ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/3/29  22:29 | 投稿者: Author

病院で「どうして私をこんなところに閉じ込めるのよ。私はいたって正常よ」と、叫んでいるテヒの元に、ジョンヨンが現れます。ジョンヨンに「脳腫瘍だって?」と言われて「嘘を吹き込まれているのよ」と言うテヒ。しかし、ジョンヨンに「余命3ヶ月なんでしょう?」と、言われると、テヒは何も言えなくなります。

ジョンヨンは「懺悔は求めないけど、残りの人生を大切にしなさい。同情はしない」と、テヒに言います。

テヒが病院から抜け出したと連絡が入ります。最後の最後までやってくれるテヒ。チャン秘書は「思い当たる場所がひとつ有ります」と言います。やはり、以前、チン会長がテヒを連れ出した場所でした。死のうとするテヒを止めるジョンヨン。

寝室のベッドでユリの写真を眺めながら「今ま傷つけて来た人達にどうすればいい?」と、つぶやくテヒ。

ジョンヨンに「一緒に行ってもらいたいところが有る」とテヒは言います。そこは、ウノとユリが眠るお墓でした。ようやくここで、テヒは「自分の子供の事しか考えていなかった。間違っていた」と、言います。そして、テヒは「1人にさせて」とジョンヨンに言います。ウノに謝るテヒ。その後、テヒは倒れます。

テランとチャン秘書の結婚式に現れないジュニョク。ジョンヨンが電話するとジュニョクは「ニューヨークへ行く。2時間後の飛行機に乗る」と、言います。テソンがジョンヨンに「空港に送って行こうか?」と言います。するとジョンヨンは「行けない。私、あなたの隣に居ていい?」と言い、テソンは「僕の隣はいつも君だ」と言います。

家族団らんのコ家。悪人が居なくて和気あいあい。チン会長は居ないけど、ガラムは居ます。

それにしても、偽造だらけのドラマで、何でもありだったわ


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/3/29  19:16 | 投稿者: Author

ジャジョムと話しをする貞明公主。ジャジョムに「国や民を思った事は無かろう?」と、貞明公主は言います。ジャジョムは「有りません。しかし、別の人は、少しは思っていたでしょう」と、言います。仁祖の事ですよね。

その後、貞明公主は尚膳から、すべては、仁祖の計画だったと聞かされます。奸臣を捕まえるため、鳳林大君を守るため。

鳳林大君に「王になれば力になります。拒めば刃は世子様に」と脅しをかけるカン・ジュソン。鳳林大君からの返事が無いため、カン・ジュソン達は顧命大臣のキム・リュの権限を使い崇善君を王位に就けようとします。

そして、便殿会議で、シベクが命令書を開封すると、何と白紙でした。キム・リュたちが驚いていると、仁祖が現れシベクに「ここにいる逆賊どもを根絶やしにしろ。これが私の最後の王命だ」と言います。

キム・リュ、ヨジョンは捕まりますが、カン・ジュソンは王宮を抜け出します。清の助けを借りようを言う訳です。

ちなみに、これはどうでも良いと言えば、どうでも良いのですが、おばかなキム・ギョンジンは父、キム・リュのおかげで助かったと、流刑の地の家の外に出てみますが、そこに居たシベク、シバンと共に有ったのは、毒薬でした。

貞明公主を呼び出した仁祖は「そなたを憎んで来た。しかし、死の間際になって解った事が有る。私は、自分を憎んでいたのだ」と、言います。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ