ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/2/14  20:17 | 投稿者: Author

モランに「私が娘」と、言われ、困惑のミスンはひとまず刑事達に「誤解だったようです」と、帰ってもらいます。

モランは、背中のホクロを見せて、ミスンに「私は、娘だと気づいてほしかった」と、言います。モランを抱きしめるミスン。

これで、完全に調子に乗ったモランは、作業場からボンヒを追い出します。

モラン回想・・・。モランはエスクに「私が刑務所に行くことになったらどうするの?」と、言います。「そんなことはさせない」と、エスク。モランは「私が何をやっても、いいわよね」と、言っていたんですね。

一方、モランの暴挙を見たエスクの方は、腰が砕けながら、テヨン紡織に戻ってきます。そして、エスクは、ドンピルに「モランは、ミスンに自分は娘だと言ったわ」と、言います。

そして、ドンピルの元には、ミスンがやってきて、何で、娘の存在を教えてくれなかったのだと言います。ドンピルは「お前に、新しい人生を歩んで欲しかったから。愛していたから」等と歯が浮くような事を言います。

やってきたエスクにミスンは「一つだけ聞きたい事があるの。あの時。ボンヒのお母さんも子供を産んでいるのよ」と、言います。そう、そこ、ミスン、よ〜く考えて。「わからない」と、答えるエスク。そして、エスクは、施設に預けられそうになったけど、背中のホクロを見て、育てる事にしたの」と、嘯きます。

モランは、ミスンに「ボンヒは、私から、ジョンヒョンさんを奪った」と、話します。

エスクは、モランが働くブティックに電話して、お夕飯の話をします。そこに、ドンピルがやってきて「家族3人で、食事だ」と、言います。慌てて、電話を切るモラン。これが、漏れ聞こえてきたエスクってば「芝居だからって」って、悔しい思いをする羽目に。

ってか、ドンピル一家で猿芝居。ばかばかしいです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/2/14  19:19 | 投稿者: Author

涙を浮かべるソクフンに「何があったの?私にだけは話して」と、言うソルファ。そんなソルファにソクフンは、胸を痛めたでしょうね。

ソクフンは「ソルファさんを思ったら、家族に等言えない」と、ジュンサンが言っていたことを思い出して、考え込みます。

ソクフンは、ジェリムに「ジュンサンのお母さんのお墓は、南原ですか?」聴きます。「家の近くのお寺だ」と教えるジェリム。

ソクフンはそこへ行き「長い間待たせてすみません」みたいな感じで、母の遺影に挨拶をします。その帰りに、やはりジュンサン母のお参りに来たガプチャと会うソクフン。ソクフンは、ガプチャを見て、おばあさん、僕の祖母と、思います。そして、ソクフンは、思わず「お祖母さん」と、ガプチャを呼んでみます。

ガプチャは当然驚きますが、ソクフンは「呼んでみたくなって」と、なんとか、ごまかします。まぁ、ガプチャとしても驚きはしたものの、そう、悪い気はしていないようでした。

ソクフンは、ジュンサンに「秘書を使って俺を監視しているのか?」と、言っていたけど・・・。そいういうシーンは出てきてなのは、元から?カットされているから?それと。ソクフンは「ソルファや、家族を利用するな」と、ジュンサンに言います。

ジョンドと飲むソクフンは「家族が見つかりました」と、言います。ジョンドは「そういう事は、先に言うのは、ソルファなんじゃないか?」と言います。それと、ソクフンが「家族には会えないんです」と、言うので、事情が理解できないジョンド。

そして、ソクフンはとうとう、ソルファに「別れよう」と、言ってしまいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/2/14  12:01 | 投稿者: Author

ドラン送り迎え作戦の、口裏合わせができていなかったと話すカン・スイルと、ワン・デリュク。

グムビョンは、ドランに「前世では、妹か、孫だったのかも?」と、ペアのネックレスをあげます。

出てきたドランにカン・スイルは「落し物の携帯を届けます」と、言います。「また芝居ですか?」と、ドラン。車を運転中も「ガス欠だ」と、ワン・デリュクが言うと、ドランは、また、わざとだと思います。はい、わざとなのですが、ワン・デリュクは「ドランさんを好きになって、代償として、いろんなものを諦めた」と、言います。

身分違いの恋だと心配するドランの気持ちを払拭し、ワン・デリュクはキスをします。まぁ、苦労はこれからだと思いますけどね。

ホンジュが好きな男とはどんな男なのか?財産目当てなんじゃないか?と、尾行したホンシルは、それが、カン・スイルで仰天。もしかして、ホンシルは、カン・スイルが事件の犯人だと気付いたのかと思ったけど、ウニョンの家の運転手だってことに、驚いたのね。

ホンシルは「あの人は、ウニョンの家の運転手なのよ。一体何を考えてるの」と、ホンジュに言います。ホンジュは、ウニョンの家の前でこっそり見て、カン・スイルが本当に運転手だったと、それなりにショックを受けます。しかし、いい人、カン・スイルを知っているホンジュは、パン作りに必要な道具を、一緒に買います。

そんなホンジュを責め立てるホンシルに、ホンジュは「犯罪者、殺人者じゃなければ良い」と、言います。いや、犯罪者なので・・・。この先、どうなるでしょう?

また、グムビョンに呼ばれたドランは、家族と食事。この時、ウニョンは、グムビョンとドランが「お揃いのネックレスだわ」と、言います。面白くないチャン・ダヤ。グムビョンが、チャン・ダヤに少し、気遣いが有ると、良いのかも?それと、チャン・ダヤは、ドランとワン・デリュクの視線に気づきます。

ウニョンも、わざわざワン・デリュクが「カン運転手が待っているよ」と、ドランをなんで呼びに来るのかと思います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ