ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/7/12  20:07 | 投稿者: いい加減人

台詞が少ないドラマかしら?それと、それぞれが私利私欲だわね・・・。キム・ヒエと、パク・チュミってなんか似てるわ。

帰宅するオ・ヘウォン。なんだか、道ばたに停まる軽トラ。やっぱり、そうでしたか・・・。イ・ソンジェが、オ・ヘウォンに声をかけます。「会いたかった」と言うイ・ソンジェ。オ・ヘウォンは、イ・ソンジェの気持ちを知っていたからか、困惑しつつも、その事には驚いてない様な表情。

だいたい、イ・ソンジェに抱きしめられ、キスされても拒まないオ・ヘウォン。このシーンもかな?番宣に使われているのは・・・。そして、オ・ヘウォンはイ・ソンジェを家にあげ、防音室へ・・・。お茶を用意している間、カン・ジュニョンから電話が来ると、オ・ヘウォンは我に返ったようです。

イ・ソンジェに「酔っぱらって覚えていない」と、ウソと解るウソをつくオ・ヘウォン。イ・ソンジェが「人妻に興味なかったのに」と、言うと、オ・ヘウォンはビンタをし「人妻じゃないでしょ。先生でしょう」と、急に線引きをしてみます。

これで、まさに自暴自棄になったイ・ソンジェはオ・ヘウォンから送られた本さえも捨てます。更には、土木作業をしている時、バレエ教室から聞こえて来る、へたくそなピアノ音が我慢ならず、イ・ソンジェはバレエ教室で暴れ、警察沙汰に・・・。

タミとジャンホは、相手への示談金のために、カン・ジュニョンに助けを求めたらどうかと、言いますが、イ・ソンジェは「恥ずかしいから止めてくれ」と、拒みます。まぁ、イ・ソンジェにしてみたら、カン・ジュニョンにと言うより、オ・ヘウォンに恥をかきたく無いと言う事なんでしょうね。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/7/12  16:07 | 投稿者: いい加減人

送られて来た箱を見たハン・ジョンイムは、ミヨンが携帯をパク・ヒョンソンに手渡しに行ったのだと気づきます。

ハン・ジョンイムとチャン・ムヨンに「あの携帯に、ソユンの死に関する事が入っているのよ」と、言われるミヨン。

ちなみに、チャン・ムヨンに、ミヨンを責める資格は無いけどね。自分がその原因を作ったと言う事も、本人は解ってないけど。それと、ミヨンはそれが、ソユンの死の関する事だと解っていても、ハン・ジョンイム曰く、自分にしか興味が無い彼女は、渡してしまうと思うけどね・・・。

ノートPCで、パク・ヒョンソンの執務室の様子を見たト・へビンは、彼の執務室へ・・・。そこに、ちょうど、ト・ヘビンの執務室に現れたパク・ヒョヌは、ノートPCが開いたままなので、それを覗いてみます。まさに、パク・ヒョンソンが携帯の映像を確認していて、ト・ヘビンになじられているところでした。

ただ、パク・ヒョヌはそれだけでは無く、其の映像をUSBメモリにコピーしていたのでした。それを、KPギャラリーでハン・ジョンイムに渡すパク・ヒョヌ。ハン・ジョンイムは、出て行ったパク・ヒョヌを追いかけ手を取り「本当に良いの?」と、聞きます。これを、ジュンテが見ていました。

ジュンテは、ミンジュに「過ちを犯したら、それを認め、償うんだ」と、諭します。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/7/12  15:41 | 投稿者: いい加減人

ドヒの秘密の箱を開けたソンジュだけど、その箱にセビョルの写真は無かったわ・・・。ただ、ドヒに何か秘密が有ると感じて居るソンジュなので、そこら中何か無いかと探し、引き出しに鍵がかかっている事も知ります。

ドヒは、理事会で「失敗したら、手を引きます。ただ、それまで、ペクドの人達は口出ししないように」と、言います。

ギョンワンに「AP食品じゃなくて、ペクドを手に入れるつもりか?」と、言われたドヒは「はい」と、言ったあと「私は、父の会社を継ぐんですよ」と、笑います。ただ、これ、本気とも冗談とも取れるし、ナヨンにしてみたらその野心は密かに有るかもね?

マルスクに「ペクドに傷つけられたのは、解ります。私が謝罪します」と、言うフィギョン。フィギョンの誠意に態度を軟化させるマルスク。

ところが、この契約にテジュンが関わっていると知ったマルスクの態度が元に戻ります。フィギョンに「こっちも動かなきゃね」と言うドヒ。そして、フィギョンとともに、マルスクのチキン店をドヒは訪ねます。ドヒの姿を見たマルスクは「契約するわ」と、言います。

ナヨンは、ヨンスクの寝室で、ヨンスク、ユネ、ユギョンが一緒に写る昔の写真を見つけます。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/7/12  15:02 | 投稿者: いい加減人

ドンウォンは母親がアメリカに居ると知って「英語が話せないからどうしよう」と、嘆いていたわ。

双子のサンホと、カン・サンシク。それぞれが、それぞれの相手の事が気になって・・・。また、それぞれの相手で有る、ミョンランとミスクも、相手としっくり行って無い事に気がついていて・・・。この状況、4人が気づく時は来るのでしょうか?

ムルの、ヘジュへの誤解が解けないドンタク。ドンタクは諦めて、それをヘジュに伝えようとするけど、ヘジュは「これが最後」と、察していました。抜けてる様で、案外そうでも無かったヘジュ。

カン・ドンソクが家に帰ると、家の前にヘウォンが居ました。ヘウォンは「もう、あなたから逃げないと、あなたの家族に言う勇気を持とうとしてたの」と、言います。そこへ、帰ってきたカン・テソプは「俺が2人のよりを戻させたんだ」家族に言います。

騒ぎで、ヘウォンたちを部屋に招くカン・ギス。カン・ギスは、2人のよりが戻ったと聞いて「ドンソクが笑顔になった。俺たちがどんな事をしても、ドンソクのえくぼを出す事は出来ない」と、言います。あはは、これは、ドンソク役の俳優さんにえくぼが出来るもんだから、考えた台詞なんでしょうね。

ドンオクはヘウォンに、自分が作った服がネットで売られていると、スマホでその画面を見せます。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ