ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2012/1/31  23:00 | 投稿者: Author

フィソンを連れてきてと言うミジャに「別れた」と話すジェヒ。

ジェヒにノ所長から電話があり2人はあいます。

ノ所長はジェヒに「愛情は受けた人じゃないと注げない。君は父から愛情を受けていないことが不安なんだ」と胸の内を明かします。ジェヒは「自分は父と呼べる人がいないことがコンプレックスで、フィソンにあうまで不安でした。しかし、フィソンにあったみたらその不安が解消されました。実は昨日父に会ったんです。初めて“父さん"と呼んでみました。心が温かくなりました」と説明し、フィソンを実の子の様にして育てると約束します。

ノ所長はジェヒを連れて帰ってきました。居間にはシワンもいます。ところで、シワン、テワン、すごい派手なピンクの服をきてたね。家族の前でノ所長は「いままでクムスンを嫁に行かせたくなくていやな思いをさせてしまった」と切り出し、クムスンがフィソンを連れて結婚することを許します。

その後、喜ぶ、クムスンとジェヒ。ジェヒは「恨んだこともあったけど、クムスンの言う通りクムスンの家族は本当に良い人たちだ。これからはクムスンを信じて、話しを聞く」と言います。完全にクムスンに骨抜きにされたジェヒの構図。それとジェヒは父に会って「父さん」と呼んだことも話します。クムスンがどうやって父に会ったのか聞くと、ジェヒったら何も言わず、クムスンにキスしてるよ〜。

ソンランは、ウジュが何も言わず出掛けていったことを叱るとウジュから「ママもだまってでて行った」と言われます。ソンランはその後、一緒にすめなくなったいきさつについてウジュに話します。ウジュは「知ってます。でも、どうして会いにきてくれなかったんだ」と言います。言葉を失うソンラン。ウジュの心の傷は癒せるのでしょうか?


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2012/1/31  21:20 | 投稿者: Author

「宮中に戯れ言無し」の意味は治せなかったときは手首を切り落とす意味だと知らされたホ・ジュンだけど、いまは恭嬪の弟の病を治すことに全力投球するしかありません。

期限の5日が近くになっても、恭嬪の弟の状態は良くならないので、回りの皆は気をもみます。

ホ・ジュンを快く思ってない連中はホ・ジュンがしくじることを望んでるけど、それっておかしく無い?それよりも患者サンが治ることを祈るのが医官、いや、人としてのつとめじゃない?

そして、とうとう恭嬪の弟は吐血に、血便まで出てきて本当に良くなっているのかとみんなはホ・ジュンに対して不信感を募らせます。でも、私でも、これって良くなってる症状だと思ったわ・・・。

そして、期限がきても症状は良くならないので、ホ・ジュンの手首は、切られることに・・・。しかし、キム・マンギョンたちはヤン・イェスに「もう少しお待ちを〜」と頼み込みます。しかし、受け入れられず手首が切り落とされそうになったとき、恭嬪殿から人がきて「お待ちを〜。治りましたぁ〜」と連絡が入ります。

ホ・ジュンに礼を言う殿下、恭嬪、恭嬪弟。恭嬪は「未熟な弟の言葉を信じて、そなたの治療を信じなかったことを謝る」と言います。つーか、恭嬪の弟は治ったのにあれだけ悪態をついていたことの謝罪は無いのかよっ!やりたい放題だなぁ〜。

ホ・ジュンは賜饌が出ることに・・・。

途中、ホジュンへダヒから届いた荷物に中に漢詩がかかれた手ぬぐいをみて、ソヒョンとイェジンが感動してたシーンが良かったね。李白の詩なんだね。ソヒョン役の女優さんは『イ・サン』では悪役だけど、こちらでは良い医女だわぁ〜。

この回って、先日のファンミで名場面の1つになっていたような・・・。


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2012/1/31  18:54 | 投稿者: Author

あれ?今回、テギュが出てきてなかったなぁ〜。

夢遊病のパランがボヤ騒ぎを起しガンハに怒鳴られたパルガンは「子供が怪我をしてるのに」とビンタします。パランは責任を感じ「悪いのは自分であって、お姉ちゃんを許して。ここに住まわせて」とガンハに懇願します。

酔ったジェヨンをジェヨンの車で送ったジュンハ。ガンハにふられてばかりで思わずジェヨンはジュンハにもたれます。帰るジュンハの背中に向かってジェヨンは「あなたを好きになれば良かった。優しいし」と言います。なんかこれ、ジュンハには残酷な様な・・・。ジェヨンはジュンハの気持ちに気付いてるかどうか知らないけど・・・。まぁ〜私だったら、明らかにジュンハだけどね

あらら、ジェヨンの母ったらJK保険の会長の病室に盗聴器を仕掛けてるよ〜

パルガンは、前回のおばあさんの為に歌を唄い病院を出た所で、ガンハに会い、ガンハの車に乗せてもらいます。ここから、ガンハの災難が続きます

パルガンはトイレに行きたくなり、トイレに向かいます。その間、ナムが大をウンチしてしまいガンハがおむつを変えますがなれない手つきでやるので、自分のワイシャツに大がついてしまいます。

ガンハはワイシャツを捨てると言うけど、パルガンはもったいないと、トイレの洗面台でワイシャツをあらい、手温風乾燥機で乾かしてるよ〜

そして、2人は車があった場所に戻ると車が盗まれていました。

そこで、電車で帰るパルガンとガンハ。ここでガンハは酔っぱらいから吐瀉物を浴びせられてしまいます。先ほどと同じ様にパルガンがガンハの上着などをトレイの洗面台で洗うんだけど、今度は、手温風乾燥機が壊れてたぁ〜。ガンハは濡れたままの服を着るはめに・・・。

風邪をひいてしまったらしいガンハの為に氷袋を用意するパルガンだけど、ガンハにもっていくのには二の足を踏んでしまいます。そこへジュンハがかえってきたので、パルガンはジュンハに頼みます。

ガンハに氷袋をもってきたジュンハは「パルガンさんは兄さんに気をもんでたよ」と教えます。

ガンハの為にレモン水を作るパルガンにジュンハは「まだ、兄さんのこと好きなんだろう」と言います。パルガンは「ナムが大学いくまで母になると決めて、女は捨てました」と答えます。そんなパルガンがジュンハは、けなげに感じたんじゃないかな?

JK保険の会長は、ガンハに長男の子供である孫探しを依頼します。でも、盗聴器がついてるので、ジェユンの母に筒抜け。

パルガンが以前住んでいた町のバス停でパルガンと、JK保険の会長は偶然再会する事が出来ました。


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2012/1/31  15:07 | 投稿者: Author

結婚式に新郎のテウが現れないので、“使い捨て男子クラブ”のドクスをヒョンジュは呼ぶことに・・・。式で指輪の交換とかキスとかどうするんだろうね。

その後、ホテルの部屋で楽しむ、ヒョンジュ、イニョン、ソヨンのお三方。ヒョンジュは、新婚旅行の手配もしてあるのでと、何食わぬ顔をして、旅行に旅立って行きます。

ソヨンは、取材されることになり、その編集者が居る会社へいくと、その編集者こそが、先日見かけた妊婦さんだったのでした。編集者に「夫が結婚していると知って、関係をもったのだから姦通罪で訴えてやる」とソヨンは言われます。

状況を知り、ソヨンに「奥さんを傷つけた」とイニョンは責めますが、ソヨンは親友なんだ思い直しなぐさめます。ソヨン・・・寂しいのは解るけど、やっぱり、そりゃ、いかんよ・・・

ソンスがマンションを内緒で買ったので、イニョンは面白くありません。でもまぁ、イニョンは、お祝いにコーヒーメーカーを買います。押し掛けてきたガンヒはイニョンでは高くて買えなかったエスプレッソマシーンをもってきます。しかし、ソンスに「イニョンの家にあるのとお揃いだ」と言われて、嬉しいイニョン。しかし、ソンスがガンヒに冷たくしてても、イニョンは不安な気持ちが募ります。

ヒョンジュはテウに仕返ししようとしてるようです。

このドラマ、ソンスとソヨンがJEEPにのってるわね


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ

2012/1/31  14:26 | 投稿者: Author

ジョンワンの納骨堂を訪れたジョンシムは「あなたに寂しい知らせが有るの。クムスンは優しい子だから、私たちの為に結婚しないって。あなたもあの子を送り出してあげた方が良いでしょう?」と語ります。

その後、ジョンシムは公園で遊ぶフィソンをみながらノ所長に「私今日、ジョンワンの所に行ってきたの。クムスンは、私たちの為に別れるって」と話します。ノ所長は「クムスンがそう言ったのか?」と聞きます。クムスンがそんな事言う訳無いじゃんね。ジョンシムは「口では言わないけど解るの。ジョンワンは心の中にいる。フィソンがノ・フィソンでも、ク・フィソンでも良いじゃない。私、テワンをあなたの実家に2年預けたときあるでしょう?すごく気になってた。いつも賢明な判断をするあなただから、今回もそうしてくれると信じてる」と言います。なんか、ジョンシムは吹っ切れてノ所長を説得する姿は良かったですね。

その後も、ノ所長はおそらく頭では解っていても、クムスンを送り出す踏ん切りがつかないのでしょう?夜クムスンが髪をきる練習をしてるのに、肩を落として座り込んでる姿をみても、どうも、ノ所長は声をかけられないんだよね・・・。

クムスンが家の門をあけようとすると、クムスンに声をかける女の子がいました。ウンジンでした。クムスンはその子がウンジンだと解ったようです。ウンジンは「ママや私が楽をしてる間に、大変な思いをさせてごめんなさい」と言います。ウンジンはこういう考えが出来るのに、何でウンジュはこういう風に考えられないのかしら?クムスンは「そう言う、素直なあなたが好き」と言います。

ミジャはジェヒの父が今夜6時のバスで発つとジェヒに連絡だけします。

あうつもりは無いジェヒでしたが記事の中で記者に「内科医なのに、なぜメスを置いてるのですか?」と聞かれて「会ったときに渡すため」とジェヒの父が答えてるのを見かけて、バスターミナルに行きます。ジェヒのお父さんは、ジェヒが外科医だと言うことを知ってたんだね。

ジェヒの父はチャン医師の研究室で会った青年が自分の息子だったのだと知り、また、其の時点でジェヒが自分を父だと解っていたことも知ります。バスにのる父にジェヒは「父さん」と声をかけ「気をつけて。父さん」と言い、2人は抱き合います。

家に戻ったジェヒはミジャに「何で、あの人を愛したのか解るような気がする」と言います。

その後、食事の時ミジャは「今度、クムスンの息子を連れてきなさい」と言いますが、ジェヒは「すまない、母さんが一大決心してくれたのに」と言います。


人気ブログランキングへ
PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
blogram投票ボタン

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ