ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/1/1  22:16 | 投稿者: いい加減人

第12話

教師役:ホン・スンボム 『manny ママが恋したベビーシッター』『欲望の仮面Mask of the greed』『福寿草』

ウン・サンチョルは「ボンニョさんは過去を引きずっている。私は過ちを犯した」と、パク・ボンニョを励まします。ウン家に戻るボンニョ。ボンニョは、夫や息子の幻覚を見る様になります。これも、心境の変化からでしょうか?

ウン・サンチョルは、パク・ボンニョがチャン・ドヒョンを誤解してそのまま警察で別れたままなのでと、パク・ボンニョにチャン・ドヒョンへおかゆを持って行かせる事にします。っていうか、チャン・ドヒョンの機嫌が悪いからと言うのが本音だわね。

ヘギョルが火傷をしてしまい、慌てて靴も履かずパク・ボンニョが病院へ連れて行こうとし、ちょうど通りかかったチャン・ドヒョンが2人を乗せて病院へ行きます。

チャン・ドヒョンは、そんなパク・ボンニョを見て、家で「母親の顔をしていた」と、憤ります。チャン・ドヒョンに「あの人を動かすときです」と、テシクは言います。あの人、つまりパク・ボンニョの姑。パク・ボンニョがゴミ捨てをしてる時に、姑は現れ、パク・ボンニョに罵詈雑言を浴びせます。

これ以上迷惑はかけられないと、ウン家の家政婦をやめようとするパク・ボンニョですが、ハンギョルたちは「私たちの母親になってと、懇願します。

第13話

取り立て役:パク・コンラク 『ガラス瑠璃の仮面』『シンデレラの涙』『鳴かない鳥A bird that doesn’t sing』
取り立て役:リュ・ソンフン 『笑ってトンヘ』『キムチImmortal Classic不朽の名作』『野王〜愛と欲望の果て〜』

ハンギョルたちは「私たちがボンニョさんを守る」と、パク・ボンニョを引き止めます。

ハンギョルたちの母親になる事を決意したパク・ボンニョは、婚姻届けを用意します。

パク・ボンニョが子供たちの母親になろうとしている事を知ったソンファは、パク・ボンニョに電話をし「私の家の近くのシュガーカフェに来て」と言います。引き出しからシュガーカフェのカードを出すパク・ボンニョ。そこにはケーキを買った日のスタンプが押されていました。

ソンファに「あなたは子供たちにとって邪魔者でしかない」と言われたパク・ボンニョ。ふと、パク・ボンニョはソニョンの遺書に“邪魔者は消えます”と書かれていた文言を思い出します。そして、ハンギョルにソニョンが亡くなった日をパク・ボンニョは聞きます。

シュガーカフェで「忘れ物をした」と、言ってソニョンが行った日の、防犯カメラの映像を手に入れるパク・ボンニョ。それを、パク・ボンニョがソンファに見せると「暴露すれば良い」と、開き直られます。「承知しました」と、パク・ボンニョが言うと、ソンファに「絶対に言わないで」と、言われます。

第14話

司会役:チョン・ミョンジュン 『家族の秘密Family Secret』『男が愛する時When a Man Falls in Love』

ソンファに動画を見せたパク・ボンニョは、ソンファから「愛しているからよ」と言われ「その言葉が1番嫌いです」と、答えます。

恐る恐る会社に行ったソンファですが、ウン・サンチョルは何も知らないので、パク・ボンニョに「もてあそぶつもり?」と言います。「子供たちが傷つくから、あの動画の事は話さない」と言うパク・ボンニョ。「保証が欲しい」と言うソンファに、パク・ボンニョは「それでは、チャン社長について調べて下さい」と言います。

ソンファは、社長室に入った時チャン・ドヒョンが蓄音機に何かを隠したのを目撃まします。パク・ボンニョからソ・ジフンの事を聞くソンファ。そして、ソンファはチャイナタウンの入札で皆が出払っている時に、社長室を調べる様にパク・ボンニョに電話をします。

ソンファは出掛けようとすると、具合が悪そうなチャン・ドヒョンに出くわします。病気を隠そうとするチャン・ドンヒョンにソンファが疑問を投げかけると「ソ・ジフンだ」と、思わぬ事を言われます。

パク・ボンニョはチャン・ドヒョンの社長室を探している時に、ヘギョルが居なくなったと連絡が入り、その後見つかります。パク・ボンニョはソンファに「執着はやめる事にした」と電話します。スピーカーフォンにしてるので、聞いているソ・ドフン。

ウン・サンチョルから「入札は成功した。ユン室長は具合が悪くなって来れなくなった」と、聞いたパク・ボンニョは「何か持って行った方が良いでしょうか?」と言い、おかゆを届ける事にします。ソンファの自宅の前で電話をするパク・ボンニョ。「大丈夫」と言うソンファが、ソ・ジフンの車に乗っているのをパク・ボンニョは目撃します。

ソンファの嘘の事情を察したパク・ボンニョは、チャン・ドヒョンがソ・ジフンで有ると確信します。そして、チャン・ドヒョンからデートを申し込まれたパク・ボンニョは、ウン・サンチョルに婚姻届を差し出し「判を押さないなら、社長とデートをします」と言います。


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/1/1  11:24 | 投稿者: いい加減人

第9話

ソ・ジフン役:ソン・ジョンホ 『天命』『王女の男』『クリスマスに雪は降るの?』『カインとアベル』
斡旋業者役:キム・ソヌン 『銭の戦争ボーナスラウンド』『ファンタスティック・カップル』『太陽の女』

家に戻るウン・サンチョル。

ソンファはハンギョルに「あなたたちのお父さんと結婚するからには、あなたたちを受けれなきゃね」と言いますが、ハンギョルに「それは、亡くなった母に聞いて下さい」と言われます。若くても、ハンギョルのほうが真をついた事言うわね。ソンファとしても、ソニョンにいくら死んでくれとは言って無いとは思って居てもねぇ〜・・・。

ハンギョルたちに一緒に食事をしようと言われても、頑に拒むパク・ボンニョ。ハンギョルたちは、パク・ボンニョにお世話になってるし、なんとか外食に誘うとします。

そのレストランで・・・。ソンファはチャン・ドヒョンを名乗る男と、面接と言う事で食事をしていて・・・。現れたパク・ボンニョは、チャン・ドヒョンの胸ぐらを掴み「何で生きてるのよ」と、言います。

ところで、今回、パク・ボンニョがナヨン、ナヨンがパク・ボンニョになってるシーン。これ、ハンギョルの結局夢オチなんだけど・・・。なんか、このドラマで、チェ・ジウは、無表情だから、このシーンでは、チェ・ジウらしい感じが出てて、ご本人も息抜きみたいになったんじゃないかな?

第10話

家政婦役:ユク・ミラ 『頑張れチャンミ!』『棘のある花』『家族の秘密Family Secret』『キレイな男』

パク・ボンニョは、ウン・サンチョル家族に・・・ホン所長は、クムチに、パク・ボンニョの過去をはなし、このふたつがクロスされる形で、明かされました。

パク・ボンニョの本名はウンス。ホン所長が、パク・ボンニョの家に行った時、彼女がヘギョルぐらいの年齢の時、彼女を助けようとした父が亡くなり、彼女は自責の念から笑っていたと・・・。父の死はパク・ボンニョのせいだと思っている母は冷たかったと・・・。

パク・ボンニョがハンギョルぐらいの年齢の時に、母が再婚。これで母の冷たさは緩和されるかと思いきや、継父がパク・ボンニョに色目を使って来たと・・・。

やっとの思いでパク・ボンニョは大学入学と同時に家を出て、たくさんのアルバイトをし、ソ・ジフンの家庭教師もしたと。大学を卒業するとボランティアで、ソマリアに行くパク・ボンニョ。それは、ストーカーのソ・ジフンから逃れるため。

ソマリアで夫と出会い、息子をもうけ、幸せの絶頂のパク・ボンニョ。夫は、ソ・ジフンを甥のように可愛がり、息子も彼を叔父の様に慕ったそうです。パク・ボンニョは、ソ・ジフンの真の姿を夫に打ち明けます。

ソ・ジフンに呼び出されたパク・ボンニョ。その時、不審火により夫と息子が亡くなります。パク・ボンニョの姑は、息子と孫が亡くなったのは、パク・ボンニョのせいだと「一生笑うな」と言ったそうな。

過去を打ち明けたパク・ボンニョは約束通り、ウン家の家政婦をやめます。

チャン・ドヒョンをソ・ジフンでは無いかと疑うパク・ボンニョ。ソ・ジフン自身が「そうだ」と、認めます。

第11話

客役:キム・ヒョンジョン 『夢みるサムセンYUMEMIRU★SAMUSEN』『ウンヒの涙』『ワイルド乱暴なロマンス

自分をソ・ジフンだと認めるチャン・ドヒョン。パク・ボンニョがソ・ジフンに包丁で斬り掛かろうとすると、それを止めるチャン・ドヒョンは「自分がソ・ジフンか確かめれば良い」と、言います。ソ・ジフンのところで、家政婦としては働くパク・ボンニョ。

パク・ボンニョをチャン・ドヒョンのところから家政婦をやめさるには、パク・ボンニョが盗みをした事にすれば良いとドゥギュルたちは考えます。そして、チャン・ドヒョンの家の金庫から箱を取り出し中を見るドゥギュルたち。それを、パク・ボンニョに見られてしまいます。

パク・ボンニョがその箱を片付けていると女性の写真が何枚も有りました。そこに、チャン・ドヒョンがやってきます。チャン・ドヒョンはその写真を燃やし「この女性を忘れられない。あなたが過去の呪縛から解き放たれないのと同じだ」とパク・ボンニョに言います。

パク・ボンニョが灯油をもって歩いていた事から、心配してやって来るウン・サンチョル。警察で、イ・ジフンは死んだと言う証拠をパク・ボンニョは見せられます。テシクに「あなたを共謀者だと疑ってすみませんでした」と、言われるパク・ボンニョ。

ところが、テシクは、チャン・ドヒョンに「イ・ジフンも死人にしましたね」と、話していました。グル?


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ