ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2017/9/12  22:29 | 投稿者: Author

ユニから「ギフンさんを韓国に居させたい」と、言われて驚いたミランとドンパルは家族会議を開く事に・・・。

そして、ダルグたちも呼んでの家族会議。サウジアラビアに行きたいかどうかを聞かれてギフンが「行きたく無い」と、答えて、ダルスは「答えは出たな」と、言います。あら、意外とあっさりと思ったら、ここからでした。

「ギフンを遊ばせる気?」と、ミランが言い、ユニは「就職活動して、見つからなかったら、私が扶養します」と、言います。これには家族会議が反対の中、ミンジだけは「ヨーロッパでは、男が家事、子育てやるのは普通よ」と、言います。韓国社会を考えると、主夫はまだ無しかな?

まぁ、家族会議では反対していたドンパルですが、ユニにお小遣いをもらうと「俺は、ユニさんの味方だ」って。ギフンが主夫になる日も、そう遠くは無さそうです。しかも、ドンパルは、散歩中に出会ったグムシルとのデート前だったので、ユニからもらったお金は良い軍資金になって、喜んでいたわ。

そして、デートをしたドンパルは、早くもグムシルに、交際を申し込みます。

ミランを呼び出したジソクは「ジェームズが現れた時は、困惑して」と、話します。ミランが察していたとは言え、一応、けじめとして、ジソクも経緯については、話さないとね。ミランは「ウンジが生きていたら、辛い思いをしたでしょうけど、子を無くした親より辛い事は無い」と、ジソクの状況を理解します。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/9/12  20:17 | 投稿者: Author

ミヨンが検察に、自分の罪を認めようとしたとき、パク・ヒョンソンが現れます。パク・ヒョンソクはお得意の「ハン・ジョンイムの罠だった」等と、言ってミヨンを抱きしめる事で、信頼をいとも簡単に取り戻します。ただ、ミヨンの罪は事実なので、無罪放免では無く、執行猶予に。

この事に不満を漏らすボンソンですが、ハン・ジョンイムは「ミヨンは復讐の相手じゃない」と、言います。ですね。駒ですね。

屋上で、ミヨンとパク・ヒョンソンが会話をしていた事を思い出すパク・ヒョヌ。愛を信じ無いパク・ヒョンソンが、愛さえ利用している事に、哀れみを感じます。

ハン・ジョンイムはチェ秘書が信用にあたる人物かどうか、確認します。

ミヨンにビンタされ、腹をたてるト・へビン。

ト・へビンは、ハン・ジョンイムを呼び出し、録音したその会話が自分に都合の良いように編集するよう、チェ秘書に依頼します。

そして、ジュンテに聞かせようと呼び出すト・へビン。しかし、その音声は、看護師がスンマンを階段から落としたのは、ト・へビンだと証言しているものでした。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/9/12  19:53 | 投稿者: Author

ウヒは太祖を暗殺する直前に、太祖が倒れたのと、ペガが止めたため、未遂に終ります。

第8皇子ウクが、衣の下に鎧をまとっていたので、何か有ると察する第4皇子ワン・ソ。第8皇子ウクは、第3皇子ヨの反乱に手を貸したものの、正当な皇帝で無ければならないと考えていました。

ヘ・スは、太祖から逝去する前に「お茶をとりに行く振りをして、正胤を呼び戻す事、自分の生死を聞いて来る皇子は、皇位を狙っている」と、言われます。そんな時、第8皇子ウクから、太祖の生死の事を質問されるだけでなく、反乱を起こそうとしている事まで、聞かされるヘ・ス。

ヘ・スは、第4皇子ワン・ソに、正胤が居る後百済への道に詳しい人が居ると、紹介したのはウヒでした。ウヒと共に、後百済へ向かうペガ。

そして、第3皇子ヨと、第8皇子ウクで、反乱を起こします。正胤が帰って来ると、正胤に寝返る第8皇子ウクは、第3皇子ヨに「私が呼び戻した。元からこう言う計画だった」と、言います。第4皇子ワン・ソに追いつめられた第3皇子ヨは、崖から落ちるけど、死なないでしょうね。定宗ですから。案の定、予告で出て来てるし。

ところで、皇后ユ氏は髪が急に白髪になっていたわ。

第8皇子ウクに「私を試したのね」と言う、ヘ・ス。皇位を狙う第8皇子にウクに「今までと同じ様な気持ちでは居られない」と、ヘ・スは言います。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2017/9/12  15:01 | 投稿者: Author

カン・テソプが「離婚するから、ドンオクをかばわなかったのか?」等と、チャン・ソシムに話しているのを、ミョンランが聞き、サンホたちがチャン・ソシムの離婚を知る事に・・・。

カン・ドンソクは、チャン・ソシムに「ドンオクに何であんな事を言ったんだ?かばうのが家族だと母さんは言っていただろう?」と、言います。チャン・ソシムは「かばうだけでは、だめだと思ったの」と、言います。

呆然としているドンオクに気遣うヘウォン。ドンオクは「小母さんのところに行く」と、言います。

ヘウォンが「ドンオクさんは、小母さんのところに行きました」と、言うと、カン・テソプは「何であそこに?そんなに仲良かったか?」って。ヘウォンは「仲良いですよ」と、言っていたけど、それだけハ・ヨンチュンが家族として、なじんでいたという事よね?

ドンオクが身を寄せているハ・ヨンチュンの家に行く、チャン・ソシム。どうでも良いけど、ハ・ヨンチュンの家の門はピンクなの?ドンオクが狸寝入りしているのが解った上で、チャン・ソシムはハ・ヨンチュンに「ドンオクは自分で、考えて出来る」と言います。

チャン・ソシムたちの贈りものを選ぶマリ。カン・テソプが着そうな色を聞いてもドンヒが素っ気ないので、マリは「本当は、お父さんの事を許してるって言っちゃうんだ」等と、言って、どの色が良いか選ばせてるよ


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ