が立った。いや、すごく腹が立った」と言います。そしてヨンジェは「俺は、お前といると、かわれるんだ。ヘウォンの事すら忘れられる」と言うのでした・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/29  20:15 | 投稿者: Author

第6話

どーでも、良いけど、ウィリアムの韓国が上達するの早くない?

キュは料亭みたいな所でチヨンとやり合ったんだけど、役人だったかな?ボジンのお母さんにだったかな?「妓生遊びしてて〜」みたいな事言われて、なんだかな、居心地悪そうな顔してて笑えたわね。つーか、キュ役の俳優さん、あんな細身でアクション頑張っちゃって・・・。今までの役柄では、こんな激しい動きは無かったしね。

船に乗るウィリアムについて行くため、危険を犯してまで港へ行こうとするボジン。その姿をみて、キュは「ダメだ」では無く「嫌だ」って言うんだよね。でも、結局はキュを振り切って港へボジンは向かいます。キュ泣いてたよ・・・。キュはもう自分の気持ちに気付いているんだね。

キュは料亭で騒ぎを起したので、何処へも出てはいけなかったんだけど、港に向かうボジンを追いかけたので、捕まります。そして、キュたら言い逃れの為に「ボジンとはそう言う仲だ」何て言っちゃってるよ・・・。だから、吏房に「また女色か」って・・・

ウィリアムとヤンが船に乗ろうとした所で官軍がやってきます。

ウィリアムとヤンは海に逃げますが、海女達に見つかり、捕まります。

なんか、キュの召使いの話しだとキュは都では英雄みたいね。科挙も首席合格みたいだしね。

ボジンのお母さんたらキュに「ボジンのほうから手を出したのか」何て聞いてるよ〜。で、お母さん、キュが女遊びで流刑になったのは気になるけど、顔もあの程度なら充分だとか考えてるんだよね

第7話

なんだか、はく息が白いシーンとか有るんですけど・・・。寒い時期に撮影したのだとしたら、海女サンたちの役柄の人たち、可哀想だわ・・・。

キュはボジンに「ウィリアムが何処へ行くのか知ってるのか?」と言います。ボジンは「ウィリアムとなら何処でも良い。此の島から出たい」と言います。そして、すかさずボジンは「流人(キュ)は、何で、あの時、ダメだじゃなくて、嫌だって言ったの?」って聞いてるよ〜。キュは「お前が居なくなったら、雑用が増えて嫌だから」って言い訳です

祭祀長の所にいるウィリアムに会うボジン。この時、ボジンはウィリアムからもらった十字架を見せて話してるんだよね・・・。そしてウィリアムは実はボジンがあの時、港にきていたと知って喜んでたね。

ちなみに、ボジンが十字架のネックレスをしてるのを祭祀長の若者が見てて、それを祭祀長に言ったね。

それと、祭祀長はソリン商団を袖にしてヤンの東インド会社と取引しようとしてるね。

みかん狩りしてるボジンはウィリアムとキュ為に、こそっとみかんを籠に入れてるよ〜。で、ボジンは「何で、キュの分まで?」って思ってるんだよね。ボジンのお母さんはキュの為にみかんをボジンにそっと渡してるし

で、ボジンはそのみかんをウィリアムに食べさせてあげます。

キュの事を調べたソリンはキュは流人の名簿に無く、更に科挙に首席合格と知ります。そして、ソリンはキュのお母さんに近づきます。ちなみに、キュのお母さん役の人は『スターの恋人』でマリの為にいろいろ力になってくれた役の人だね。

ところで、祭祀長と王が会ってますが・・・。

ところで、ボジンの友達の海女さんは、コーヒーを見つけるんだけど、皆それがなんだか、解らなくてこの苦いのはナンナンだ?って感じなんだよね。

ボジンがそれをウィリアムに見せると「コーヒーだ。西洋のお茶だ」と教えてくれます。ボジンがコーヒーを噛むとウィリアムは「それは、そのまま食べない」と言って、ボジンの口からコーヒー豆を取り出してあげます。ウィリアムはボジンにキスしようとしたけど、ボジンが頭をぶつけて逃げてしまいます。ウ〜ン残念

キュが祭祀長の家で何か探ってると、ボジンと出くわします。その後、祭祀長が部屋に入って来るので、キュはボジンと共に、押し入れに逃げますが、ボジンが騒ぐのでその口を塞ぐために、キュったら、ボジンにキスしてるよ〜。いやん。でも、ボジンはキュに対して、なんにも思ってないから、キスのあと、当惑しながら、口を拭いてるよ

ウィリアムを祭祀長の家から連れ出すボジン。まずは、キュが塀を超えて、其の次、ボジン。ウィリアムが塀を超えると、イバン(吏房)がいたよ〜

ボジン、キュ、ウィリアムの恋の行方が俄然気になってきましたぁ〜。今のところ、キュは蚊帳の外だけど

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/28  21:17 | 投稿者: Author

ウノは法廷を出されて、テジョだけで、裁判をする事になったけど、監置は韓国語でも監置って聞こえたね。

テジョは義姉が会長夫人は面倒見が良いと言っていた事を思い出します。

そこで、テジョは法廷で証人に「結婚相手を会長夫人に紹介されたのでは無いか?」と聞きます。証人は顔色が悪くなります。

テジョと共に、焼き肉屋(?)に入ったウノ。ウノはテジョがトレイに行ってる間に、ジョンウォンがヨンウと一緒にいるのを見かけて(ちなみに、ウノはヨンウがテジョの兄と言う事は知ってるのかな?)テジョに「やっぱりお店を変えよう」と言いますが、結局、テジョは2人が一緒の所をみてしまいます。

そして、テジョはヨンウに今やってる裁判について「会長夫人が殺人教唆だと解っていて、こんな事やってて良いのか」と言い、自分は正義を貫く事を伝えます。

テジョは会長夫人が行っている、チャリティゴルフの仲間達に潜入。ちなみに、このゴルフ仲間にギョロ目のおばさんがいたけど『チャングム』で占いだかなんだかで出てた人じゃないかな?テジョはゴルフ仲間達に、チャリティと銘打って賭けゴルフをしていた事を咎めます。

そして、テジョは賭けゴルフをしたのに、この事件後チャラになってる人を突き止め追求するのでした・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/28  20:19 | 投稿者: Author

ドラマの中では、夏と言う事になってるのですが、どうみても撮影は冬って感じです。はく息が白いし・・・。薄着で、撮影する人たち可哀想だわ・・・。カン・ソクホはもちろん、万年スーツですけど・・・

季節は夏なので、暑く、特進クラスの生徒達はだらけてしまってます。なんか、ベクヒョンだけが、頑張って勉強してる風な感じだったけど

そこで、カン・ソクホはやり方を変えなければと考えます。

いつもの様に朝、特進クラスの生徒達を起すカン・ソクホ。生徒達は起きますが、ハン先生は相変わらず寝ています。

生徒達はワゴン車に乗せられてある場所へ・・・。そこは、まさに、生徒達の合宿所で、それぞれ個室で苦手を克服すべしとカン・ソクホのご命令。

ハン先生が目を覚ますと特進クラスの生徒達は誰もいなぁ〜い。ハン先生はチャン・マリから、生徒達は合宿所へ行ったと聞かされます。

慌てて、合宿所に行ったハン先生はカン・ソクホを責め立てます。カン・ソクホは「ハン先生を呼ばなかったのは私の見誤りでした」と言います。ハン先生「素直に謝れば良いのに」って・・・。そーいや、カン・ソクホって謝った事無いわよね。

どういう訳か合宿所にチャン・マリもきてるよ〜

ヒョンジョンの部屋には国語のイ・ウニュ先生がやってきます。イ・ウニュ先生は「両親が再婚して、友達と憂さ晴らししたくなるのも解る。でも、必要以上に自分を卑下しない事。ベクヒョンとプリプは結婚する訳じゃ無し、1年後に奪っちゃえば?」と励まします。

ボングに、カン・ソクホは「2日間勉強しないで、寝てて良い。子供の時の事を思い出せ」と言い、ボングの両親から預かったボングの子供頃の写真や大事にしていた犬の写真を置いて行きます。ボングは大事にしていた犬の写真をみて、犬が亡くなった時獣医になろうとしたときの事を思い出し、勉強に励みます。

合宿所の最終日には、それぞれの保護者がやって来て、部屋で過ごします。

ヒョンジョンの部屋にはハン先生や、イ・ウニュ先生だけでなく、チャン・マリまでいるよ〜。

合宿が終わり、家に戻ると、プリプのお母さんは男と共に逃げ、借金取りがやってきました。

なんだかな、合宿所のチャンドゥの部屋が映った時モザイクかかっていた様な・・・。

プリプのお母さんの日記・・・西暦を書いてる所漢字で“年”って書いてあったね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/27  23:02 | 投稿者: Author

また、途中で、出演者ぽい文字が出てたな・・・。

ヘインは地下鉄で偶然ぶつかった男を突然透視し、追いかけるけど、その途中、スンハに会います。

スンハがヘインをタロット・カフェまで送るとオスがヘインを待っていました。微妙な顔つきのオス

オスはヘインにデシクが亡くなった現場に落ちていたボタンを透視してもらいます。ヘインは女性がデシクに銃を何度も撃っているけど、弾は出ていないと話します。また、この女性がソラと言う名前を言っている事も・・・。

ところで、スンハの事務所のチャ事務長・・・。パンに自分が捜査した12年前の事件の話しをします、当時オスは人を刺し殺したけど、正当防衛になったと・・・。それと、父親の力が働いた事も・・・。パン達が事件とは無関係なんだと結論づけたソン記者・・・実は12年前にその事件の事を記事にしていて、記者はその学校の関係者の甥で、学校に有利な記事を書いたと言う事もパンはチャ事務長から知ります。

デシクはガス銃を向けられて亡くなったのでは?とオスは考えます。

また、オスは非公式だがと言った上でスンハに「この事件は誰かに操られている」と話します。

ヘインには“女帝”と言うタロットカードが届けられます。でも、封筒は青なんだよね。

オスには高校時代の写真が送られてきます。

あらら、ヒスの妻とソクジンが不倫をしてる所を写真に取られたよ。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/27  20:01 | 投稿者: Author

模試を受ける特進クラスの生徒達を見守る先生達。ヒョンジョンは具合が悪いので、保健室で受ける事になります。途中で、国語のイ・ウニュ先生はヒョンジョンに「心の傷は治った?」ってヒョンジョンが失恋したのを解ってるんだよね。そして、イ・ウニュ先生は「愛がなんだって言うの。男は他にもいる。それより、自分を愛さなきゃ、愛されない」と励まします。

しかし、模試の結果は目標に届かず、特進クラスは解散になります。でも、数学のチャ先生は、秋の模試には点数はのびるって言ってたね。

カン・ソクホは最後の任務として、ハン先生に、ヒョンジョンの事をどうにかする様に言います。

ヒョンジョンの元にプリプがインターホン越しに「何があったの?私たち友達でしょう?」と言いますが、ヒョンジュンは「なんでも無いから」と切ります。そのあと、独り言で、ヒョンヒョンは「ごめんねプリプ。今あなたの顔を見るのがつらいの」と言います。痛々しいわヒョンジョン

そのすぐあと、インターホンがまたなるので、ヒョンジョンが出ると、プリプで無く、ハン先生でした。ハン先生は「ルームメイトに追い出された」と言って、ヒョンジュンと一緒に住む事にします。

チョン・マリったらカン・ソクホに「特進クラスはどうせなら、存続しようか?私の愛を受け止めて」と言います。チョン・マリ「どっちがダメ?」みたいな事聞くんだけど、カン・ソクホは予想通り「両方です」って答えだよ。予想通りで笑えたわ・・・。

特進クラスの子たちは自分たちで、特進クラスを存続させます。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/26  22:05 | 投稿者: Author

いきなり、サンが作った壮勇衛の式典みたいな感じだったな・・・。

チョン・ヤギョンはサンから受けた特命に取りかかってます。オタクぽい顔つきだったね。チョン・ヤギョンに食事の時間を教えにきた人も「紙で船作って何やってんだ?」って、オタク扱いだよ・・・。ちなみに、このオタク扱いした人『セレブの誕生』に出てた人かな?

で、チョン・ヤギョンがサンから言われた事に答えを見つけて、夜の夜中にサンにあいます。ナム・サチョ「そんなに急ぐ事じゃ無いだろう」って・・・。チョン・ヤギョン「時間を忘れてた」って。そりゃ、あんだけ、無我夢中だったらそりゃそうでしょうよ。

で、サンが出した「たくさんの人がいっぺんに、漢江を渡れるもの」に、チョン・ヤギョンは船を並べて、その上に板を乗せると言うものでした。これだと、短期間で出来るそうなので、サンの要望に答えられそうです。

そして、サンは思悼世子のお墓参りをしました。サンは思悼世子のお墓を移そうと考えていました。

サンの動きに抜き差しならない、貞純大妃。

壮勇衛には貞純大妃側の者も送ってるので、探らせます。

サンがチェ・ジェゴンと先の王の遺書について話してる所を、貞純大妃側の密偵は探ります。貞純大妃は先の王が自分を殺しても良いと言う遺書を残していた事にショックを受けるのと同時に、このままではすまさないと、会合を開こうとします。

ソンヨンも和嬪も臨月が近いのに、恵慶宮が出産部隊を作るのは和嬪にだけ・・・。

ソンヨンは出産日が過ぎても陣痛が無く、破水はしているので、このままだと危険だと主治医から、恵慶宮は聞かされます。恵慶宮はどうしても、ダメだったらソンヨンだけでも、助けて欲しいと頼みます。

和嬪に陣痛が始まります。

ソンヨンにも陣痛がきました。

和嬪が産んだ子は、王女で、恵慶宮はがっかり・・・。産まれる前は男の子だって言われていたから、余計だよね。

ソンヨンも、出産。王子でした。そんな気がしたわ・・・。

恵慶宮はソンヨンが産んだ子を抱きます。

サンは、和嬪の元を訪れて、王女が産まれて、ショックの和嬪に「大事に育てる」と言います。

ヤン・チョビは未だに、サンがソンヨンの元を訪れない事に気をもみます。ソンヨンが「急がしいのだろう」と言いますがヤン・チョビは「朝廷に、王子が産まれた事より、大事な事ってありますか?」って・・・。それは言えてるわ・・・。でも、サンにしてみたら、和嬪に気を使ったんじゃないのかね・・・。そして、サンがやってきます。サンはソンヨンに「この子を、世子とする」と言うのでした・・・。

実際に、和嬪とソンヨンじゃ無いにしても、同時期に子供が産まれたりしてるのかなぁ〜。まぁ〜、案外こういう事ってあるんだろうね。

BShiをみて:

チョン・ヤギョンがこもって紙の船を作ってるときに「お腹すいたぁ〜」って、言ってた辺りがBS2では、カットだったのかな?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/26  19:33 | 投稿者: Author

オイと共に玄莵城下に居るチュモンは、テソとヤンソルランの姿を見かけます。

ヤンジョンはテソに卒本はソソノをソンヤンに片付けさせて、そのあと、ソンヤンを自分たちで片付けるから、漢に組みしたらどうかと、言ってきます。しかし、テソは自分は扶余の王子だから、それは出来ないと断ります。ん〜?テソは野心家だけど、扶余の王子と言う誇りは捨てていないんだね。

ナロとプブンノで、玄莵城下を歩いていると、チュモンとオイの姿を見かけます。ナロはプブンノに「向こうは隠密にきているだから、静かにしておけ」と言います。

クムワはある所へ行くと、宮殿を出ます。

クムワが行った場所は、タムル弓がある所でした。洞窟の場所を、クムワとソンジュとかで見つけた所、なんか、前にチュモンが宮殿に繋がる裏道を見つけた時となんか似てなかった?

最初はソンジュひとりで洞窟の中に入って行きますが、恐れ多くて前へ進み出る事が出来ませんでした。

クムワが中に入ると巫女のピグムソンにあいます。ピグムソンの話しから、クムワはチュモンが扶余の災いなのだと知ります。

ユファに、イェソヤとユリをチュモンの元に返す様に催促されると、クムワは「イェソヤとユリが扶余とタムル軍の拮抗を保っているのだ」と言います。

ユファはクムワがイェソヤとユリを人質にしようとしてると解り、イェソヤに「なんとしても逃がす」と言います。

クムワと同じ様に、タムル弓を見に行ったチュモン。なぜか、折れた筈の、弓が元に戻ってます。そこへ、ピグムソンが現れて「タムル弓は扶余の物ではない」と言うのでした。

ちなみに、ピグムソン役は『冬ソナ』のチュンサン母役の人ね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2010/12/25  19:44 | 投稿者: Author

始まりました。フィギュア全日本選手権。

見事小塚崇彦選手、ショートプログラム首位に立ちました。ムッホ〜

2位の羽生結弦選手もどうなるか、気になるねぇ〜。しなやかな滑りが良いです。フリーではジョニ子デザインのコスチュームでまた舞ってくれるのかしら?

3位の織田信成選手、4位の高橋大輔選手は、残念ながらミスが出てしまいました・・・

小塚選手が優勝すると、親子での日本一は初めてだそうな。

それにしても、相変わらず、テレビ中継は男子軽視だな・・・。女子のショートプログラムはゴールデンでの放送なのに、何で、男子フリーは夜中なのよっ!

ネットだと女子のショートプログラムの結果出ちゃってるのね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2010/12/24  19:44 | 投稿者: Author

第19話

シンミはジョンホンから預かった指輪をジュンテに返します。しかし、ジュンテはその指輪をシンミにはめてあげます。

ジュンテの病室を出てから、指輪に気後れするシンミにソクボンが「おじさんは君のお父さんの過ちを許してるんだよ。目でみて解る」と言うのでシンミは「目でみて解るの?」と言います。するとソクボン「妬いてるの?」って。これがソクボンだぁ〜。そしてソクボンはシンミに「君を失うという過ちはおかしくたく無い」と言います。

ヨンダルはグィホに「ネックレスが2つある事を知ってたんだな?」と言います。ジュンテが鉱山のライセンスをもっていたのでした。

ソクボンとビョンドは急に日本との契約が反故にされます。そこへウンソクがやってきました。日本のナカムラさんは「フロンティアは鉱山をもってるんだ」と言います。

ヨンダルはグィホに「チョルミンはネックレスを渡していない」と言います。

シンミと飲むテヒはウンソクに婚約を破棄された事を嘆きます。シンミは「それは、先輩がテヒに本気になり始めてるからじゃない」って言うんだよね。

テヒはシンミのベッドでシンミと一緒に寝てしまいます。迎えに来た(?)グィホとジョンホンでこの2人の様子をみて「酒臭いなぁ〜」って・・・。お父さん2人にあきれられてどうすんよ

ヨンダルはグィホにネックレスの事を伏せていたのは「チェ・ソクボンが息子だと言う事を隠せるからな」と言います。

ソクボンはジュンテが描いた母の肖像画を見つけます。

最終回

ウォーなるほど。ジュンテとチョルミンでネックレスを作ったのはレアメタルを成功させると言う誓いのネックレスだったんだね。

ジュンテはソクボンのお母さんを運命の相手とジュンホンに言っていたんだね。もちろん、墜落した飛行機に乗らなかったってのも有るんだろうけど、ソクボンのお母さんが電話してたら、上手く行ってたんだろうね。

ソクボンはジュンテの描いた母の肖像画をグィホに見せて問いつめます。グィホはジュンテがソクボンの父親だと認めます。

そうそうちなみに、ソクボンのお母さんの絵はお母さんが寝てるときに、ジュンテが描いていたんだね。

どういう訳か、ユ室長からシンミにフロンティアが鉱山を売ろうとしてると連絡が入ります。

テヒとグィホが拉致されそうになり、通りかかったソクボンが助けます。また、ソクボンを守りたいシンミも参戦。これがシンミらしい。その後はソクボンがシンミを守ってたけど・・・。最後にウンソクが助けに入ります。そして、警察がやって来て、ウンソクも捕まります。誘拐教唆で・・・。

1年後、ヨンダルはなぜか梨園で働いています。

ウンソクに面会に来たテヒ。テヒはウンソクに以前ウンソクがギブスに“テヒ”としか書かなかった事を嘆きます。すると、ウンソクはテヒの手のひらに“テヒ”と書き、心の中で「愛してる」と言います。

ソクボンはジュンテと暮らしてます。

演劇を見る約束にソクボンが遅刻してシンミは「もう、待つのはいやだ」とソクボンに言います。ソクボンは舞台上でシンミの為に唄います。舞台から降りてシンミに自分のネックレスをかけてあげると「永遠に僕のものだ」と言ってキス。

韓国ドラマには珍しくソクボンのほうはシンミに「好きだ」とかそう言う事は言ってないんだよね・・・。

ソクボンとシンミ、べたべたし過ぎてない感じが逆にラブラブな感じがしてよかったです。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ