ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2015/1/16  20:16 | 投稿者: Author

チャンゴンサン役:ヤン・ジェウォン 『笑ってトンヘ』『天命』『初恋』

トヨンは港で、祝賀使臣として高句麗にきたアシンと再会し、アシンが百済に戻る時に、一緒に船に乗せてもらう事になりました。

捕虜送還問題で会談する人をタムドクはヨソッケを指名。え?ヨソッケも、自分よりファンフェ、ヘモウォルとかの方が適任じゃないかって・・・。でも、タムドクは捕虜送還は、道理にあわないため、ヨソッケの様な正直なものの方が良いと考えた訳です。

で、会談で・・・。高句麗の要求は無礼だと言う百済側に対して、ヨソッケは「捕虜を家族に帰したいんですよ」といいます。タムドクの狙い通り、百済側は意表をつかれて驚いた顔のまま、チンムが「情で話すものではない」と言います。ヨソッケの話しに回りに居るサガリョンとか笑っていたわ

アシンは「王は民の事を考えている様だが、なぜ会談に出てこない」と言うので、ヨソッケは「王様を前にして・・・」と言ってしまい・・・。タムドクは来れないと言っていたのにバレてもうたぁ〜。ヨソッケの事だから、ぽろっと言うと想ったわ・・・。

タムドクとアシンの会談では、お互いハラの探り合いになっていたけど、結局、アシンは捕虜送還に同意します。

帰す捕虜の中に船のこぎ手だけでなく、船大工も居ると知って、技術流失が怖いプヨホンは頭を抱えます。そこへ、後燕のモヨンヒがやって来て、信義を守りつつ船大工を帰さず、高句麗の奴隷を混ぜる事を提案します。

これに乗ったプヨホン。しかし、簡単にこの策略は高句麗にバレてしまいます。どうせ、証拠なんか無いはずさと高をくくるアシンだけどファンフェが捕虜になった人の名簿を突きつけます。プヨホンにご立腹のアシン。

プヨホンはタムドクの前で死んで責任をとろうとしましたが、タムドクは「この気持ちは本心だと伝わった」と、プヨホンの命を助けます。

アシンはタムドクに対して赤っ恥をかかされた挙げ句、手強男であると改めて知らしめされるかたちになりました。今回のエンディングは、このアシンの屈辱に満ちた顔のドアップでした。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2015/1/16  18:59 | 投稿者: Author

司会役:キム・ソヌン 『ファンタスティック・カップル』『太陽の女』『ドリームハイ2 Dream High』

社長選任の投票が行われる臨時株主総会の朝、スエが「お姉ちゃんが新聞に載っている」とみていて、それは、ユンジェとヨナが不倫していると言う記事でした。前に、ミンジャがどこかに電話してたけど、この事よね?

それをみたチョ女史はミンジャの仕業だろうと電話しますが、ミンジャはしらばっくれられます。だけど、インソク「そこまでするかぁ?」みたいな感じで・・・。案外インソクのんびりしてるのね・・・。

で、選任投票で、ユンジェとガンウクが同票だったので、三ヶ月後に実績をみて、再投票と言う事になりました。

投票のあと、チョ女史とユラが、記事の事で、ミンジャを責め立てるので、ガンウクは事の状況を知ります。っていうか、ガンウク、新聞を読まないのかしら?

ヒェ〜。パク刑事、鬼だね・・・。まぁ、今更始まった事じゃないけど・・・。テヤンたちがイギリスに渡った時、同じ様な家族構成で、同じ時期にイギリスに、しかも同じように偽名で渡り、ホテルの火事で亡くなっていて・・・。これを、テヤン家族にすり替えたと、ユラに報告。

ヨナにはテヤンが亡くなったと連絡が入ります。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2015/1/16  16:11 | 投稿者: Author

いつも、ノールリーブのヒョンジンだけど、今回、さすがに上に羽織ったりしていたわ・・・。

ユニは、皆が寝ている中、家を出て行きました。

夕べ、ジミンがジョンホから別荘を渡されたのをみたカン女史はジミンに「今日は、機嫌がよさそうね」と言います。そして、ジミンに別荘の権利書と、印鑑を渡すように言います。

ジョンホは別荘を売りに出されたと知り家に戻ります。すると、ちょうど、ジミンがカン女史に「実家に何か有っても、ジョンホを援助を頼むな」等と言われている時でした。

ジョンホがジミンを庇い「愚かにも1人で耐えていたんだ」等々、言いますが、カン女史は「これがこの女の魂胆なのよ」って・・・。そして、カン女史はジミンに「思い通りになって気が晴れた?」と言います。

ユヌからのメールで、ユニが家を出たと知ったジミンは実家に帰ろうとしますが、カン女史に「出て行ったら、二度と家には戻れない」と止められます。しかし、ジミンは振り切り出て行こうとします。ジミンは何をされてもしょうが無いと想うけど、カン女史やり過ぎだわ・・・。

ヒョンジンを傷つけた事には悪かったと想うテヨンは、ジミンは女である前に妹だし、お祖母様から仕打ちを受けているのをみて黙ってみている事は出来なかったと説明します。

ヒョンジンは「お祖母様は、ジミンさんに優しいわ」と言うけど、テヨンは「お祖母様がどんな人か解るだろう?ジミンはお腹のコの父親がオレではないかと疑われている。お祖母様は自分が信じる事が正しいと想う人だ」と言います。そうなのよねぇ〜。今のジミンにカン女史はこじつけとしか想えない様な事とか言って来るし・・・。

それで、テヨンはジミンと離れた方が良いと考え、ヒョンジンに「アメリカで出直そう」と言います。

ジョンウォン、カン女史、コンドル、コンドル祖母で食事。カン女史はコンドルに「娘のどこが良いの?」と聞きます。コンドル「力持ちなところ、声は大きいところ。賢そうに見えて、そそっかしいところ」とか言うから、コンドル祖母「褒めなさいよ」と渋い顔しててワロタ


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2015/1/16  15:04 | 投稿者: Author

チャン・ヨンギ役:イ・ジョンネ 『パラダイス牧場』『ラブレター』『危機一髪!プンニョンマンニョン』

ゴンリャンは王妃選びで、親友のチャン・ヨンギの娘が選ばれて欲しいので、ドジに「信城君が亡くなった時もお前を責めなかった。御医になるのはお前だ」と、返り咲きをだしにドジに話します。なんか、いかに、朝廷が王で無く回りの思惑で動いているかって感じのエピよね・・・。

しかし選ばれたのは対立候補のキム・ジェナムの娘。安穏としていたゴンリャンはこれに驚き「どういう事なんだ?」とドジに詰め寄ります。ドジは「私は一介の医官に過ぎず、政治に関わりございません」と返します。ドジが改心したのも有るけど、使い捨てにされるのはごめんだって言うのも有ると想うわ・・・。

医書の編纂のために明の書物を研究したいジュンは、明へ発ちます。

王妃が懐妊しましたが、足に浮腫ができ、ドジは原因が解りません。

そうこうしているうちに、王妃の浮腫が悪化し、王はドジに「信用出来ない」と言います。ハイ、出たぁ〜。ちょっと不満が有るとご立腹で、上手くいくと持ち上げ。

明の使者が来たので、使者に随行している医官にみてもらうのはどうかと、重臣たちから話しが持ち上がります。

今回、おかしかったのが、ギョムが「結婚するならオンニョン姉さんが良い」と言ったのに、当のオンニョンは、ハマンたちが推した縁談相手の医者マンドクを気に入っちゃってるよ〜・・・。え〜?前作では、ギョムはきっぱりオンニョンには断っていたよね?それで、オンニョンはいやいや別の男と結婚していた様な・・・。

ギョムお坊チャマまさかの失恋ですよ・・・


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ