ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/1/29  21:02 | 投稿者: Author

ちょっと、ここんとこ、堂々巡り・・・。あと、余談だけど、前回から、イェリョン役の人は、ちょっとだけ、茶髪にしたし、メイクも変わったわよね?今度は、服が、真夏仕様。

リゾートの人から、グムボクが辞表を出したと、電話を受けたイェリョンは、めでたし、めでたしと言わんばかりに、社屋前を颯爽と歩いていると、お約束で、水をかけられます、なんと、掃除中のグムボクが、誤って?わざと?水をかけたのです。

イェリョンからすると、水をかけられたのも腹がたちますが、何より、どうして、グムボクがそこにいるか?です。グムボクは本社の清掃員として、採用されていた訳です。その後、また、トイレで口論となる二人なのですが、何で、会社でも、レストランと設定されている場面でも、出てくるトイレは全部同じなの?何なら、他のドラマでも出てくるトイレだけど?

ビラを燃やした事に怒っているグムボクに対して、イェリョンは「あなたのお母さんは生きていない」と、言います。

その後、執務室で、イェリョンは、恨みつらみだったけど、何?そもそも何で逆恨み・・・?後ろめたさが、そうさせるのかしら?

ミヨンと、ワン女史も、グムボクが本社で清掃員になったと知って、また、やめさせようと考えます。ワン女史は、リヒャンの態度から、グムボクを知っているのでは無いかと思い、それをミヨンに伝えます。

ミヨンが家に乗り込んで来た事を知ったイヌは、それをムンヒョクに伝えます。

家で、ムンヒョクはそれを、ミヨン達に話し「グムボクを諦めようかと思ったけど、諦めるのはやめた」と、言います。

ミヨンはリヒャンを利用して、グムボクをムンヒョクから引き離す事にします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/29  20:24 | 投稿者: Author

セヨンは家族とククスを食べています。家の外からチョルスが「セヨン」と、呼びます。なんと、警察が来ていたのです。セヨンは、コピー商品を売った罪で、警察で取り調べを受ける事に・・・。シニョクに来てもらう家族。

セヨンがいくら否定しても、警察では「取引先が証言したんだ」と、言われます。

ヨンスクとピルモクで、シニョンにその取引先の居場所を教えてと、お願いしますが、シニョンに「捜査に関する情報は言えないんです」と、阻まれてしまいます。お金積めば、教えてくれるんじゃない?ヨンスクは「セヨンの取引先と言ったら、一つしかない」と、その服屋の社長に会いますが、しらばっくれられます。

セヨンを留学させると言うヨンスクにウン会長は「クム執事の解雇だけでは、済まされない。ギョンへには、セヨンさんが必要なんだ。君がセヨンさんが可愛いように、私もギョンへが可愛い」と、暗に、今回の件に絡んでいる事を言います。本当、お金持ちって、何にも持ってない貧乏人を踏みつけにするわね。

車を運転する服屋の社長の前に現れたヨンスクは、娘のためには、なんでもやるという感じ。ヨンスクの気持ちに押されて、服屋の社長は、コピー商品の工場の住所を教えます。

ウン会長とミョンファンに、騒ぎが収まるまでと、楊平の別荘に行くように言われたギョンへ。ちなみに、別荘は、韓国ドラマではよく出てくる別荘です。口論になって、ミョンファンにビンタされたギョンへは、酔ってヨンスクに電話をします。

別荘に行ったヨンスクは、錯乱して、ギョンへが「ぶたないで。ハワイへ行きたくない。ハワイへ行ったら戻れなくなる」等と、言ってる姿を目の当たりにします。

ヨンスクは、釈放されたセヨンにパーソナルショッパーの契約書を見せます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/29  12:53 | 投稿者: Author

マジックの授業中、ハン先生が、ジェイに手伝う様に言うと「助手がいるだろう」と、ジェイは言います。ハン先生は「ジョンマンのマジックを馬鹿にしてるのか?」と、言い「そうじゃない」と、否定するジェイ。二人のマジック哲学で口論になり、ジェイが助手を「やる」と、言うと、ことわるハン先生。ジョンマンとナラは、二人の口論から抜け出します。

ジョンマンは、ナラに「バイトをしないか?」と、声をかけます。

子供達の前で、マジックを披露するジョンマンと、ナラ。子供達が喜ぶ姿に、嬉しそうなナラ。

実は、ジョンマンも公務員を目指していたけど、女性にモテたくて、マジシャンを目指したと、聞かされたナラは。自分に近いと感じたでしょうね。

酔ったナラを、ジョンマンがマジック学校へと、連れて行きます。そこに、帰りが遅いナラを心配した父から、ナラのスマホに電話がかかってきます。ナラが酔いつぶれているので、代わりにジョンマンが出て「ナラは、酔っているのでここで寝かせます」と、言います。

しかし、迎えに行った父は、マジック学校で「サーカスですか?」と、聞きます。ハン先生から「マジック学校です」と、ナラも授業を受けていることを知る父。辞める様に言う父に、ナラは「僕、駐車場で見たんだ。父さんが公務員に頭を下げているのを。父さんの夢を、僕にさせないで」と、言います。

翌朝「マジック学校は辞めない」と、言うナラに、父は「出て行け」と、言います。ナラがギターケースを開けてみたあの写真は、お父さんがバンドをしていた姿なんじゃないかと思うんだけど・・・。だと、したら。ナラのお父さんもそんな時期が有ったと言うことよね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/29  10:33 | 投稿者: Author

被害者役:ユ・グム 『ヘチ 王座への道』『あなたは贈りもの』『ショッピング王ルイ』『あの空に太陽が』『私の婿の女』
清掃員役:キム・ソノ 『あなたは贈りもの』『キャリアを引く女〜キャリーバッグいっぱいの恋〜』『凍える華』

ワン・デリュクは、ドランに対して、いたずらが過ぎたと反省し、謝ろうとしますが、ドランに「思い出したくもありません」と、言われてしまいます。

マリッジブルーのイリュクは、チャン・ダヤがドレスの試着をしている最中に、姿を消してしまいます。大騒ぎのウニョンは、ホンシルの家で「私が結婚を反対したのは、あなたの夫が殺されたからじゃないの。こう言う事が起きると思ったのよ」と、言います。これを、偶然聞いてしまったチャン・ダヤは、父の死が交通事故で無かったと知って、倒れてしまいます。

チャン・ダヤが目覚めると、ウニョン、ホンシル、ゴレ達が見守っていました。チャン・ダヤは「お父さんの本当の死を何で言ってくれなかったの」と、泣きます。チャン・ダヤの部屋を出ると、ウニョンは謝りますが、ホンシルは「かえって良かった。いつかは、本当の事を知るし」と、言います。そうですね。

チャン・ダヤは昔の記事を検索し、犯人の写真を見せながら「犯人はどこの刑務所にいるの?」等と、家族に聞きます。ホンシルは「あの頃の私は、死んでいた。あなた達がいなかったら、お父さんの後を追っていた」と、言います。ゴレは「全部知っていたよ。僕も犯人に会おうとしたけど、お母さんの気持ちを考えてやめた」と、言います。抱き合って泣く3人。

辞表の準備をしたカン・スイルですが、グムビョンから「お礼に」と、お惣菜をドランに届けるよう頼まれます。カン・スイルがそれをドランに届けると、ドランから「送ってもらったりしてるから」と、お礼のマフラーを贈られます。その後、うどんを食べる二人。ドランは父が死に「世界でたった一人の私の味方が、いなくなったんです」と、カン・スイルに話します。

カン・スイルは、ドランにいい人が現れるまでは、そばにいようと、辞表を引き出しにしまいます。

ヤンジャは詐欺に遭ったようです。そんな気がしました。売る側が急いで、ヤンジャに判を押させていたのが、気になっていたのよ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  20:32 | 投稿者: Author

チーム長役:ヨ・ウンボク 『棘トゲと蜜』『愛の温度Love Temperature』『白詰草シロツメクサ』『被告人』
キム社長役:チョン・ヘリョン 『完璧な妻』『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』『あなたは贈りもの』

登山面接中、方位磁石を落とし、それを拾おうとしたヒョンミンは、お約束で、滑り落ち足を痛めます。探しに来たジヨンが、ヒョンミンを発見し、応急手当をしますが、ヒョンミンは歩けません。夜、二人で、救助隊を待つしかない状態に・・・。

この時、ヒョンミンは「親が決めた相手とは結婚しなかった。一人で海外へ行ったんだ。何で、君は、すぐに結婚したんだ。君を恨んだよ」と、言います。何?言ってるの?ヒョンミン。女々しい男。ジヨンは「私が振られたの」と、言います。その通りです。そして。救助隊に見つけてもらえた二人・・・。

ジヨンにはDLグループから、合格に知らせが来て、晴れて入社します。

DLグループの広告の撮影をするイリョンは、家族での参加を頼まれます。イリョンは「妻に説得は出来なかった」と、言うと「じゃ、娘さんと二人では?」と、DLグループの人に言われます。イリョンは、それを、ハナに聞いてみると「やる」と、言うので「みんなに内緒だよ」と、イリョン。

そして、撮影当日、ハナが学校に来てないと、ジヨンに連絡がきます。まぁ、そうなるわな。ハナが撮影に参加した事を知ったジヨンは、イリョンに憤ります。ハナは「ママに言ったんじゃないの?何?離婚したの?パパの嘘つき」と、走り出します。そうです、あなたのパパはゲスです。

イリョンの広告を見たウニョンは、ジヨンが離婚したのを知っているので、契約違反では無いかと、ヒョンミンに言います。ヒョンミンも調べていて、その事実をちょうど知ったところで「不仲だとは思っていたが」と、言います。やっと、この時が来たわ。

契約違反で、違約金を請求されたイリョンは「契約の時は、まだ、離婚していかなった」と、言いますが、すでに、離婚していた事を突きつけられます。いい気味。自分の事を棚に上げて、ジヨンに「君が、離婚の事を話したんだろう?」等といってきます。いいえ、イリョンの自業自得なので、それに関しては、ジヨンに絡んでこないください。

何やら、グムスクは、ボンスン、デガムと共に、お店を始めます。その様子を見ていたギチョル。そんなギチョルに、財産差し押さえの通知が来て、ギョンスンに「取り消せ」と、言います。ギチョルはグムスクにも「俺の金で、何、ビジネスしてるんですか?」とかまで言っています。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  19:25 | 投稿者: Author

ピルドュの方から「DNA鑑定をしよう」と、言われて困惑するソクフン。部屋の外で、二人の会話をソルファと、チュジャが聞いていました。

居間に戻ると、チュジャは「私が言ったからかしら?」と、気をもみます。セナは「調べた方が良いわよ」って。私もそう思います。まぁ、この二人が親子じゃないとわかっているからってより、一応やった方がすっきりすると思うのよね・・・。

ナンソルはニヤニヤしながら、ミニに「ハン理事ってどんな人?」と聞きます。ミニからすると、父親が前科者でも、自分の娘に、ソクフンが良いと思っているのかよって感じで「よくわかりません」って。いや、本当は、むしろ、よ〜くわかってるだろっ

ミニは、ナンソルから、ソクフンの事を聞かれて、カチンときて、わざと「ハン理事もあの匂い袋を見ていました。あの匂い袋はなんなんですか?ジュンサンさんの実母のものなんですよね?」と、聞きます。

ナンソルは急に、顔色を変え「知らない」と、言い、ドヤ顔でミニは「ジュンサンさんの実母の事に関する事を、聞かれてたら嫌ですよね。お義母さんに、ハン理事の事を聞かれたもので」と、答えます。そこに、ガプチャが入ってきて「ジュンサンの実母の話はデリケートな事だから、話をしないで」と、言います。ミニは「私が悪いんです」と、しおらしく言います。

ミニの様子を見て、ナンソルは「思ったより、あざとい子ね」って・・・。ミニはナンソルと同じ匂いなのに、気づかないのかよっ!

ミニは、探偵の断片的な調査結果ながら、ソクフンとジュンサンが入れ替わったのだろうと、気がつきます。さらに、ソクフンとピルドュがDNA鑑定をしようとしてる事を知ったミニは、その邪魔を企てます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  18:39 | 投稿者: Author

探偵事務所に電話したウンシルが「私を探している人がいますか?私の名前は」で、場面が切りかわっちゃったけど、何て、名前で、言ったんでしょうかね。それと、ウンシル自身、バス停に貼ってあったビラに気づいたかしら?そのビラは風で飛んでいっちゃったけど・・・。

テジュン、ムンヒョク、ミヨンとの食事に向かう、グムボクとイェリョン。イェリョンは途中で「トイレに」と、言って、グムボクを引っ張りトイレへ・・・。

イェリョンは、テジュン、ムンヒョクの話に、自分を追い出した不満を、グムボクに話します。グムボクの方も、イェリョンが、ウンシルのビラを燃やした事を咎めます。口論していると、お約束で、ミヨンが現れます。ミヨンはイェリョンの味方だといます。ドヤ顔のイェリョン。

テジュンはグムボクを「送っていく」と、言います。しかし、テジュンには電話が来て「何?見つかった?」と、言っていたので、おそらくウンシルの情報でしょう。テジュンはグムボクに「運転手に送らせる」と、言います。

その後、ミヨンと、イェリョンの二人がかりで、グムボクにTSを辞めるように言います。

夜勤続きのイヌのために、グムボクは、夜食を持って行ったようですね。グムボクは「私と顔をあわせるのが、気まずくて夜勤ばかりしているの?」と、聞きます。「そうじゃない」と、イヌ。

グムボクは「私は、9年前からイヌを思う気持ちは変わらない。あなたは、男前で、おばさんも私なんかよりいい人がいいだろうと思っているだろうから。待ってと言えないの」と、言います。「そういう理由なら、待つよ」と、イヌ。そこに現れたイェリョンは「グムボクは二股をかけている」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  14:21 | 投稿者: Author

パク・ダギョン役:キム・ヒョンスク 『王の顔』『大王の夢』

このドラマって、ヨンスクが主役よね?今回、出てきてないわ。思えば、前回もちらっと出てきただけの様な・・・。

ウィナーズのファッションショーが見られるとあって、嬉しそうなセヨン。その様子を見ているジェジュンの顔に、笑顔が漏れていますけど?ジェジュンって、いつも鉄仮面みたいな顔をしてるのに・・・。

バックステージにまで、入れる事が許されたセヨン。ショーのスタッフ達は、忙しいだろうに、セヨンが邪魔にならないかと、余計な心配しちゃったわ。セヨンにデザイナーのダギョンが話しかけてきます。

ショーを楽しむセヨン。最後にダギョンが出てくると「夢を持つ人を応援します」と、言って、セヨンをランウェイに。

ウン会長と食事をするセヨンは、先日の、アテンドをした方こそが、ウィナーズのウン会長であり、ギョンへの祖父であると知ります。ウン会長からギョンへの事を頼まれたセヨンは、断ります。すると、ウン会長は「ギョンへに恩があるだろう」と、例の新聞記事を、セヨンに見せます。しかし、セヨンに「助けたのは私です」と、言われます。

ギョンへが人助けをしたのでは無い事や、ミョンファンの仕業で、ギョンへが過去、お店で、バリバリ服をはさみで切っていたのが、記事になります。ウン会長は「ギョンへに注目を集めすぎた」と、ジェジュンに言います。精神疾患がある人に、イメージアップ大作戦は、安直でしたね。

ウン会長は、ギョンへに「言うことは無いか?」と、言います。躊躇するギョンへに「私から言おうか?」と、ウン会長。ギョンへは「私がセヨンを助けんじゃ無い」と、言います。「よく言った」と、ウン会長。まぁ、しょうがないけど、これが、大人の会話なのかね?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  12:21 | 投稿者: Author

警察官役:ユン・ジュンソン 『サイムダン師任堂、色の日記』『シティーハンター CITY HUNTER in Seoul』

医師のジュンは、小児患者のミレの元を訪れます。死を口にするミレに「死ぬなんて言っちゃダメだ」と、ジュン。だけど、ミレは親達の話しを偶然聞いて、奇跡が起きないとダメなのだと話します。奇跡の意味を聞くジュン。確率が低い事だと、話すミレ。そこに、ミレの両親がやってきます。

ミレの母は、ジュンに「先生は、医療奉仕活動のために、病院を辞めると聞きました。ミレの手術まで、いてくれませんか?手術は3週間後なんです」と、お願いします。ジュンは「僕も急がないと。ミレにマジックを見せたいので」と、言います。

ホテル?自分の家?に、いるジェイの元に、マネージャーが訪ねてきます。マネージャーが「電話がつながらないので、きました」と、いうと、ジェイは「だったら、かけ直してくれ」と、ドアを閉めて、マネージャーがかけ直してきた電話に出ます。ジェイ、若干面倒くさい男です。内容はインタビューを受けてくれと言う話でした。

記者から「お兄さんのケイさんは、死んだのに、再捜査を要請したようですね」と、聞かれたジェイは「死体が上がっていないんだ」と、言います。記者は「ケイは、以前行方不明になったと騒ぎになった後、1ヶ月後に出てきましたよね」と、言います。不機嫌になって、カフェを後にするジェイ。

ナラは、ウリから、出来上がったシナリオを見せられ、いい出来だと褒めます。ウリは映画が好きな理由として、実生活では出来ないけど、一時停止をしたり、早送りができて、見たいところだけ、見られるからと、言います。

ソンは、イスルのタロット占いにいちゃもんをつけます。

このドラマに出てくるスマホは、iPhoneじゃ無いのね・・・。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/1/28  9:42 | 投稿者: Author

グムビョンの付き添いで、グムビョンの家にやってきたドラン。ジングクの計らいで、カン・スイルの運転で、家まで送ってもらうドラン。カン・スイルの方は、娘を車の乗せて運転をしている事に、幸せをかみしめています。

ワン・デリュクはすでに、ドランの事が気になっているでしょうか?駅から走っているドランを車から見て「時間は、間に合うのに、何で走っているんだ?」とか。ドランが「豆から挽きました」と、コーヒーを出すと、ワン・デリュクは「口には、合わないけど、まぁ、良い。気難しくないから」とか。

で、また、ワン・デリュクが「頭がいたい」と、いうので、薬を買いに行くドラン。ドランはワン・デリュクに「この薬を飲んで、良くならない様でしたら、精密検査を受けてください」と、言います。ドランをからかって楽しむワン・デリュク。

ウニョンは、グムビョンが認知症になったと、話し、それをきっかけに二人は和解し、イリュクと、チャン・ダヤの結婚が許されます。

グムビョンがドランにお礼がしたいと言うので、また、カン・スイルの運転で会社から、グムビョンの家に行くドラン。カン・スイルは、キム・ドンチョルの手紙にあったドランの好物のバナナ牛乳を渡します。

グムビョンは、ドランにお礼のお金を渡そうとしますが、ドランは断ります。

カン・スイルは、ドランの近くにいすぎていて、秘密は、いつかばれると、辞表の準備をします。

会社では、新入社員歓迎会。それが、終わった後、また、わざわざ倒れてみるワン・デリュク。慌てて、人工呼吸するドランから、ワン・デリュクは逃げます。さすがにドランも「命を使ってふざけるのは、やめてください」と、怒ります。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ