ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2015/10/25  19:31 | 投稿者: Author

ムン・ヨンスク役:イ・グムジュ 『狂気の愛』『JUNGLE FISHジャングル・フィッシュ』『カムバック マドンナ』

ヨンテクは観念したようで、検察で「すべてお話します」と言います。

ミジャを海外で治療出来る様、ジヌに願いしたギョンジュだけど、こちらも、それが無理だと悟ったようで、取り引き無しに、ミニョクの元へケイカンパニーの資料を送付します。ミニョクはこれを弁護士に見せると「それを必要とする人に返す」と言います。

ミニョクがそれを返す相手はもちろんギョンジュでした。ギョンジュは「それは私の気持ちだから」と言いますが、ミニョクは「それを検察に提出すれば、情状酌量されるだろう」と言います。ギョンジュはもう戻る事はない事を承知の上で、ミニョクと一緒の時間が1番幸せだったと話しますが、ミニョクはきっぱり「戻ることは無い」と言います。

ミジャを手術室に見送ったギョンジュ。ジヌはギョンジュに「お母さんはガンだと知っていた」と話します。ミジャはギョンジュの嘘に付き合っていた訳ですね。そして、ギョンジュ宛にミジャは手紙を書いていた様でした。

そこには“私は何よりギョンジュの幸せを願っていたけど、幸せな生き方を教えられなかった”と書いてありました。ミジャなりの母親の愛情を感じました。

結局、ジングとナレは元さやだったわ・・・。これで、ジングも心を入れ替える事が出来た様だし、まぁ、良かったわよね。

マンホは、ミニョクには「ミニョクとして生きろ」と言い、ジングには「家は用意するから別居しろ」と言います。

ナ〜ンか、ミ〜ンナ、いい人になっちゃって、終わりが近づいている事を感じるわ・・・。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ