ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2011/4/10  22:03 | 投稿者: Author

トンイ役少女時代:キム・ユジョン 『ロードナンバーワン ROAD NO.1』『天使の誘惑』『タムナ』
チェ・ヒョウォン役:チョン・ホジン 『クリスマスに雪は降るの?』『雪の女王』
チョンス役:ぺ・スビン 『天使の誘惑』『華麗なる遺産』『朱蒙〜チュモン〜』

オ・テソク役:チョン・ドンファン 『パスタ〜恋が出来るまで』『アクシデント・カップル』『魔王』
オ・ユン役:チェ・チョルホ 『恋愛マニュアル〜まだ結婚したい女』『パートナー』『千秋太后 チョンチュテフ』
ホン・テユン役:ソン・イルグォン 『イ・サン』

明聖大妃役:パク・チョンス 『宮廷女官 チャングムの誓い』『初恋』『ホジュン 宮廷医官への道』
チャン・イゴン役:イ・ジェヨン 『イ・サン』『銭の戦争』『朱蒙〜チュモン〜』
ソリ役:キム・へジン 『IRIS アイリス』

ケドラ役:チェ・スハン 『スターの恋人』

後々、知ってる人が出て来たら、また書きます。

流れでね、NHKがコレをやると思ったわ・・・。もちろんイ・ビョンフン監督ってのもあるけど『イ・サン』のお祖父さんの英祖の母を描いてるのがこの『トンイ』なんだもんね。

初っぱなから『イ・サン』チャン・テウ『朱蒙〜チュモン〜』大使者出て来てるし・・・。直後に『朱蒙〜チュモン〜』のサヨンが・・・

それと『冬ソナ』サンヒョク父。ここでも悪役だわぁ〜。吹き替えも『冬ソナ』と同じ方。

『チャングムの誓い』の女官長も出てますがな・・・。

トンイの父チェ・ヒョウォン。まさか、この役の俳優さんが、ただの賤民の訳無いと思ったわぁ〜。

そうそう、オ・ユン役のチェ・チョルホ。この方、私、最近、休み無くみてる感じだわ・・・

人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/4/10  19:54 | 投稿者: Author

卒本とタムル軍に負けた扶余と漢の連合軍。

チュモンは扶余の民の苦しみを思い扶余を援助しようと考えます。そこで、誰が交渉役として、扶余にいくか?と言う事になる訳ですが、ソソノが自らいくと言います。チュモンは危険だと案じますが、ソソノがいくことに・・・。

ソソノは扶余の宮殿につくとサヨンに「私がクムワ王に謁見してる間に、ユファ様になんとしてもお会いして」と頼みます。

ソソノはクムワに会いチュモンが扶余の民を援助したい事を話します。

クムワがテソに相談すると、テソは「コレを利用してチュモンを殺しましょう」と言います。

そして、テソはソソノにチュモンが扶余に来る様に言うとソソノはきっぱり「チュモン大将の安全が補償されていないのにそれは出来ません」と断ります。なので、テソは「ならば、王が卒本に行けと言うのか?」と言います。ソソノは「それも違います」と言い、お互いに中立の場で交渉する事を提案し、テソが新たに国境地帯をではどうかと話し、交渉が成立します。

ソソノがクムワ達に拝謁してる間、サヨンはソンジュにユファにあわしてくれる様に頼みますがソンジュに「ダメなものはダメです」と断られます。すると、サヨンは「昔のよしみで、せめてコレを、ユファ様にお渡ししてくれ。チュモン大将は、まだご自分のお子様にあわれていない。コレは、絹だ。コレで、ユリ様の物をユファ様に作って欲しいと言う親心まで突っぱねる事は無いだろう?なんなら、中身を確認しても良い」って、情に訴えてるよ〜。

ソンジュはユファの所に現れて「チュモン大将からのお届けものです。私は見なかった事にします」と言い、去ります。ユファが中身を見ると、その中に、宮殿の抜け穴の地図が入っていました。そんな所だと思ったよ・・・。ソンジュは中身を確認しなかったのかね・・・。それとも、見なかった事にするというのは地図の事なのかな?

戻って来たソソノはチュモンに「ユファ様には、宮殿の抜け穴の地図をお渡ししました。必ず、お会い出来ますよ」と言います。

ユファの侍女は、テソが護衛隊にチュモンの首をとる様に鼓舞してる所をみてしまいます。

そして、ユファ、イェソヤ、ユリは脱出。

クムワは3人が宮殿を抜け出した事を知り、ナロ達に追うように言います。

逃げ出したユファは途中、自分が追手を引きつけるから、イェソヤにはユリと共に逃げる様に言います。戸惑うイェソヤでしたが、結局、二手に別れる事になります。

ユファと侍女はナロ達に捕まります。ナロは「イェソヤは何処だ?」とユファと侍女に聞きますが、答えず、侍女は斬られます。そして、ナロはソンジュに「ユファ様をお連れしろ」と言います。ナロはイェソヤの事は呼び捨てなんだね。敵将の妻だから?

連れてこられたユファにクムワは「いずれ、チュモンにあわしてやると言っただろう」と言います。ユファは決然と「王様は、もう英明では無くなりました。チュモンを殺そうとしている事も見過ごしていらっしゃる」と言います。クムワは「はっきりと言った筈だぞ。私の元から去る事は出来ないと」と言いますが、ユファは「ヘモス様と、チュモンが古朝鮮を取り戻そうとしてる事に手を貸す」と言います。結局、クムワはユファをきるのでした。

逃げたイェソヤは、途中ファン大人(?)に、見つかりイェソヤは「見逃して」と頼みますが、ファン大人は「女と子供だけでは、生きていくのは大変だ」と救出します。コレが、どうなっていくのか気になる所。

チュモンは、オイたちに「ユファ様とイェソヤ様が亡くなった」と聞かされます。

人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2011/4/10  19:21 | 投稿者: Author

今回は1932年にトラックが川に落ちた事件。いくらコールドケースだからって、どんだけ古いんだよっ!実際、ヴァレンズ達も1番古いみたいな事言ってたな・・・。

デラウェア川からトラックが引き上げられ、そこに死体があった事から、捜査が始まります。

トラックの持ち主カーティスに話を聞くと「死体は妹のローズだろう」と話します。

カーティスはローズとは70年連絡をとっていないから、死んでる筈だと言っていたけど、ローズは生きていてニューヨークにいました。ローズは酒場の黒人女性と仲良くなった事を話します。しかし、その女性には、他に付き合っていた女性がいて、ローズが現れた事で、ローズを目の敵にしていたようでした。

ローズには当時付き合っていた男性がいたけど、ローズと黒人女性との付き合いに関して、認めていませんでした・・・。

黒人女性は詩が好きで、ローズも影響を受けていました。

黒人女性は男性に暴力を受けて、ローズが手当をしました。この時、ローズは黒人女性に対して、友達以上の物を感じているとはっきりと自覚する事になります。そして、ふたりで「逃げよう」と・・・。

しかし、ローズと黒人女性にはニューヨークに行く資金は無く、ローズは、カーティスのトラックを使い、カーティスが禁酒法の最中作っているお酒を盗む事を提案します。

黒人女性がお酒を盗んでいるとカーティスに見つかり、ローズは見逃してくれる様に頼みますがカーティスは「両親が居なくなって、ローズをいい子に育てようと思っていたのに」と言います。そして、カーティスはローズに車から銃をもってこいと言います。ローズはもって来た銃をカーティスに向けて、黒人女性と共に逃げます。

カーティスはピストルをもって、ローズとカーティスが乗るトラックを追い、ピストルをぶっ放します。追われたふたりは「永遠にふたりで居たい」と言い、トラックごと川に落ち心中を図ったのでした。しかし、ローズだけが助かってしまったのです。

リリーにローズは「許されない仲だった」と言いますが、ローズは「時代が許さなかっただけ」と言います。

人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0




AutoPage最新お知らせ