ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/1/3  20:52 | 投稿者: Author

第18話

ウン・サンチョルからスマホに送られて来た動画を、ソンファは、警察に見せます。

「もう逃げられない」と、別荘に入って来たテシクに「ウンスを頼む」と、油断させて、ソ・ジフンは、テシクの頭をビンで殴り気を失わせます。

パク・ボンニョを椅子に縛り付け火を放つソ・ジフン。ソ・ジフンはパク・ボンニョに自分への気持ちをきっぱり否定されます。そこへ、ウン・サンチョルがパク・ボンニョを助けに来ます。

捕まるテシク。ソ・ジフンも収監されてる場面が有りました。

カフェで、姑に会うパク・ボンニョ。ちなみにこの場面、立っているパク・ボンニョの手がアングルによって組んでいたり、組んでなかったり・・・。「私だって、あの男に騙されたのよ」と言う姑に、夫と息子が居る場所を教えてもらうパク・ボンニョ。

クムチ、ホン所長によって皆の前で姑は、パク・ボンニョに謝罪し「笑うな」「夫と息子のあとを追え」と言った事を撤回します。しかし、姑は「新しい家族は作るな。あなたにも責任は有る」と言います。

ソンファにウン・サンチョルは「あなたは命懸けでボンニョさんを守った。今度は、ボンニョさんがあなたを守る番。過去を忘れろと言っても、あの人には辛すぎる過去」と、言います。

ウン・サンチョルは、パク・ボンニョに「愛とは違うが、あなたの事が気にかかる。母として、妻として戻って来て欲しい」と、伝えます。

第19話

ウン・サンチョルからの「愛とは違うが、子供たちの母親、妻になって欲しい」と言うプロポーズを受け入れる事にしたパク・ボンニョ。パク・ボンニョは姑の「新しい家族は作るな」の言葉が浮かびます。

家政婦紹介所で会うパク・ボンニョと、ナヨン。パク・ボンニョが「薬菓を食べると私は何でも話せるんです」と、言い、ナヨンが食べると「私、ボンニョさんが嫌いです。姪たちの母親代わりになろうと思ったのに」と言います。パク・ボンニョは「最後まで責任をもてますか?」と聞きます。戸惑いながらも「もてます」と、答えるナヨン。

母になったパク・ボンニョは、子供たちに厳しく当たります。ハンギョルは「私たちに何かを気づかせるためなのでは?」と、ドゥギョルたちに言います。

実際そうでしょうね。ただ単に、母親と家政婦は違うと言う事だけでは無く、パク・ボンニョはソニョンの写真に「あなたの元に子供たちを返します」と言っていたからね。子供たちは、ソニョンの誕生日を忘れていましたしね・・・。ハンギョルは後で気づいたけど・・・。

結婚しようと、ウエディングドレスの試着をするナヨンに、パク・ボンニョは「姪たちを忘れると言った言葉は本当ですか?」と聞きます。「本気よ」と答えるナヨンに、何発もビンタを浴びせるパク・ボンニョ。

最終回

隣人役:チェ・インスク 『私の期限は49日』『カムバック マドンナ 私は伝説だ』『ワイルド乱暴なロマンス』

どうでも良いけど、ナヨンがウエディングドレスを試着したお店って『輝くロマンス』に出て来るお店と同じじゃない?

パク・ボンニョにビンタされたナヨンがパク・ボンニョに「何で殴るのよ」と、詰め寄ると、パク・ボンニョは「そうやって本心を見せれば良い。無理して笑顔を作る事は無い」と言います。

ソニョンの写真を見ながら、誕生日を忘れていた事を謝る子供たちを見て、パク・ボンニョは「まだ解っていない様ですね」と、ソニョンが亡くなった川へ子供たちを連れて行きます。

そこでパク・ボンニョは「私か、ママを選んで下さい」と言います。子供たちは「ママを捨てる事は出来ない」と言います。ハンギョルは、パク・ボンニョの狙いはこれだったのかと気づきます。

その様子を見ていたウン・サンチョルは、パク・ボンニョに「あなたの事は気になるけど、愛しているとは言え無い」と言います。「それは、0.1グラムほどの差が有る」と言うパク・ボンニョ。ウン・サンチョルは「子供たちとちゃんと別れて下さい。もうすぐクリスマスですから、クリスマスまで」と。

クリスマスの日、ウン・サンチョルは「最後に笑顔を見せて下さい」と、命令します。笑顔を見せるパク・ボンニョ。ヘギョルのたっての願いで、ヘギョルが寝付くまでパク・ボンニョは添い寝をします。

翌日、パク・ボンニョをウン家の人達は見送るはずでしたが、ヘギョルが隠れていたため、ヘギョルとウン・サンチョルは見送れません。しかし、バスを追いかけて来たヘギョルに気づいたパク・ボンニョはバスを降ります。ヘギョルは「戻って来た時はチャイムを3回ならして」とお願いします。

1年後、チャイムが3回なるので、ウン家の人達が玄関へ行くと、引っ越して来た隣人でした。がっかりするウン家の人達ですが、その奥にはパク・ボンニョの姿が・・・。

あら、このドラマ面白いじゃない。韓国では、視聴率よく無かったみたいだけど、日本のリメイクと言うのが嫌なのかな?


人気ブログランキングへ



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ