ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2019/10/11  21:25 | 投稿者: Author

ミスンは「帰ってきたの」と、研ぐ爪を隠して、ドンピルと話しをします。

チャンソクに強請られるエスク。

モランは、ジョンヒョンに近づきたいからでしょう。夜学の講師をする事にしたようです。だけど、その教科書に出てくる名前が、ボンヒとジョンヒョンなの。関係ない事で、ボンヒに相変わらず逆恨みのモラン。

モランの母親、エスクも無駄にミスンにエネルギーを使っていて、ミスクの学歴詐称のネタを記者から仕入れて、高笑い。

そして、得意げになって、ミスンの事務所を訪れたエスク。ちょうど、ミスンの前にはお金が入ったスーツケースが有りました。そして、エスクはミスンに学歴詐称の事を言うと、ミスンに「何が欲しいの?」と、聞かれます。エスクはスーツケースに目をやり「それよ」と、いいます。エスクはミスンから、お金を、むしりとれば、チャンソンに渡せると思っているのかな?

ドンピルとエスクを同時に呼び出したミスン。ミスンはエスクに「わかってないのね、海外では、夫の苗字を名乗るのよ」と、自分が学歴詐称では無い雑誌を見せて証明します。ミスンに「あんたに、脅されても、痛くも痒くも無い」と、言われるエスク。

洋服の配達を頼まれるボンヒ。ボンヒはエスクの家に電話をして、配達の後、直帰して良いかを聞きます。電話に出たのがチュンジャで、チュンジャはエスクに聞きます。エスクは、ミスンにやられてズタボロで寝込んでいて「任せる」と、答えます。チュンジャは「いいそうです」と、伝えます。チュンジャは、電話の相手に聞き覚えがあるなと思います。

洋服を届けたボンヒは、そこがジョンヒョンの家だとわかります。ボクジュが試着している間、つい、ジョンヒョンの部屋に入るボンヒ。普通、徘徊する?って思うけど。帰って来たジョンヒョンが部屋に入ってきました。ボクジュの声が聞こえ、ジョンヒョンは慌てて扉を閉め、ボンヒを壁ドン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/10/11  20:36 | 投稿者: Author

拉致されそうになったソクフンを、ちょうどジョンドが助けます。実は、ミンギュもやってきていて、竹箒を持って参戦します。様子を見ていたキム秘書が、ミンギュの参戦に気づき、クラクションを鳴らし手下に、退散を促し、車に乗せて立ち去ります。鼻血が出ているミンギュは、お医者様にもかかわらず倒れます

ミンギュを家で、手当てをするソクフン。「何が有ったの?」と、聞く家族。「喧嘩だ」と、言うジョンド。チュジャはジョンドに「怪我してない?」と、聞くとジョンド「体がほぐれた。若い頃は・・・」と、言います。

ミンギュが「母さん、ハン科長に何やってんだよ」と、電話をしながら、ジョンドを家を出ると、門のところにソルファがいました。さらに、ジョンドもソクフンが襲われたのが、グィジョンの手下によるものだったと知ります。

そして、ジョンドは、ミンギュと共に、グィジョンの家にやってきます。血も繋がっていないのに、家族とか言うジョンドを馬鹿にするグィジョンに「親がおらず怪我をした彼を捨て、お金だけのあんたとは違うんだ。家族には情が大事なんだ」と、言って、ジョンドは出て行きます。ジョンドの態度に腹をたてるグィジョン。どんどん、因縁の対決になっていきますね。

ジョンドは、ソクフンのこぶしから血が出ている手を握りながら「手が俺に似ている。家族は、辛いことを共有するものだ」と、言います。

寝室で、ジョンドに感謝するチュジャ。ジョンドは「あの子はあんなにいい子ないのに、かわいそうな子だ」と、言います。それと、ジョンドは「もう、変なことはするなよ」と、念を押します。ただ、チュジャは「本当にただの喧嘩?ミンギュの母親がうちを覗いていたのよ」と、なんとなく気がついています。否定するジョンド

ソルファは、出演依頼をしようとジョギングするジュンサンに会うと、出演を快諾されます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2019/10/11  19:10 | 投稿者: Author

みんながいる前で、イェウンは、オ本部長に「妊娠しました。しかし、出産休暇も育児休暇も取りません。オ本部長は、キム課長に育児休暇をあたえてくれる優しい人だから、言ったんです」と、言います。

すぐに、クォン本部長に呼び出されるイェウン。「やめろ」と、言うクォン本部長。イェウンが抵抗すると、クォン本部長は「イ代理の時、辞めさせようとしていたな。自業自得だ」と、言われます。

部署に戻ると、ユ次長に「クォン次長に辞めろって言われたか?自業自得だよな。ミソの時、やめるように言ってたもんな」と、同じことを言われるイェウン。同僚達からもそんな視線を投げかけられていたイェウンですが、ミソが「はい、仕事仕事」と、雰囲気を変えます。

機嫌よく、家で食事をしていたイェウンですが、イルモクから「おばデレラに、おじストーリーだと明かした」と、言われ一気に不機嫌に・・・。イルモクは「僕が言う前から、おばデレラは、気づいていた」と、言います。

会社でジョンヒョンに会ったイェウンが声をかけると、察しが良いジョンヒョンは「おじストーリーの事は言いません」と、言います。信用して良いものかどうか気になるイェウン。それは、あんたが、人の弱みを口外する人物だから、気になるんでしょう?善人ぶられるのが嫌なら、話しても良いかもね。

イルモクから、ヘスンが、スランの家にいると聞かされたジェミンは、ヘスンに謝るため、スランの家へ・・・。この時、ヘスンとスランが、ミソの事を話していました。それを聞いていたジェミンは「実の娘?」と、2人がいる部屋に入ってきます。さらに、ミソもやってきます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ