ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2011/2/13  22:06 | 投稿者: Author

終ったぁ〜。貫徹。いかんせん長過ぎるぅ。韓国では、視聴率が良いと、話数をのばすみたいで、このドラマ、最初は60話だったみたいだね。60話でも日本人の感覚からすると長いわ・・・。

最後だから、特に取り立てて、どうって感じでもなかったのに、いつもより、短く感じたわ・・・。しかも、いつもより、5分長いのに・・・。

いきなり1800年になってたけど、一体どれくらいの年月が過ぎたのか解らないわ・・・

大分たったらしく、チェ・ジェゴンとか出て来てないし・・・

サンの嫡男として、コンがいます・・・。しかも、サンたら自分が英祖に課せられた「聖君とは何か?」の問いをコンにもしてるよ・・・。さすがに、コンがその答えを出すまではやらなかったけど・・・。確か、聖君とは、民を慈しむ心じゃなかったかな?

それと、チョン・ヤギョンと奎章閣の1人は官服が青から赤になってたな・・・。他の人は、まだ、青のままだったけど、出世が遅いのかしら?

あと、壮勇営での、訓練で、今回、奎章閣で赤い官服になった人と前に一緒に、武術が凄いことで出て来た人がいたね。まさか、最終回で、出て来るとは思わなかったわよ・・・。

本題・・・一応、今回、政治としては、サンたちは、都に貨幣が足りず困っているってことに対応に追われてたわ。それで、清国の貨幣を使っても良いってことになったんだけど、偽金が出回ったり・・・。

パク・タルホとマクソンは養子をとったみたいだけど、これが、昔のテスばりに出来が悪くて・・・

なんか、キム尚宮と、ヤン・チョビで「前世では水刺間の女官だったかも?」とか話してる所は笑えたわ

サンはソンヨンのお墓参りをします。

そして、サンは倒れてしまいます。サンが倒れたと聞いて貞純大妃は「なぜか喜べない」って・・・。ウソばっかり〜。

テスは、ソンヨンのお墓で「まだ、お連れしないで」と頼みます。病床のサンには、ソンヨンが現れ「ご自愛を早くしないからですよ」と声をかけます。

サンは意識を取り戻しますが、一時的なようで・・・。純祖王の上奏文とか言って、テスがサンに書類を渡してたから、サンは譲位してたんだね。上奏文に署名をしてるサン。

いきなり、純祖王が「亡き父は・・・」何て、テスに話してるから、サンが亡くなったシーンは無いね・・・。

テスは、サンのお墓参り。テス、今回だけで、お墓参り3回もしてるよ。ソンヨンのお墓に、サンと行って、そのあと、1人で行って。そして、サン。

幼い、サン、ソンヨン、テスで遊んでる所から(サンとソンヨンは手を繋いでて、それをテスが手を叩いて喜んでるんだけど、いくら子供とは言え、正直、テスのこの扱い可哀想だわ・・・)大人のサンとソンヨンになって手を繋いで走ってて、宮殿の前で仲良くやってる所で終ったわ・・・。ってか、エンディングだったけど・・・。

むしろ、最後は貞純大妃が満を持して出て来る絵づらでも良いんじゃないの?

BShiをみて:

武術がすごい人が、サンの執務室で話してたシーンは、BS2では無かったんじゃないかな?

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

2
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/13  20:07 | 投稿者: Author

な〜んか。屋根に雪がつもってたにゃ〜。

ユファやイェソヤ達が宮殿を抜け出したことを知ったクムワは、すぐに捜索隊を出します。なんか、ナロとソンジュが一緒に捜索してるのが、何とも不思議な光景。

ユファ達は、国境近くで警備が厳しく困っていると、チョン大人を見つけます。ユファはチョン大人に「チュモンに会うために、卒本まで、連れて行って欲しい」と頼みます。

チョン大人の商団に紛れ込んだユファ達たちだけど、ナロの捜索隊に見つかり、扶余の宮殿へ・・・。

クムワから、チュモンと内通してると疑われたチョン大人は拷問されるはめに・・・。

また、以前チョン大人に古朝鮮の本を売ってしまったヨンポは、このことがバレては大変と気が気でなくチョン大人の処分をテマジンに頼みます。そして、テマジンはナロに代わりに拷問すると言い、棒でチョン大人の頭を殴るのでした。チョン大人は死亡してしまったので、ナロは唖然。それにしても、チョン大人、ただ単にユファ達に手を貸しただけなのに、こんな目に遭って、気の毒だわ・・・。そうそう、テマジン役の人って『初恋』に出てた人だよね?

チュモンの元にも、ユファ達が宮殿を出たけど、捕まったと報告が入ります。

チュモンは戦うことなく、卒本を手に入れようと考えていました。しかし、ソソノに「そんな簡単だことでは有りません」と言われます。

そして、チュモンはヨンタバルにそれぞれの君長の特徴を聞くのでした・・・。

どっかの君長役の人『イ・サン』の老論派の人だわ・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/2/13  19:32 | 投稿者: Author

1982年に、元外科医スティーブンの妻リンジーが殺された事件。

スティーブンが保険金目当てで、リンジーを殺したのだと、逮捕され23年獄中にいるも、本人は無実を訴えていました。スティーブンは「銃声が聞こえて、階下に降りると、金髪の女性と黒髪の男性が逃げていた」と言っていたのです。

有る殺人事件の捜査から、スティーブンの指輪が見つかります。

そこから、再捜査することに・・・。

スティーブンは逮捕される前、友達のアランを医療過誤で、死なせてしまっていたのです。アランの妻ダイアンから、訴えられ、医師免許は剥奪され、生活はどん底に・・・。

リンジーは生活のために、知り合いの美容院で働き始めることに・・・。

美容院の人と飲んでるときにリンジーは「もっと稼げる仕事がある」と言って来る男がいて、リンジーは自分の家のキッチンを1日だけかして、メタンフェタミンの工場に・・・。買い手の男が現れた時、リンジーは「その値段では売らない」と突っぱねます。

リンジーは意外とキモの座った女でした。この買い手の男と組んで、自分の家にある高級品(なんか狛犬とかね)を盗ませて保険金をとろうと考えたのです。でも、男がリンジーの体を求めても、リンジーは突っぱねたので、この話しは流れたかに思えました。

リンジーは思い直し家を売ってスティーブンとやり直そうとしたや先、メタンフェタミン男と美容院の女が金髪のカツラをつけて強盗をしようとやって来たのです。リンジーは2人を帰すために「かえって」と言う言葉だけでなく、いつも、自分を助けてくれた美容院の女を傷つける言葉を投げつけたのです。逆上した美容院の女は、スティーブンの銃を使いリンジーを撃ったのでした・・・。

ところで、ヴァレンズはリリーの妹とのことについて、ヴェラに「警告は一度したから、もうしないよ」と言われたね。ヴァレンズはリリーの妹と遊びの関係では無さそうだけどね・・・。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

0




AutoPage最新お知らせ