ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/7/15  21:25 | 投稿者: Author

パク・ミノ役:ホン・ソジュン 『愛の温度Love Temperature』『被告人』『黄金のポケット』『浪漫ドクターキム・サブ』

ジョンドがファヨンに話した兄の事故。やはり、ソニョンは、車から降り、ジョンド兄夫妻は、車ごと落ちて、帰らぬ人になったようですね。ジョンドはファヨンに「子供を殺す人だから、何をしてくるかわからない」と、ソニョンを警戒します。

ソニョンは、ファヨンの事を調べて、テヤンとウジュの姓が違うので「ふしだらな女」だとか、言ってるの。ジョンドの話じゃ、ソニョンは、夫に愛されながらも、男をとっかえひっかえやっていた様ですけどね。そんな人に、ファヨンを批判されたくないわ。ソニョンの方としては、弱みがあった方が攻めやすいと、考えています。

シンモは、自宅で退院祝いをしてもらいます。この席で、シンモは、ルリにお見合いを勧めます。ルリが断る前に、シンモは例の録音を聞かせ、有無言わせず。

キッチンで、お見合いを嫌がるルリに、ヨンへは「嫌だったら、行かなくて良いのよ。お母さんから、お父さんに話しておくから。あなたの良さがわかる人と結婚して欲しい。なんなら、結婚しなくても良い」と、ルリを抱きしめます。

シンモは、ソウォンに勧められてかな?ヨンへと共に、スパへ。シンモ、利己的とは言え、家族の事を思っているのは事実なのよね。ただ、その方向性が違っていて、空回りしていて、痛いんです。

そんな、ソウォン、家でくつろげないのは、わかりますが、ヨンジュには冷たくあたっているし、別宅でヨガの先生かな?を呼んだり、読書したり・・・。これでは、ヨンジュが可哀想です。

テヤンは、ミョンランと帰国。テヤン一応、ルリの事を考えていますね。もちろんルリも、テヤンを忘れてはいません。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/15  20:49 | 投稿者: Author

ギョンへがセヨンに渡した遺品の偽物。セヨンは、スランに「父さんのへその緒が入った印鑑なんだって」と、渡します。スランは「会長は許してくれたのね」と、話します。

今じゃ、ギョンへがアラームを壊したので、ミョンファンは、書斎に座ってましたわ。

ミョンファンは、銀行の頭取に、ウン会長の貸し金庫を開けるように言います。最初は首を縦に振らなかった頭取ですが・・・。ミョンファンに不倫の写真を突きつけられた頭取。さて、ミョンファンの脅迫に屈するかしらね・・・。

ホルピスに入ったスラン。病状は厳しく、セヨンが病室を出て行った後、スランは、ヨンスクに「セヨンはちゃんと出て行った?」と、確認をさせます。確実にセヨンが帰ったとわかると、ヨンスクの手に、吐き出すスラン。スランは、セヨンに、見せないようにするのが、大変ですね。

調子が良い時は、ベンチで、セヨンと話すスラン。セヨンはスランに「愛してる」と、言います。二人の様子を見ているヨンスクは、このまま、時間が止まれば、良いのにと思います。

セヨンの方は、ヨンスクが、突っ伏して寝ている姿を目撃します。看護師さんから「病人の方と、介護する人、姉妹なんですってね。仲が良いですね」と、言われるセヨン。ヨンスクが懸命にスランを看ていると、感じたでしょうね。

セヨンが家に帰ると、門の前で、ミョンファンが待ち構えていました。「遺品の事で話がある」と、言うミョンファン。嫌がるセヨン。しっかり、ジェジュンが現れて、ミョンファンは退散。セヨンは、ミョンファンが出歩いている事を、ヨンスクに伝えれば良いのに・・・。

ミョンファンはギョンへに「セヨンは、偽物だとまだ気づいていない」と、伝えます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/15  19:33 | 投稿者: Author

ナウン役:カ・ドゥギ 『龜巌ホジュン伝説の心医』『イニョン王妃の男』『負けたくない!』『王女の男』『逆転の女王』
ナムハク役:イ・グァンフン 『人形の家〜偽りの絆〜』『馬医』『イニョン王妃の男』『ロマンスが必要』
サド役:チャン・テフン 『ショッピング王ルイ』『棘のある花』『ワイルド乱暴なロマンス』『夜叉ーヤチャー』
子連れ女性役:ヤン・ウニョン 『あなたは贈りもの』『千秋太后 チョンチュテフ』『ストック:君に贈る花言葉』

武寧(ムリョン)王から、チェファを殺害した盗賊と捕らえるように言われたミョンノンは向かう事になります。この時ヘ・ネスクは、最高のピムンを連れて行くように言います。

トルデとマングは、案の定、ソルランが寝ている間に、お金が入る巾着を盗み、去ります。しかし、それは、石が入っていました。目覚めたソルランは、巾着が盗まれた事に気づき行きます。しかし、お金は他の巾着に入っていたようです。

捜索するミョンノンはさすがですね。カンボク達に「スベクヒャン王女の家族を襲ったのは、盗賊では無く、盗賊を装った者だろう。髪一つ残ってないのは、盗賊の仕業では無い」と、言います。チンム、やばいですよ。

捜索中、ミョンノンは足を滑らせ崖から落ちそうになるのを、通りかかったソルランが助けます。「お礼になんでもする」と、言うミョンノン。ソルランは、ナムハクの刺青を見ます。彼らがピムンとわかったソルランは、ミョンノンに「妹を見つけ出すために、ピムンの力を借りたい」と、言います。

ミョンノンはソルランが以前、機転を利かしたので「素質があるかも知れないから、自分がピムンに入れ」と、課題を出す事にします。それは、村で、鳥のキジを米に変えてくる事。その課題に挑むソルラン。しかし、そこは、村では無く盗賊団の住処でした。ミョンノンはそれを知った上で、課題を出したのです。

ソルヒには、侍女が付きました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/14  19:54 | 投稿者: Author

ヒョンミンが実父と知り、ショックのハナは、心を閉ざしています。

ハナが心配なヒョンミンは、ハナに会いに行きます。ハナに「パパはユン・イリョン。おじさんは実のパパだけど、パパじゃない。パパと言わないで」と、言われるヒョンミン。ヒョンミンとしては、ハナに、事情を話せた事はいい事かもしれないけど、あまり、大人の事情を子どもに押しつけないでね。

ギョンスンも傷心です。川べりにいるギョンスンに心配なジヨンと、ジョンミは駆け寄ります。ギョンスンは「ウエディングドレスとは、縁がなかった」と、ウエディングドレスを、川に投げます。川にゴミを投げないでください。

ギチョルは、ギョンスンの職場まで来て「誤解だ」と、必死で説明しますが、これまで、何度もギチョルを信じては、裏切られてきたギョンスンは信じません。

余談ですが、スンジョンは今回から地味な格好では無く、ミニスカート、髪はカールです。

ちなみに、ギチョルは酔っ払って、またもスンジョンを、ギョンスンと間違えて、ベッドで抱きしめてしまいます。

スンジョンはギチョルが酔って語った事を、パソコンで、どうやら、都合よく編集したようですね。そして、スンジョンは、ギョンスンのいる職場へと、やってきます。ちなみに、そこには、ジョンミがいました。その、編集した音声を、ギョンスンに聞かせるスンジョン。

これで、ギョンスンは、ギチョルの職場へ来て(ジョンミも)ギチョルをひっぱたきます。スンジョンは「私の夫に何をする」と、いう感じです。

ハナのことで、ジヨンに会いに来たイリョンは、とうとう、自分の過ちを認め、謝ります。それは、良かった事ですが、取り返しがつきません。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/14  15:26 | 投稿者: Author

兄役:ソン・ゴヌ 『スイート6ストーリーズ〜マジック学校〜』『逆賊民の英雄ホン・ギルドン』『レディの品格』
妻役:ユ・ピルラン 『人形の家〜偽りの絆〜』『白詰草シロツメクサ』『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』

シンモは、回復しているようです。俳優さんも、麻痺した状態の演技をしばらくやるのも大変でしょうし。ソウォンはシンモに「父さんの健康回復のためにも、母さんを許して、引き止めてほしい。また倒れた時、一人では危ない」と、言います。

ソウォンは家に帰ると、ヨンジュに迫られ「いい加減にしろ。今、父さんは入院しているんだ」と、言います。どうやら、チャノクは、寝室の外で盗み聞きをしていたようで「なんだって」と、入ってきます。すると、ソウォンは「疲れてて、言えなかったんです。それに、ヨンジュに来てもらったところで、何の役にも立たないし」と、言います。さすがに、これ、言い過ぎ。

チャノクが、ヨンジュ夫妻の夫婦間の事に、口を出すのはどうかと思いますが「ヨンジュが惚れてるのをいい事に、一等地に病院を建ててもらって、豪邸も建ててもらった。恩に感じてもいいだろう」って。チュノクの母親としての気持ちもわかります。ソウォンは、お金目当てで、ヨンジュと結婚したの?

シンモの病室で、ヨンへと、ルリが入院のための整理をしていると、シンモはわがままを言い出し「寒い」と、言うので、ルリは毛布を取りに行きます。すると、シンモは、ヨンへに「寒いから抱きしめてくれ」と、言うので、ヨンへは抱いて、温めますが、シンモの手の様子がおかしいので「離して」と、言います。

そこに、ルリが戻ってきました。すると、今度は、ルリを土下座させた上で、シンモは、スマホで録音して、自分の言った事を、復唱させます。「お父さんの言う通りにする。もう、あの男とは連絡は取らない」と、ルリに言わせるシンモ。

ファヨンはジョンドに「お母さんの事を話さないのね」と、言います。「父が癌で亡くなりそうな時、父は母を愛していたので、兄夫婦が日本へ迎えに行ったんだ」と、話すジョンド。帰りたがらないソニョンは、ジョンド兄が運転するハンドルを取ったので、車は崖へ落ちたのです。

そのままなら、ソニョン、ジョンド兄夫妻、存命でしたが、ソニョンが、車から出ようとしたので、どうなったんでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/14  14:11 | 投稿者: Author

インターホンにスランの姿を見て、遺品の事で来たのかと、ギョンへは無視し、セヨンが怒鳴り込むのも、時間の問題だわと、焦ります。

ヨンスクは、セヨンの家の前まできて、ギョンへに「信じて」と、言われた言葉を思い出し、もう一度だけ、ギョンへを信じてみようと思います。それが、母親ってもんでしょう。ただ、ドラマ的には、ただ引っ張っているだけだし、それが、ギョンへを改心させられない原因になっています。

ギョンへのほうは、ヨンスク、ガンヒまでもが自分の元を去り、自分には誰も味方はいないと、自分の方から、禁断の果実、ミョンファンと手を組むことにします。もう、勝手にしたら?

戻ってきたヨンスクは、屋敷の門の前で、うずくまっているスランを発見し、自室に入れます。スランは、ヨンスクに「長くは無いの。私の面倒を看て欲しい。それで、奪われた30年を返して欲しい」と、言います。

ヨンスクは、ギョンへに「なんで、あんな状態の人を放置したの。スランさんは一ヶ月も無い命なの。セヨンに会うでしょう?慰めてあげて」と、言います。ギョンへは、スランの命に関しては、驚いていたけど、何で、私がセヨンに会うの?と言う顔をしていると、ヨンスクに「遺品を渡すでしょう?」と、言われます。

それと、ヨンスクはギョンへに「スランさんはホスピスに入るの。面倒を看たい」と、言います。ギョンへは、ミョンファンと組むことにした時「クム執事を追い出せ」と、条件を出されいたので、いい機会とばかりに「いいわ」と、言います。馬鹿。

ギョンへは、セヨンに遺品を渡しますが、それは偽物。しかし、ギョンへは「ウン会長は、息子ミンスを追い出した事。その妻スランを病院に放置した事を、悔やんでいた」と、セヨンに伝えた事に関しては、本当でした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/14  12:51 | 投稿者: Author

民の窮状を聞く場で、ソルヒから「私の名はスベクヒャン」と、聞かされて、驚いた武寧(ムリョン)王は、ソルヒを中に通します。

チンムは、ソルヒが一体どんな女なのかウチに「潜ませている奴に、調べさせろ」と、命令をします。やっぱり、チンムにも、そういう人がいるのね。

武寧(ムリョン)王も「スベクヒャン」と、言う名前だけで、ソルヒを娘と信じないのか「スベクヒャンの意味は?」と、聞きます。嘘つき女ソルヒとしても、役人に「王様に嘘をつくと、四肢を引き裂かれる」と、言われた事を思い出し、適当な事を言うのはやめ、例のかんざしを出します。

武寧(ムリョン)王は、ソルヒに「母はどうした?」と、聞きます。ソルヒは「母、チェファは、亡くなりました」と、伝えます。衝撃を受けた武寧(ムリョン)王は、気を失ってしまいます。

チンムの方は、自分達が、チェファを襲った事を、武寧(ムリョン)王にバレるのではないか?と、生きた心地がしません。

ヘ・ネスクも抜け目がありません。別の部屋にいるソルヒを尋ねると「娘主が現れてから、王様はお倒れになったのに、お気になさって無いのですね」と、言ったわ。そして、ソルヒから、チェファは、盗賊に襲われ亡くなったと、ヘ・ネスクは聞き、それを武寧(ムリョン)王に伝えます。

また、この内容を、チンムも、ウチから聞かされ、自分達は、疑われずに済むと、胸をなでおろします。

ソルランはトルデとマングに「妹を助けたいから、盗賊の居場所を案内して。お金はあげる」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/13  21:19 | 投稿者: Author

医師役:チョン・ヒョンソク 『三つ色のファンタジー 君の恋愛実験』『被告人』『黄金のポケット』『青い海の伝説』

シンモから家を追い出されたヨンへは、マンションのエントランスだかにいたようですね。ソウォンは、ヨンへに靴を持ってきてくれました。そして、秘密の別宅へとヨンへを連れていくソウォン。「どうして、こんなところが有るの?」と、ヨンへ。ソウォンは「心を落ち着かせるためだ」と、言います。

ソウォンは、ヨンジュと結婚して、得をしたと考えていて、ドライな感じですね。ただ、それとは、逆にヨンジュは、ソウォンの事が好きなんだけど、上手くいかなくて、悩んでいるんですよね。

一人お酒を飲むシンモは倒れます。帰ってきたルリが、恐る恐る家に入ります。そして、倒れているシンモを見つけ出します。

医師からシンモは手術せず薬で治療だが、安静にと、説明を受ける家族。ルリは「私がストレスを与えたんだわ」と、泣きますが、ヨンへは抱きしめて「違う」と、言います。

目覚めたシンモは、まだ、麻痺が残りながらも、ヨンへとルリを、病室から追い出します。ヨンへは気になっていた、グアムでの男性の事を、ルリに聞きます。ルリは「違うの。終わったの。また、私、一人盛りがっちゃったの」と、言います。ヨンへは「こんなに、可愛いのに。あなたの良さに気づく男性が現れるわ」と、言います。まさに、母親。

またもや現れたソニョンを、相手にしないジョンド。ソニョンは、ジョンドにSC食品との契約の話をします。ジョンドにとって、母親であるソニョンには、嫌な思い出しか無く、相手にする気にもなれません。

グアムのテヤンは、ルリが去り、それなりに寂しいようです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/13  20:40 | 投稿者: Author

ク・ジホ役:キム・スンウク 『六龍が飛ぶRoots of the Throne』『客主』『華政ファジョンThe Princess of Light』

鼻血を出しているスランに驚くセヨン。スランは自分からは、セヨンに言いにくいからか、ジェジュンに目をやったわね。ジェジュンはスランが生きられる時間が短い事を、セヨンに告げます。

ヨンスクはギョンへに、ウン会長の遺品をセヨンに渡さなかった事を咎め、ギョンへが反論をしていると、ガンヒまで入ってきて「セヨンお姉ちゃんはそんな人じゃ無い」と、言います。するとギョンへはこれに激昂してガンヒに「あんたの知らないセヨンの顔が有るの」と、言います。それは、あんたのせいでしょう?

セヨン家族は、スランの死が近い事を知り気落ちし、ジェジュンは「お墓参りをした時に、聞きました」と、言います。帰ってきたピルモクも聞かされて「知っていた。セヨンのためにも、みんなで明るく過ごそう」と、言います。

スランに思い入れが有るジェユンは、セヨンに「スランおばさんを、お兄ちゃんと一緒に住む家に連れて行っていい?私達と住むと思って」と、言います。セヨンとジェユンで、泣いてしまいます。

出かけるヨンスクに「どこに行くの?」と、聞くギョンへ。ヨンスクに「セヨンに遺品の事を話すためよ」と、言われるとギョンへは「今はダメ。必ず遺品と株を返すから」と、言います。しかし、今のヨンスクは、ギョンへを信じる事は出来ず出て行きます。この辺がヨンスクのすごいところ。普通なら、娘可愛さに目が曇るのに、正しく導こうとしているのよね。

スランは、セヨンと一緒に撮った写真を眺めると、ギョンへの家へと行きます。ギョンへはインターホンに映る姿が、スランなので、遺品の事で言いに来たのかと、無視します。スランはまだ、そんな事は知らないんだけど、門を叩いて「ヨンスクさん、話が有るの」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/13  19:16 | 投稿者: Author

ソジョン夫人役:イ・ヘウン 『100日の郎君様』『天使の罠ANGEL’S REVENGE』『福寿草』『負けたくない!』
役人役:チョン・ホンテ 『完璧な妻』『テバク大撲〜運命の瞬間(とき)〜』『想像ネコ〜僕とポッキルと彼女の話〜』
父役:チョ・ドンヒ 『私の婿の女』『夢見るサムセンYUMEMIRU★SAMUSEN』『馬医』『アイドゥ・アイドゥ』
使用人役:アン・スホ 『たった一人の私の味方』『私のIDはカンナム美人』『人形の家〜偽りの絆〜』『恋する指輪』
侍女役:キム・ソジョン 『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』「秋のカノン』『風船ふうせんがむガム』

ソルランが、周りの様子を見に行っている隙に、その場を離れるソルヒ。ソルランが戻ると、ソルヒの姿が無く、ソルヒを探し回るソルラン。山ですから、案の定、ソルランは足を滑らせて、転げ落ちます。ソルヒにも、ソルランの悲鳴が聞こえてきます。

さすがに、戻ろうかとするソルヒですが、黒い気持ちが上回り、百済(ペクチェ)の都・熊津(ウンジン)城へと、向かいます。ちなみに、ソルヒは、盗賊の仕業と見せかけるためでしょう。かんざしで、自分の足を突き刺し、その血を、破った服の生地につけて、木に差し込んで行きました。

なので、ソルヒ自身、熊津(ウンジン)に着いた時は、おんぼろ状態。ですから、倒れてしまいます。倒れたソルヒを助けたのは、ヘ・ネスクの妻、ソジョン夫人でした。ソジョン夫人の家で、ソルヒは侍女から「結願鼓(キョロンゴ)を鳴らせば、王様に拝謁できる」と、聞かされます。

これで、ソルヒは、武寧(ムリョン)王に会えると期待しましますが、叶わず、武寧(ムリョン)王は、民の他の窮状を聞いていました。終わってから、なんとか武寧(ムリョン)に、会おうと、声を上げるソルヒ。そして「私の名前はスベクヒャン」と、ソルヒは言います。

崖から転げ落ち、倒れていたソルランは、盗賊のトルデとマングに助けられます。二人から、ソルランは、盗賊が家を焼き払い女は売られるときかされ、ソルヒは、盗賊の仕業でいなくなったのかもと、思います。

ミョンノンは、武寧(ムリョン)王の前で、東城(トンソン)王を、批判しますが、武寧(ムリョン)王から「先王を、余人が批判しても、そなただけはならぬ」と、語気を強めて忠告しましたね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ