ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2018/11/1  20:47 | 投稿者: Author

黄龍でセヒに「私の孫ジュニョンを殺した」と、掴みかかるチェ・ボクヒを引き離す、ユミン。それでも、なおチェ・ボクヒは「ジュニョンを殺した」と、セヒを指して叫び続けます。セヒは、警備員に「このおばあさん追い出して」と、大声で言うので、ユミンに睨まれたわよ。

その後、セヒは、ユミンに「あの時は、気が動転して」とか言いつくろいますが、ユミンとしては、会社の前でやられて、いい見せ物になってしまったのも有って、セヒに「帰れ」と、言います。

スンナム達が、チェ・ボクヒを、積賢斎に送ると、ユミンがやってきます。ユミンはスンナムに「セヒが、ジュニョンを死なせたとは思えない」と、言いますが、スンナムに「記憶を取り戻してるのよ。真実を明らかにする」と、言われます。スンナムの気持ちは分かるけど、まだ、そういう事は、ユミンに言わなくても良いと思うわ。

ユミンは「お母さんをお前が引き取っても良い。その代わり会社を辞めろ」と、スンナに言います。「取引には応じない」と、答えるスンナム。ここのところ、ユミンは取引でピンチを打破しようとしているわね。

ユミンはユナから「お義姉さんが、ウンギルフードに来ていた」と、聞かされます。

その後、ユミンはセヒに「ウンギルフードとは前にも提携の話が有ったのか?」と、聞きます。「ない」と、答えるセヒ。ユミンは、さすがに直球では聞いてこないですね。

ユミンとセヒがファン家にいるため、ヨン・ソンジュは積賢斎に帰るように言います。帰りたく無いセヒですが、荷造りをしているユミンは「ジュニョンの死に、君は関わっていると考えるのが恐ろしいんだ」と、言います。ユミンが疑い始めていると言う事ですよね。

課題が上手くいきそうなスンナムなので、セヒはパン・グァンシクを使い、スンナムの過去の横領などを、ネットで流します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2018/11/1  20:15 | 投稿者: Author

コン・スレを殴ろうとして、手を挙げたイギョンの手を止めたチャヌ。チャヌがコン・スレと共に、会社を出て行くので「チャヌ」と、奇声を発するイギョン。韓国ドラマの定番。奇声を発すれば、戻ってくるかしら?デギョンが、イギョンを止めます。

コン・スレはチャヌが自宅に戻る事にしたため、入社を辞めると、チャヌに話します。チャヌは「母の様子が気になってアメリカに行きますし。それに、職が無いとユナを引き取るのに不利です。弁護士をしていたから、わかるんです。ボンヒは策を弄して来るでしょう」と、言います。

イギョンが公演前に、訪れてきたため、ウキウキで会うボングク。ところがイギョンに言われたのは「コン・スレが会社に入るのを止めて。私を愛しているなら出来るでしょう。あなたで無くチャヌさんとアメリカに行く」でした。イギョンもチャヌを愛しているなら、チャヌのために身を引いたら?人にばかり、求めてるんじゃ無いわよ。

ボングクとしては、当然、これが面白く無くて、公演前だというのに、飲酒。その姿を、いろんな人が写真に撮り、ネットで、拡散されます。ハンドが、ボングクに「公演前に飲んだ事が契約違反だと、エージェントが言って来ている」と、言います。

ボングクは、エージェントの社長に謝罪します。社長は椅子の背もたれをボングクに見せたまま「怖いですね。お金って。お金がかわると謝るんですね。人の娘を死なせても、謝らないのに」と、振り返ります。「チャヌ〜」と、悔しそうなボングク。ボングクとイギョンは情熱的と言えば、そうだけど、なんでも、理性が無いだけでしょう?

ネットで、ボングク飲酒のニュースを見たヨンオクは、コン・スレに「あんたのせい」って。いや、関係無いから。

イギョンは、ボングクの子を妊娠したようです。どうする?まさか?堕ろす?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2018/11/1  18:57 | 投稿者: Author

ただ、レストランでインギョンに会っただけで、何、ヒエってば因縁つけてるんだか・・・。インギョンが、ミヌが抱く娘を覗き込むと、ミヌってば、娘をちょっと下げてるよ。インギョンは心の中で、ミヌに対して「自分の娘は大事にするのに、息子は?」って、思うんだよね。気持ちは分かるけど、腹をくくったんだから、そんなミヌの事なんか気にしなきゃいい。

当然、インギョンたちは、レストランを出て行きます。

インギョンとミヒのポスター撮影。ミヌもインギョンに嫌がらせをするけど、相変わらず先輩風吹かすミヒですが、足をくじいてしまい、座ってのカットになっちゃって笑えたわ

チルボンが電話をしている会話の内容から、マルスンは、スンジュンは、インギョンの子なの?と、疑問が湧きます。

そして、マルスンは、その事をグムスンを問い詰めます。嘘を突き通す事が出来ないグムスンなので、バーレバレ。マルスンは「インギョンも知っているの?」と、聞きます。「数日前」と、答えるグムスン。

そして、インギョンが帰ってくると、グムスンも含めて話をするマルスン。マルスンは「スンジュンが自分の子だと解っていたのに、黙って辛い思いをしていたのかい。女手一つで、育てる大変さは、私が一番身にしみているから、いくら血は繋がっていなくても、あんたは私の娘だから、それが良いと思ったんだ」と、説明をします。

やりきれない思いで涙するインギョンにマルスンは「私が悪かったよ。あんたも辛い思いをしたけど、私だって辛かったんだ。子供を見ると、思い出していたよ」と、インギョンと抱き合います。マルスンも、そこまで人で無しでは、無かったんですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2018/11/1  12:47 | 投稿者: Author

ヨクに「私を殺しても、手に入れられない」と、まさに痛いところをつかれた燕山君は、刀を落とします。こんな事をしても、チェギョンが手に入らないのは解ってはいたでしょうね。

ようやく疑う事が無くなったヨクとチェギョンは、新居には戻らずに、例の酒幕で、過ごす事にします。

欲しい物が手に入らない燕山君は、チャスン大妃に甘えてみたり、酒浸りになったり。

王座を諦めたヨクに、それは自分で決める事で無く、運命なのだと、チャスン大妃は激怒します。

質屋に行ったヨクは、タニシの仲間達に謝ります。しかし、ソノは「王子様にとって、王は、家族でも、私や、仲間にとって、王は仇です。王をけん制する勢力は必要です」と、ヨクに言います。

シン・スグンが、タニシの質屋に潜入した事を、部下から聞かされたパク・ウォンジョンは、ミョンへと相談し、これを利用する事にします。まずは、これを、イム・サホンに知らせます。

イム・サホンから話を聞かされた燕山君は、当然怒りシン・スグンに「逆賊で無いと証明したいならば、タニシの頭をとってこい」と、言います。

イム・サホンの軍と、シン・スグンの軍で、質屋を取りかこみます。質屋の中へ入ったシン・スグンは「チョギョンの父で有り、王子様の義父です」と、ヨクを逃します。

これを知った燕山君は、チェギョンの目の前で、シン・スグンを殺そうとします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ