ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2011/2/21  19:31 | 投稿者: Author

第3話

顔面神経マヒのシニョンはバンソクの病院でみてもらいます。

ミンジェがシニョンに電話するんだけど何しろシニョンは顔面神経マヒだから、話せないんだよね。だから、シニョンはメールしてとメールするんだけど、事情が解らないミンジェは「ったく、電話してるのになんだよ」って感じなんだよね。

そして、ミンジェはテレビ局にいくと、シニョンの同僚にシニョンは口が曲がって、病欠してるって言われます。ミンジェとしては口曲がってるってなんだ?って感じなんだよね。

ところで、ダジョンの同僚で良いのかな?何、同時通訳中にメールしてるんだか・・・。それと、ダジョンはこの同僚の男に、結婚紹介所を紹介されて、いくんだけど「男と女では、条件が違う」と、年齢を理由に断られてるよ〜

シニョンをふったサンウは破談してました。サンウがシニョンに招待状を送ったのは、破談したのをみて欲しかったからなんだって・・・。

バンソクはシニョンにほの字になったみたいで「顔面神経マヒの人きてくれないなぁ〜」何て、可愛く独り言言ってるんだよねぇ〜。

ところで、霊媒師役の人が出てたけど、この人『ベートーベン・ウィルス』のヨンギだよ〜。

第4話

シニョン、ダジョン、ブギで霊媒師におはらいをしてもらいますが、シニョンからすると他社のテレビ局の人に撮影されてしまいます。逃げる時、ダジョンのマフラーが車のドアに挟まったままだったわ・・・。

サンウはシニョンをふったのに、結構しつこいねぇ〜。

そして、シニョン達が他社に撮影されたことがバレたけど、男の先輩が「シニョン達は撮影で行っていたと他社に説明したから流れない」と言います。その代わりに、シニョンの同僚はこの先輩に、特ダネを譲ります。

バンソクは「プレゼント」と言って、イギリスのお土産をシニョンに渡します。期待していたシニョンはそれが、チョコだと解りがっかり・・・。別にチョコでも良いと思うけどね・・・

また、バンソクもチョコを渡したことをミンジェに咎められ「せめて、スカーフとかをあげなきゃ」と言われます。まぁ〜確かに、そう言うのをもらえば、シニョンも喜んだかも。バンソクは「彼女は簡単に男になびく女じゃないんだ」と言うので、ミンジェは「自分が落とすから賭けをしよう」と言います。

ところで、例のシニョンの男の先輩は、結局、他社を止めなかったみたいで、シニョン達はお祓いに行ったのがテレビに流れました。シニョンはその男に「それで、特ダネ横取りしといて最低」と言います。ふたりのやり取りを聞いてしまったミンジェ。

シニョンはサンウに「お前なんか、ミンジェに相手になんかされない」と言われたので見返すために、具合悪いふりして、ミンジェにおんぶしてもらおうとします。

お互い、賭けで始まる恋だけど、本気になるってパターンってことなんだろうね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/21  13:21 | 投稿者: Author

ヒョヌクとセヨンは以前付き合ってたみたいな感じだね。

いやいやいや、酔っぱらったユギョンすごいね。ヒョヌクのロッカーで寝てるし

首になっても、諦められないので、出勤するユギョン。

シェフ達は反乱を起します。

厨房が廻らないので、ヒョヌクは食べに来てた、ジフン、フィリップ、ドクを厨房に入れて、まかなうことに・・・。時間が無いから、着替えないで、調理することになったんだけど、この中の1人はフェイクファーのマフラーしたままなんだよね・・・。油はねて汚れちゃうからとか言うより、あのマフラー長いし、火が燃え移っちゃうんじゃないかと、気になったわ・・・。何てったって、ぐらぐらの油の所に氷を入れちゃう様な人がいるお店だから・・・

キム・サンが準備中にも関わらず無理に「簡単なペペロンチーノで良いから、作ってくれ」とユギョンに頼みます。ユギョンは、ヒョヌクの目を盗んで作ろうとしますがバレます。

ヒョヌクとユギョンの作ったパスタを出前して、どちらが旨いかを賭けます。っていうか、ユギョンがキム・サンに出前するのを、ヒョヌクが何で知ってるのか謎。

そして、出来上がったパスタをキム・サンのオフィスにもっていきます。この時、ユギョンは岡持で、出前してたんだけど、何で、イタリアンのレストランで岡持があるのよ・・・。

そして、キム・サンの元に、セヨンがやってきます。まぁ〜、ヒョヌクとセヨンが、ここで鉢合わせするとは思ってないんだけどね・・・。

結果は、ユギョンのパスタは、味が廻っていないと言う理由で、当然ながら、ヒョヌクの勝ち。

ヒョヌクは「オレの厨房に女はいらない」と大声で言ったけど、これ、セヨンとのことが関係してるんだろうね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/20  19:43 | 投稿者: Author

ソンヤン陣営に「単身でこい」と言われたチュモン。ソソノ達は「ソンヤンは狡猾な男だから危険だ」と言いますが、チュモンは1人で、ソンヤン陣営にいくことにします。マリ達は、チュモンが危ないから付いて行くと言うけど、チュモンはそれでは、民を危険にさらすと、1人で向かいます。

そして、ソンヤンの陣営についたチュモンにソンヤン陣営は刀を渡さないと、ソンヤンにはあえないと言われます。もちろん、丸腰のチュモンに襲いかかる、ソンヤン陣営。しかし、弓を準備した所で、ソンヤンは攻撃をやめさせます。

そして、ソンヤンはチュモンと会談をもちます。卒本を戦わずして統一したいと言うチュモンに、ソンヤンは2つの杯を用意して「ひとつは水で、ひとつは毒だ。どちらか選べ」と言います。チュモンはひとつの杯だけを飲めば良いものを、両方飲みます。両方とも、水だったのです。私もそんな気がしたわ・・・。

ソンヤンはチュモンの気概を感じ、チュモンと手を結ぶことにします。

扶余にも、チュモンが卒本を統一したと連絡が入ります。

ヨンポなんか「チュモンには非凡なものを感じていたけど」って言ってたけど、本当かよっ。チュモンが非凡で、自分の地位が危ういからとか言う感じより、ただ単に憎くて邪魔だから、排除してた様な感じだったけどね・・・。

危機感を募らせたテソは、プブンノにチュモンの刺客として、向かわせます。

卒本を統一したチュモンたちは、今まで棚上げにして来た王を一体誰にするのかで、それぞれのおもわくがあります。でも、ソソノは、チュモンこそが、王だと言います。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/20  19:07 | 投稿者: Author

ヴェラの恋話あり

1995年凍死を、事故死として処理されたスローンの事件。

スローンの妹ミーガンが殺人課にやって来て、リリーに「10年前に事故死とされた姉が亡くなる前、“サムソンズ・タヴァーン”と言うバーで何か揉め事があったらしい」と再捜査を求めます。

ちなみに、このミーガンがヴェラの高校時代の恋人と言うおまけ付きです。

スローンは元はフィギュアスケートの選手でしたが、当時は、結婚もして、子供もいましたがアル中でした・・・。

バーにいた男が、スローンを、その最中を仲間に覗き穴から覗かせるために、連れて行こうとしましたが、その時、女警官が現れて、スローンは助かります。

この警官に話しを聞くと、スローンのことを当時、たれ込み屋として、雇っていたのです。それは、バーで働いてる男が、葉っぱを売ったりしてるからです。

バーで働いてる男は、アル中のスローンを首にしました。スローンはアル中なので、子供達を夫に取り上げられた寂しさもあり「何でもするから、働かせて」と頼みます。なんでもするは、ご奉仕だったのです。その最中、スローンをナンパしようとして、失敗したバーにいた男が戻って来たのです。だから、余計にこの男は、スローンを連れ去ろうとしましたが、スローンが大事にしてる犬にかまれて、逃げます。

スローンは自分のした事に、自己嫌悪で、ある人に「私やっちゃいけないことしちゃったの」と電話します。

リリー達は「夜中3時に電話しても良い男」・・・。それは、スローンが落ち込んでる時に、バーで名刺を渡した男です。

名刺の男は、スキだらけのスローンを助けると言う名で、やはり狙っていた訳です。しかし、名刺の男の考えは、スローンにもバレて、スローンが拒むと、名刺の男は、スローンを殴ったのでした。殴られたスローンはそのまま、凍死してしまったのでした。

ところで、ヴェラとミーガンは楽しく呑んだりして、ミーガンがヴェラをランチに誘うとしたけど、ヴェラは「もう、よそう」と言うのでした・・・。これで、良いんじゃないのかね。泥沼のヴェラのサイドストーリーもいらないし・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2011/2/19  19:27 | 投稿者: Author

フィギュアスケートの四大陸選手権。

台湾では、もり下がってるんだろうなぁ〜。地元の人が「え?そんなのやってるの?」って感じなんじゃない?だって、そんなにフィギュアが盛んて感じでも無いだろうし。だいたい私なんか台湾の選手知らないし。

台北アリーナでやってるんだよね。台北アリーナがどんなのか、よ〜く見てみた〜いなんて思いながらみてました。

いやいやいや、よ〜く見えます。ダッテ、お客様、全然入ってないんだも〜ん

そりゃ〜ヨーロッパ選手権に比べれば格が落ちるとは言ってもさぁ〜
日本から、高橋大輔選手 小塚崇彦選手 羽生結弦選手 アメリカからは、ジェレミー・アボット選手、アダム・リッポン選手が出てるんですよ・・・。そりゃ、アメリカのふたりだって世界選手権出られないから、こっちに出てるんだけどさぁ〜。

昨年、韓国でやった時、地元のキム・ヨナ選手が出ていなかったけど、お客様は入ってたよ。

多分、今回、観客は殆ど、日本人なんじゃない?それに、公式サイトでは、チケットに関することとか日本語で案内されてるし。やる気あるよね。ちなみに、アクセスは少々時間がかかるでやんす。

余談が長過ぎましたが・・・。

いやぁ〜、高橋選手のショートプログラムすごかったですねぇ〜。2位のアボット選手と大差ですよ。そして、僅差で、羽生選手。羽生選手の男性には珍しくしなやかな滑りが私は好きです。フリーでは例のジョニ子デザインの首の所びらびらのコスチュームなのかな?頑張れ

今回、小塚選手ショートプログラム・・・精彩かきましたね。最初のコンビネーションジャンプ失敗して、其のあとの、アクセルジャンプ、ステップからのジャンプでも、コンビネーションをつけることできなかったですね。気持ち切り替えて、フリーは頑張って欲しいなぁ〜。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2011/2/18  20:41 | 投稿者: Author

お店で騒ぎを起しウジュはテミンに「あなたの様な人はいらない」と言われ「必要とされる人になる様にします」と元気無く答えます。

元々ナムチョで働いていた女の人の元夫が宝くじを当てて子供達は、元夫の所に行ったので、彼女は落ち込みます。

彼女の状況が解らないので、彼女が遅刻して来たことをテミンは怒ります。つーか、あきれてて無視だったかなぁ〜?更に彼女は、シェフともケンカになります。この時、シェフがテミンに「1ヶ月なんて我慢出来ない」と言います。これを聞いていたウジュは「元々私たちは1ヶ月で切るつもりだったのね」と迫ります。

ウジュはお店の後片付けをしてる時、ワインのビンの香りをかぎます。更に、ウジュはビンを逆さまにして、何とか滴り落ちて来るのを呑めないかやってる所をテミンに見られます。

ウジュがワインに関心を持ち、ナムチョの時の顧客リストを見せてテミンにワインのことを教えて欲しいと頼みます。あっさり、テミンに断られますがウジュは「ラベルの見方もまだ解らないですけど」と言います。テミンは「ラベルの裏を見ろ」と言います。

ウジュはラベルをはがしたりして、ワインの勉強をします。

翌朝、ワインセラーの温度調節機が壊れていることが判明しました。テミンに「何時に戸締まりした?」と聞かれても、曖昧な返事しか出来ないウジュ。またもやテミンを怒らせてウジュはテミンに「やめろ」と言われてしまうのでした・・・。

テミンが使ってるPCはiMacだね。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/18  19:39 | 投稿者: Author

第1話

ハ・ミンジェ役:キム・ボム 『My Dream』『花より男子〜Boys Over Flowers』『エデンの東』
イ・シニョン役:パク・ジニ 『銭の戦争』『ストック:君に贈る花言葉』
ナ・バンソク役:チェ・チョルホ 『パートナー』
キム・ブギ役:ワン・ビンナ 『ファン・ジニ』『雪だるま』

冒頭『ナイスガイ』に出てたチョ・ハンソンが出ていました。

最近、多いアラサーの恋愛話みたいです・・・。

それにしても、シニョンはついてないわぁ〜。プロポーズされた日に、火事で取材にいくと、シニョンの彼氏は、なんと、女とモーテルにいるし・・・。しかも、彼氏は高所恐怖症で、上から飛び降りるのに、及び腰だし・・・

以前付き合っていた彼には、シニョンが仕事でワシントンに2年間行っている間に、ふられちゃうし・・・

ところでシニョンは取材先で、ミンジェがひいているギターがうるさいので、そのケーブルを切ってしまいます。そこから、話しが始まる感じ?

第2話

なんか『冬ソナ』で先生役の人いたな・・・。

どうでも良いけど、ダジョンがきてる服の肩パットがすごかったなぁ〜。

シニョンたらミンジェのギターのケーブルを切ったあと逃げて、追いかけて来たミンジェにシニョンの同僚は古典的パターンで「追ってた女の人はあっちの方へいきましたよ」と全然違うとこ言ってるし

あらら・・・ブギって20代は最悪なのね・・・。まさに皿洗いの20代って感じだわ・・・。

ブギの部屋にあるPCはiMacみたいだね

いやぁ〜笑ったぁ〜。シニョンが会った男の人は、こんにちはフェチなのかしら?シニョンにポーズとらせて「こんにちはって言って」って頼んでるんだもん

先輩に代わりワークショップをすることになったシニョン。ミンジェに偽物を売ってる輩の情報を聞いたシニョンは若作りして、その輩に会うんだよね。って、言うか、ミンジェに「若い格好して来て」って言われたのもあるんだけど・・・でも、なんか笑えたわ・・・。このシーン雪が残ってて寒そうだったね。

更にシニョンには災難が・・・なんと、顔面麻痺。アリエネェ〜。

なんか、このドラマは、キム・ボムが出てるから放送するって感じなのかな?別に、このドラマ、そんなに、面白いって感じでもないし・・・。話しがすすめば、はまるのかな?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/18  13:07 | 投稿者: Author

ソ・ユギョン役:コン・ヒョジン 『ありがとうございます』『サンドゥ、学校へ行こう!』『雪だるま』
チェ・ヒョヌク役:イ・ソンギュン 『コーヒープリンス1号店』のハンソン
オ・セヨン役:イ・ハニ 『パートナー』

ソ・ジョング役:チョン・ヤン 『カインとアベル』『エア・シティ』『春の日』『12月の熱帯夜』『フルハウス』
ユギョン母役(既に死亡):ソン・オクスク 『冬ソナ』チュンサン母カン・ミヒ『ベートーベン・ウィルス』ヒヨン

チョン・ホナム役:チョ・サンギ 『イルジメ一枝梅』『銭の戦争』
ミン・スンジェ役:ペク・ポンギ 『悲しき恋歌』
イ・ヒジュ役:ハ・ジェスク 『太陽の女』

クム・ソッコ役:イ・ヒョンチョル 『オンエアー』
ソル・ジュンソク役:イ・ソンミン『テロワール』でねずみ講の人だわ。
チョン・ウンス役:チェ・ジェファン『カインとアベル』『魔王』

なんか覆面記者役の人は『ベートーベン・ウィルス』でヒョッコンの妻役の人だわ・・・。

ユギョンはチェ・ヒョヌクを新しい後輩だと思っていたけど、実はシェフだったぁ〜の展開。

ぐらぐらの油の所に氷が入るシーン。あそこBSでやった時みたわ・・・。笑えるよねぇ〜。いや、笑えないか・・・。大爆発で・・・。

ユギョンとヒョヌクはユギョンが金魚を落とした場所で、待ち合わせするけど、プライベートでも、ヒョヌクは思いっきり上から目線だったなぁ〜。
 
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/17  23:47 | 投稿者: いい加減人

今回は、同窓会って感じだったな・・・。

ダグ、キャロル、ベントン先生に、ゲストにスーザン・サランドンまで出ていて、豪華だわぁ〜。もちろん、カーター先生も出ている訳だけど、このメンバーをみてるとこれがホント『ER』だぁ〜って感じがするわ・・・。

シアトルのメディカルセンターに心臓を受け取りに行ったニーラとサム。ニーラとサムがシカゴからだと知り、ダグが何処の病院かを聞きます。そして、ダグは自分も昔はシカゴカウンティで小児科のレジデントだったのだと話します。ダグが言う人の名前で、ニーラとサムが知ってる人は、ウィーバー先生と、アンスポー部長だけ・・・。ニーラとサムが言う名前は、ダグは知らないんだよねぇ〜・・・。時の流れを感じるわぁ〜。

シカゴには、心臓だけでなく、腎臓も受け取ることになりました。この腎臓はカーター先生に移植されるんだよねぇ〜。でも、ダグもキャロルもそのこと知らないんだよぉ〜。移植されたのがドクターだってのはあとで、聞かされてるんだけどね・・・。

その、カーター先生が待機しているノースウエスタンでは、ベントン先生がいて、カーター先生が移植される時、見学で、ついていました。

ところで、シカゴカウンティで、心臓を待っていたジョアニー。今度は移植が成功しました。

メガネっ子のダリアは髪切ったのね・・・。

子供を見つけたと連れて来た子。やっぱり、自分の子だったね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0

2011/2/17  21:03 | 投稿者: いい加減人

左鈞が車にはねられ、入院します

左鈞が小声で深深の名前を呼び、深深が左鈞の手を握る姿をみた偉易は「これで良いんだ。自分もこれで、失恋の痛みを知ることが出来た」と独り言を言います。

その後、暁光に会った偉易は「自分が失恋して、やっと君の心の痛みが解った」と話します。

暁光はイエローに偉易と長く話したけど、それは女の話しだったと、自分の今の胸の痛みを話します。ところでイエローが買って来たドーナツはミスドーだったね。

偉易は情緒不安定な美如に田舎の病院でみてもらうことを勧めます。

もちろん、その病院は例の病院な訳ですが・・・。

偉易は美如が診察を受けてる時、左鈞の病室の前にたっていると、深深が出てきました。

偉易と深深で教会にいきます。この時、偉易の青島の教会の絵はがきが落ちて、それを深深が拾います。深深は自分のはがきも出して、偉易にどちらかを選ばせます。偉易は選んだのは深深がメッセージを書いた方を選びましたが、読まずに、懐にしまいます。

その後、深深はあの“ラッキースター”の手の形をやります。この“ラッキースター”の手の形が壁に影が写り、これに偉易は気がつきます。戸惑った偉易は黙って教会を出ます。

その後、偉易は懐から絵はがきをだし、メッセージに気付きます。そこには“ギプスなのね。やっとあえたわ”と書かれていました。自分のことを深深は解っていたんだと気付いた偉易は急いで、教会に戻ります。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 台湾ドラマ




AutoPage最新お知らせ