ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2018/10/31  20:52 | 投稿者: Author

ヒョンソク本人が、コンフォの臨時株主総会に出席して、思惑通りに事が進みます。止めようとするイ・ミンソクと、ユ・ジヌ。ちょうど、社長が出てきて、ヒョンソクとイ・ミンソクを見て驚きます。そして、イ・ミンソクは「父があんたのせいで死んだから、復讐しに来たんだ」と、説明します。倒れる社長。

ユ・ジヌは、ミンソクに土下座して「父がした事は、俺が謝る。お兄さんを設得してくれ」と、頼みます。

ヒョンソクに会いたいマンソクは、家を出てしまい、イ・ミンソク、ジャンホ、スヨンで探します。イ・ミンソクは「じいちゃんがいる場所が分かった」と、ジョンホに電話で言います。案の定、ヒョンソクのマンションのエントランスにいました。ただ、マンソクは亡くなっていました。

コンフォのユ・ジヌ達は、詐欺に遭った訳で、頭を悩ませますが、全て、白紙に戻り、お金も返って来る事になりました。マンソクの死がショックだったのか、ヒョンソクは復讐をやめたんですね。

その事を、ユ・ジヌが病床の社長に話すと、社長は「その事自体は、安堵するが、かえって罪悪感が増す。社長を辞めるよ。お前にも悪い事をした。お母さんも見舞うよ」と、言います。社長もそんなに悪って訳ではなかったんですね。

それと、ユ・ジヌが持ち株分を売却したと、イ・ミンソクに渡しますが「受け取っても父は戻らない」と、受け取りませんでした。それと、イ・ミンソクは生意気だった事、ユ・ジヌは大人げ無かった事、それぞれ謝り、わだかまりが無くなります。

スヨンとのリハビリに効果が有り、イ・ミンソクはアイスホッケーの試合に出られるまでに、回復していました。試合には勝ったものの、イ・ミンソクは、また怪我をしてしまい、今度こそ、再起不能になってしまいました。1人、アイスホッケー場で、別れを告げるイ・ミンソク。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/31  16:42 | 投稿者: Author

ヨン・ソンジュは、スンナムに謝罪する様に、セヒとユミンに言います。スンナムに「2人に謝罪させるのは、私を追い出すためですね。どこまで自己中心的なんですか」と、ヨン・ソンジュは、魂胆を見抜かれていました。そこへ「食事だ」と、カン・ドゥムルを引き連れたファン・ボンチョルが帰って来ました。

そして、食事になる訳ですが、ユミンは欠席。ファン・ボンチョルは腹の中でヨン・ソンジュに対して「どうだ?君のやり方だ」と、ほくそ笑みます。また、めまいがしたヨン・ソンジュは、スープをこぼします。咄嗟に救急箱を出すスンナム。

ヨン・ソンジュをベッドにに寝かせるファン・ボンチョルは「何で、スンナムは、救急箱の場所がわかったんだ?」と、言います。「食事を作りに来た時に、見たんでしょう?」と、言うヨン・ソンジュ。

ただ、ヨン・ソンジュ、この時はこう言ったけど、書斎にいた時は、ソヌが家政婦さんのために、あの場所に救急箱を置いたのに、何で、スンナムが知っているのだろう?と、気になります。

ヨン・ソンジュは、スンナムに課題を克服したら、希望の企画開発室に入れると、話します。

チェ・ボクヒは、チャ先生に「ユミンの会社へ連れて行って。スンナムの居場所を知りたいの」と、頼みます。そして、黄龍に着くと、チャ先生は「内線で呼び出してもらいます」と、言い、チェ・ボクヒは待ちます。この時、セヒの姿を見て、チェ・ボクヒは「うちの嫁」と、付いていきます。

ユミンが、チェ・ボクヒに気づき、追います。そして、今度は、チャ先生が追います。さらには、スンナムと、カン・ドゥムルが。セヒの顔を見たチェ・ボクヒは、急に事故の事を思い出し「ジュニョンを殺した」と、セヒの首を締めます。その姿に驚くスンナム達。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/31  15:35 | 投稿者: Author

2人が抱き合っている姿の写真を、ヨンオクから見せられるコン・スレとチャヌ。まぁ、こうなっちゃうと、コン・スレがいい訳したところで、ヨンオクが怒るのも仕方無いわ・・・。ユナの部屋で隠れていたボンヒは、ヨンオク達の会話から、ボングクの不倫相手が、イギョンと知ります。

相変わらずボングクは、チャヌに「お前たちは、いい人間なんだろう?俺たちは、悪い人間なんだから、イギョンさんの事を許してやれよ。娘が亡くなった事は一生反省する。でも、残った者達は、生きていかなきゃならないだろう」と、悪態をつきます。反省していたら、そう言う態度にならないし、チャヌに伝わると思うけど?

ボングクに電話をしたボンヒは「あんたの相手ってのはイギョンなの?諦めなさいよ。イギョンは、チャヌにぞっこんなのよ。どんなに愛し合っていたとしても、娘のことがあるから、結ばれない」と、言います。ここに出てくる人達は、自己中な人が多いけど、なぜか、たまに、正論言うわ。

チャヌがコン・スレを、インターンとして入れるのと引き換えに、家に戻ってくると分かったイギョンは、家族に「そんな形で、戻って来るのは、嫌」と、騒ぎ出します。マジ、うぜー女だな・・・

コン・スレが家に帰ると、イギョンがちょうど来て、チャヌの家で話をします。イギョンから、コン・スレのために、チャヌが家に帰ったと知るコン・スレ。その場で、イギョンはデギョンに「コン・スレはインターンを辞退するって」と、電話をし、コン・スレに「あなたからも言って」と、電話を渡します。「出社します」と、言うコン・スレ。

会議中だというのに、インソプの部屋に乗り込んできたイギョンは「コン・スレを私の目の前から消して」と、言います。コン・スレも、チャヌに自分のために、家に戻った事を確認しにきました。会社のロビーで鉢合わせする2人。コン・スレに、手を上げようとするイギョンを止めるチャヌ。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/31  14:29 | 投稿者: Author

スンジュンがトンドンなのかと、インギョンに問い詰められたグムスンは、それを認めるしか有りませんでした。グムスンは「あなたの事を思ってこうした」と、説明しますが、インギョンは「何で言ってくれなったの?」と、責めます。

インギョンはホン院長に「隠し事は良くないと言いましたよね?」と、スンジュンの話をします。スンジュンを自分の子だと、公表しようするインギョンに、ホン院長に「スンジュンを守るためなら、それは、力をつけてからでなきゃダメよ。今のままじゃ、スンジュンは後ろ指をさされる事になる」と、言います。

感情論で言えば、インギョンが言っているのは、ごもっともなんだけど、冷静になれば、ホン院長の言っている事は、正しいわ。それに、こんな事、インギョンとホン院長との信頼関係が無いと言えないわね。下手すりゃ、親子を引き裂く事になるもの。

インギョンとしても、これで腹をくくったようで、ミヌに「そうよ。出産した。だけど、死産だった。これ以上、かぎまわらないで。何かあったら、ただじゃおかない」と、警告します。

ミヌ、ソヨンは、20歳の役柄なのに、強引にミヒをキャスティングしたりしています

インギョンは、グムスンにきつく言った事を謝ります。チルボンは「僕たちの気持ちが分かってくれれば良いんだ」と、言います。インギョンは「お礼に」と、グムスン夫妻、スンジュンと外食をする事にします。

グムスン夫妻とスンジュンがレストランに入ると、ミヌ夫妻と娘がやってきます。そこへ、インギョンがやってきました。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/31  13:24 | 投稿者: Author

部下役:ミン・ジュンヒョン 『あなたは贈りもの』『雲が描いた月明り』『私の婿の女』『オクニョ 運命の女(ひと)』

チェギョンはミョンへを見て一度は、獄舎で見た人だと思ったけど、その後、ヨクと口づけをした女だと気づき、ヨクに「新しく入った小間使いです」と、紹介しながらも、睨みます。

チェギョンの身の安全を考え、チェギョンを実家に送るヨク。チェギョンもチャスン大妃の狙いは分かっているから、ヨクに「大妃様に、今日が床入りだと言われました」と、言います。ヨクも、ミョンへの事も有るし、チャスン大妃の魂胆を悟ります。

しかし、チェギョンはヨクの事を考えて、新居に戻ります。お風呂に入るチェギョン。チャンスとばかりに覗き込もうとするミョンへ。これをヨクが見ていました。2人が言い争う姿を見て、ヨクも入れ墨の事を知っていたのだと知って、チェギョンは傷つきます。ヨクの方は、チェギョンを巻き込んでいる事に悩みます。

チェギョンはヨクに「疑いたくないのに。どうして王様になりたいのですか?」と、涙します。そしてチェギョンはヨクに「見たいのはこれでしょう」と、入れ墨を見せます。これが、番宣に使われているところなんですね。

ヨクがそれを覗き込むと、入れ墨には焼ごてが当てられていて“神樹”と書かれている入れ墨は、消されていました。チェギョンはこれを乳母に、消してもらっていたのですね。

タニシが活動をして、質屋に戻ると、タニシになりすましたシン・スグンがいました。腰を抜かすタニシの仲間。シン・スグンは、ヨクにやめるように言います。

ヨクは「なぜ、王になりたのか?」それを聞いたのは、今までに、チェギョンだけだったと考え込みます。

夜中、燕山君に呼び出されたシン・スグンは「密旨の事を知っていたなら、臣下では無い」等と、言われます。さらに、連れてこられたチェギョンもやってきます。チェギョンが自分で服を脱ごうとすると、ヨクがやってきて、密旨を見せます。チェギョンは、ヨクに渡していたのですね。

ヨクはチェギョンの願いでも有る為、燕山君に最後に機会を与え「私が今、ここで即位し、兄上に譲位する。チェギョンと都を離れます」と、言います。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/30  21:41 | 投稿者: Author

タクシー運転手役:アン・スホ 『サイムダン師任堂、色の日記』『キャリアを引く女〜キャリーバッグいっぱいの恋〜』

チャン・ユナ、イ・ジイ、チェ・ジュンギ、ユ・チャンス。微妙に張り詰めた感じが面白いわ。チャン・ユナ、イ・ジイ、チェ・ジュンギはテジン化粧品で働いているし、ユ・チャンスは、仕事でテジン化粧品に来るし・・・。

ユ・チャンス母を呼び出したイ・ジイが「彼とは、別れました。これ以上お母さん会うと情が移ってしまいます」と、意表をつくような事を言うので「変わった子ね」と、ユ・チャンス母。

チャン・ユナはユ・チャンスと食事、。お寿司屋さんでしたね。「どうも」と日本語でチャン・ユナは言っていた様な・・・。チャン・ユナは、イ・ジイを食事に誘いますが、イ・ジイは、チェ・ジュンギと屋台で食事。なんか、それぞれが、巣に帰った様な光景だわ。

酔ったイ・ジイは、チェ・ジュンギに見送られて家に帰ると、ユ・チャンスがチャン・ユナと共に、待ち構えていました。嫉妬に駆られたユ・チャンスと一触即発になりそうになるチェ・ジュンギ。

チャン・ユナ父は、家に帰ると自分を出迎えもせず、ピアノを弾いているチャン・ユナ母に文句を言います。「お酒飲んでないだけ、マシでしょ」と答えるチャン・ユナ母。チャン・ユナ父は、そんな態度のチャン・ユナ母に息がつまるからか、ソラ宅へ。ソラ宅で食事をしたチャン・ユナ父は、倒れます。

チャン・ユナに父が倒れた連絡が入り、タクシーで病院へ向かいます。付き添うチェ・ジュンギ。チャン・ユナは「どこからどこまでが恋愛のテク?」と、何かとチェ・ジュンギに突っ掛かります。チェ・ジュンギは「わからない」と、答えます。これは、本音でしょうね。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/30  21:11 | 投稿者: Author

コー・ウェイシャンが好きなんだと、ルオ・ユンに言われたソン・イージエは「親達が許嫁と決めただけで、自分達は結婚する気は無いから安心して」と、言います。

退院したコー・ウェイシャンの元へやってきたソン・イージエは「ユンって人が、あなたが好きな事をあなただって知っていたんでしょう?」と、言います。ソン・イージエとしては、コー・ウェイシャンが許嫁という事が、迷惑と言うのは分かるけど、人の色恋に口を挟むのはどうかね。

仕方無くという感じで、コー・ウェイシャンが「ユンが好きだ」と、言います。これを、ドアの外で聞いていたルオ・ユンは嬉しそう。

コー・ウェイシャンが退院したので、ソン・イージエとの結婚を急ごうとする祖母。コー・ウェイシャンは祖母に諦めさせるために「結婚は好きな人としたい。ユンが好きだ」と、言ってしまいます。

ここから、祖母はごねまくった後、膵臓癌で余命1年だと、イェンニーから家族に伝えてもらいます。これでは、コー・ウェイシャンとしては、折れるしか無く「ジャーバオさんのお孫さんと結婚するよ」と、いいます。

仮病の祖母は、元気になって、食事をしようとするけど、これが、ガンのために良いと言う粗食をシュエルーが作ってくれたので、祖母は、またも不満顔。それにしても、祖母のごり押しは半端じゃないわ。なんか、経緯を説明して、結婚して欲しいくらいなら、分かるけど、家族の事を尊重してないんだもの。

コー・ウェイシャンとしても、口先だけで無く腹をくくった様で、ソン・イージエを会社に送ったり、ランチを一緒に取ろうとします。気持ち悪がるソン・イージエ。そりゃそうです。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 台湾ドラマ

2018/10/30  16:32 | 投稿者: Author

セヒからすると、業務提携式に、スンナム、カン・ドゥムル、ウンギルまでやってきて、晴天の敵歴、針の筵でしょうね。それは、ユミンも同じだけど・・・。普通、ヒロインは、復讐に転じると、化粧が濃くなるんだけど、セヒのアイラインがすごすぎて、スンナムが全然、復讐モードになったのが分からないわ。

カン・ドゥムルは「提案が有ります。業務提携、投資する代わりに、オ・スンナムを出向させたいのです」と、黄龍側に言います。

ヨン・ソンジュ達は、反対でユミンは「スンナムに、業務をやる能力は無い」と、言いますが、ファン・ボンチョルに「君だって、医師から顧問になったでは無いか?」と、一蹴されます。ファン・ボンチョルがこのドラマの悪の親玉なんだけど、ここは、ファン・ボンチョルの言う通りだわ。

ウンギルは、セヒに「セヨンだな。ファン室長てのは、セヨンだったのか?」と、言います。セヒは「ガキだったくせに」と、言いますが、ウンギルに「ガキにやられない様に気をつけろ」と、言われます。

ウンギルはカン・ドゥムルの事を心配して、スンナムに「会社の損失を心配して言ってるんじゃ無いんです。兄さんは、純粋で、人を蹴落とした事が無いんです」と、言います。

セヒは、カン・ドゥムルのところに来て「何?私を謝らせるため?それなら謝るわ」と、言いますが、カン・ドゥムルに「思い出や、息子の存在を否定するな」と、むしろ怒らせてしまいます。

スンナムに魂胆を聞くファン・ボンチョル。スンナムに「言いましたよね?ユミンを追い出すと。私も同じ目標です。私を利用してください」と、言われ、ファン・ボンチョルは、頭がキレる女だと思います。

スンナムを呼び出したヨン・ソンジュ。そして、セヒとユミンも現れると、ヨン・ソンジュは2人に「スンナムに謝りなさい」と、言います。2人は謝らないでしょうね。謝ったとしても、口先だけなのが目に見えてるわ。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/30  15:03 | 投稿者: Author

コン・スレと、チャヌは一緒にブレスレットを作ります。なんで、そう言う経緯になったのかは分からないけど・・・。カットかな?もちろん、それを、写真に撮る人物が・・・。

チャヌはコン・スレにチェ家に戻るため、もう芝居は終わりだと言う事を告げます。最後に抱き合う二人。もちろん、これを写真に撮っている人が居ました。

ボンヒは、ヨンオクに「お母さん、心の準備をして。卒倒するわよ」と、コン・スレとチャヌが一緒の写真を見せます。もちろん、烈火のごとく怒ったヨンオクは、コン・スレが帰ってくると、追い出します。

帰ってきたコン・スレ家族は一体何が有ったのかと、玄関に居るコン・スレに話しかけますが、コン・スレは何も話しません。

マジュンとジョンブンは、チャヌに事情を聞きますが「何も有りません」と、説明されます。

コン・スレが玄関前で、へたりこんでいるので、チャヌが気を使い座布団を敷いてあげていると、ちょうど、ボングクが帰ってきます。チャヌも含めて、ソ家に入るコン・スレとボングク。

イギョンは、デギョンに何が有ったのか聞くと「チャヌが戻って来る事になったんだから、良いじゃないか?」と、言われます。イギョンとしては、チャヌがコン・スレに本気だからだと悟ります。

イギョンは、インソプに「ボングクをどうにかして」と、言います。インソプに「お前、まさか、また、あの男と?」と、言われると、2階に上がるイギョン。イギョン、前もそうだけど、良い歳して、何、父親を頼っているんだか。その割には、コン・スレに対して、上から目線だし。自分のケツは自分で拭いて欲しいわ。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ

2018/10/30  14:02 | 投稿者: Author

ソヨンが、イド電影の韓国支社長として現れ、困惑するインギョンとジョンホ。ジョンホは「インギョンさんと話しをさせてほしい」と、席を外します。

ジョンホはインギョンに「変な、契約事項だった事に合点がいった。この契約はやめた方が良い」と、言います。しかし、インギョンは「この先に私が欲しいものが有る」と、契約しようとします。ジョンホは「無理強いはしない。いつでもそばにいる」と、言い、契約する事に。

ソヨンの方は、ミヌに「手を組まない?」と、言ってきます。さすがにミヌもバカじゃ無いから「この女の腹積りは一体なんなんだ?」と、警戒します。しかし、二人とも、敵は同じなので、ミヌは、一時ごねたのに監督をする事にしました。

ホン院長は、ジョンホに「あの契約ならば、他の男もインギョンには寄り付かない。良い部分も有る」と、いかにも、彼女らしい感じで、ジョンホを励まします。

インギョンは、スンジュンと共に、ハンス、チュンジャと、出掛けます。ハンス、チュンジャが買い物をしている最中、ファンに取り囲まれたインギョンは、スンジュンとはぐれてしまいます。はぐれたスンジュンは、ピョン社長と話しをしていました。スンジュンを見つけたインギョン達に、ピョン社長は「誘拐しようとしているの?」とか、言われてるよ

その後、スンジュンは高熱を出してしまい病院へ。インギョンに着替えを持ってきてもらうグムスンだけど、インギョンに引き出しを見られたらやばい事に気づきます。着替えを用意しているインギョンは、自分が編んだトンドンの服が出てきます。それと、スンジュンの写真が・・・。

インギョンが疑問に思っている所に、慌ててグムスンが戻ってきます。グムスンって毎回毎回、なんであんなに動揺を顔に出しちゃうんだろう?その割に、インギョンには濡れ衣を着せたのがばれないと言う怪。


人気ブログランキング



blogramで人気ブログを分析

0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ