ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/6/2  20:45 | 投稿者: Author

やっぱりね。アルムに聞こえるようにフィリップはソ弁護士と電話で話していたもの・・・。ソ弁護士が現れる場所へ、ソンウンが行ってみると、居たのはフィリップでした。だいたい、前回、フィリップを問いつめた時、アルムは自分が勝手にメールを見ましたと、言ってるも同然だったもの・・・。

スアったらやーね。ドヒョンを失脚させたて、自分が会長になるつもりなんだわ・・・。ソンホに会社を継がせたいと思うのは、親心で理解するけど・・・。まぁ、自分が会長になるのもそのためなんだろうけど、それにしても、欲が深いわ・・・。

そして、ドヒョンをはめるために、動くスアなんですが・・・。おそらく、高速道路の防犯カメラにバッチリ写っちゃってるわよね?それに、別荘かな?お金を運んだけど、名刺みたいなものを落としたから、足がつくわね。

パンソクは「いつからだ?」と、ミョンファに聞きます。自分が認知症である事を認めるミョンファですが「家族に迷惑かけたく無い」と、言います。パンソクは「一緒に暮らして来たのに」と、涙をこぼしミョンファを抱きしめます。

フィリップの話しから、ソ弁護士の件が罠だと知ったアルムは、ソンウンに「恥をかかせてすみません」と、謝ります。逆にソンウンは「ソ弁護士のお母さんが亡くなったから、ソ弁護士は現れるはずだ」と、伝えます。アルムは「本部長は1人では有りません。私が居ます」と、ソンウンを励まします。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/6/2  20:15 | 投稿者: Author

ミン・ヨンイク都承旨のおかげで(?)六牟塵大行首になったソゲ。

今じゃ逆賊となったシン・ソクチュの遺体を誰も引き取らないと知ったボンサムたちは、シン・ソクチュの屋敷へ・・・。それにしても、皆(王室も含めて)シン・ソクチュから甘い汁をすっていたのに、この扱いは一体なんなの?

シン・ソクチュの遺体を棺におさめて、ボンサムたちが屋敷を出ると、扁額がキル家になっていて、辛家の扁額は下ろされていました・・・。

キル・サンムンの願いで有った六牟塵大行首の座についたソゲは、キル・サンムンのお墓を、六牟塵が見下ろせる場所に移します。

そこにやって来たボンサムは、ソゲが「チョン・オスは俺が殺したんだ、父さん」等と、独り言を言っているのを聞いて、ソゲと殴り合いの喧嘩に・・・。そして「ソリンを殺したのも兄さんんだな?」とボンサムが聞き、否定するソゲ。やって来たメウォルが、ボンサムに石をぶつけて意識を失わせます。

ボンサムの治療をしたメウォル。帰りが遅くなったので、馬房の人は、メウォルをソリンの部屋で寝てもらおうとしますが、ウォルが嫌がります。メウォルがユスをあやしているところに、ちょうど現れたウォルは、メウォルを非難します。ウォルの首を絞めるメウォル。

ソリンのお墓にウォルが居ると、ソンドルが「いつまでも悲しむな」と、声をかけます。ソリンは、ソンドルに、ソリンの死にメウォルを疑っている事を話します。ソンドルは「滅多な事を言うな。俺が調べて見るから」と、言います。

ソゲが、年貢米を横流ししようとしている事を、察知するボンサム。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/6/2  19:30 | 投稿者: Author

どうも、ドンヒは、ヘウォンが、オ・チスの運転手に声をかけさせる人物に声をかけていたところから見ていたようですね。オ・チスを乗せた車を、ヘウォンが走らせようとした時、ドンヒが目の前に現れます。ヘウォンを車から降ろすドンヒ。

ちょうど、カン・ドンソクもやって来て、ヘウォンに「復讐の結末がこれか?」と、言います。ヘウォンの事情を知らないドンヒは「復讐ってなんだ?」って感じになります。2人を置いて去って行くカン・ドンソク。

帰ってきたドンヒ。ドンヒが「お腹がすいた」と、言うので、食べさせるチャン・ソシム。ハ・ヨンチュンも入ろうとし、チャン・ソシムは「一緒に」と、誘いますが、ドンヒはいつもの調子で嫌がります。まぁ、でも、3人で食べるんだけどね・・・。

そして、チャン・ソシムはドンヒに聞きます。「いつから、私が実母じゃないって知ってたの?」「中学生の時、友達が、俺は拾われた子だと言っているのを聞いたんだ」と、答えるドンヒ。

チャン・ソシムは「私に何回叩かれたか覚えてる?」と聞きます。ドンヒは「叩かれた事無いよ。叩かれるのはドンタク兄さん」と、答えます。チャン・ソシムは「それじゃ、叩かなきゃね」と、何度もドンヒを叩き、ドンヒは「手が痛くなるからこれで叩け」と、麺棒を渡します。

ヘウォンはカン・ドンソクに電話をし「今まで、人生に疑問を持たなかった。だけど、あなたに再会してから、惨めな気持ちになった。今でも、あなたが好き」と、胸の内を明かします。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ