ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2013/5/19  22:01 | 投稿者: いい加減人

陽明君はフォンにウォル(ヨヌ)を罪人にしたことを責め、自分は自分の地位を捨ててでもウォルを守る覚悟が有るのに、フォンには捨て身にになってウォルを守ろうとしていないと言います。

ウォル(ヨヌ)を呼んだポギョン。ウォルがヨヌにそっくりなので、ポギョンは驚きます。

ノギョンに自分の死のせいで父は自決したと詰め寄るヨヌ。あれ?ホ・ヨンジェはヨヌが仮死状態になると知っていたいんじゃないの?ノギョンは「生け贄が必要だった」と説明します。其れが、ミナ王女だと知るヨヌ。ノギョンは「生け贄が居れば、邪術で、お嬢様が亡くなったと言うことを大王大妃様は口封じが出来るとお考えになったからです」と事情を説明します。

フォンの方も徐々に真実近づきつつ有ります。ノギョンを呼んで「跡を継ぐ巫女を選んだのはいつだ?」と聞きます。ノギョンが「8年前」言うので、フォンはヨヌが亡くなった時期と重なると感じます。其れと、ノギョンは「邪術を使えば、邪術を使った者も死ぬ」と説明します。

そして、フォンはホン・ギュテが「死体が温かかった」と言っていたことを思い出し、死んでいなかったのでは無いか?と思うようになります。

ホン・ギュテがホ家の使用人に話しを聞くと、ヨヌのお墓を翌日見に行くと掘り返されていたと言われます。また、この時ホン・ギュテはソルの姿を見て、自分が捜索するとこするとこに、ソルの姿が有ることに気づき、この二点をフォンに報告します。

そして、フォンは、ノギョンを再度呼びつけ「嘘偽りを申すな」とした上で、ヨヌが死んでないことを聞きます。小さくうなずくノギョン。

どうでも良いけど、活人署に戻ったヨヌの服はやけに奇麗になってたな・・・。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ