ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/7/3  19:53 | 投稿者: Author

医師役:イ・チャン 『今日、妻やめます〜偽りの家族〜』『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『黄金のポケット』
所長役:イ・ヒョン 『棘トゲと蜜』『黄金のポケット』『レディの品格』
担当者役:ハン・チャンヒョン 『医心伝心〜脈あり!恋あり?〜』『イニョン王妃の男』『負けたくない!』『ボスを守れ』
手先役:ヤン・ジェウォン 『人形の家〜偽りの絆〜』『あの空に太陽が』『客主』『王の顔』『天命』『星も月もあなたへ』

モランはボンヒに「あんたは、実父を人殺しとして、捕まえてもらう事になるのよ」と、最もらしく言いますが、逆にボンヒから「それを知ってて、あなたは私にあんな仕打ちをしたのね」と、言われます。

チャンソクをお見舞いしたマンボクは、手紙をそっと枕の下に入れます。

ミスンはボンヒに「GBブティックを譲るわ」と、言います。ボンヒは「上流社会しか着られない服には、興味がない」と、言います。しかし、ミスンは「あなたのやり方でいいのよ」と、言います。

既製品を作るには、デザイナーが必要なジョンヒョン。ユン会長からジョンヒョンに「ボンヒはどうだ?」と、言います。

副大臣から二週間で50着のコートを頼まれたボンヒは、それをジョンヒョンに「ミョンソン紡織と一緒にやりたいの」と、持ちかけます。ちょうど、悩んでいたジョンヒョンですから、どうなるでしょうか?

ソングクはテバン建設を立ち上げます。テバン染色から名前を取ったと、ソングクは独り言を言っていたけど、ボンヒとやっていたあの染色工場の名前がテバンだったと言う事かな?

チャンソクをお見舞いしたボンソンは、手紙に気づきます。そこには、真犯人は、エスクだと書かれていました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/3  15:11 | 投稿者: Author

警備員役:コ・ジンミョン 『ヘチ 王座への道』『たった一人の私の味方』『病院船〜ずっと君のそばに〜』『完璧な妻』

テヤンとプロポーズのお手伝いをする事になったルリが、挨拶をするとそれは、元彼ミョンテとその相手エリでした。ミョンテもルリの顔を見て、驚きましたが、ルリはその場を後にします。

事情が分からないテヤンは、ルリの後を追います。テヤンに聞かれても、事情を話せないルリ。テヤンに「契約を更新しなくてもいいのか?」と、言われて「それは、ダメです」とは、言いますが、プロポーズのお手伝いができない事情について、ルリは話せません

そのうち、ミョンテがやってきて、テヤンは席を外します。ミョンテは、困っているルリを見て「そうだよな。出来ないよな」と、理解を示して、その場を離れるかに見えましたが、いきなりスマホで、ルリの写真を撮ります。そして、ミョンテは「お父さんに言うぞ。グアム観光庁でなく、リゾートで働いていると」と、言い出します。それも、困るルリ。

ヨンへを食事に誘うソウォン。しかし、それは、ヨンへが、シンモと話しあうために、チュノク、ヨンジュの三人で、もうけた席でした。二人の会話を隣の部屋で聞く三人。

「おれの何が不満なんだ」と、言うシンモに「話しても無駄」と、ヨンへ。シンモは「今まで、毎年プレゼントを買ってあげただろう?」。ヨンへの回想では、冷蔵庫を買ってくれたシンモは「キムチの作り方を母から教わり、作るんだ」と、言っていました。

途中で、三人が入ってきて、ヨンへを説得しようとします。三人とも、シンモ側の考えなのよね。ヨンへは「今まで、私の気持ちを考えてくれた?自分に従わせるばかり。失敗すれば、私のせい。ルリの出来が悪いのも私のせい」と、具体的な不満を、ようやく言いました。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/3  13:54 | 投稿者: Author

ヨンスクは、セヨンに「ミョンファンはヤミ金の追われていると、思っている。私がそう仕向けたの。あなたのところにも行くかもしれないから」と、話します。

ミョンファンの元に、ヤミ金が現れ、ヨンスクの思惑通りに、ミョンファンは屋敷に現れます。ヨンスクは、ミョンファンに「ギョンへと結婚してから、今まで、ギョンへにした虐待を、書きなさい。そして、ニュージーランドの家族の元に戻りなさい」と、言います。しぶしぶ、従う、ミョンファンですが、腹では、このままでは終わらないと・・・。

でしょうね。何をしてくるかしらね。

スランの余命は1ヶ月なんですね。短すぎます。付き添ってくれたピルモクにスランは「セヨンに言わないでほしい。スヨンが知れば泣いて暮らす。私はスヨンの笑顔が見ていたいの」と、お願いをします。

ジェジュンを会うため会社へ行ったジェユンは、たまたまギョンへと会います。セヨンから、ウン会長は「優しい人」だと、聞いたと言うジェユンに「孫として過ごした私にも、冷たい人よ」と、言うギョンへ。ジェユンに嘘言ってどうするの?とか思うけど、セヨンから、遠ざかってもらおうとか、そんな魂胆かしらね?

父の納骨堂を訪れるジェジュンと、ジェユン。ジェユンはジェジュンに、辛い話だけど、一人で乗り越えたいと、話します。

セヨンに、ジェユンが一人で乗り越えたいと話していたと、話すジェジュン。セヨンは「二人で、ジェユンを見守りましょう」と、話します。

セヨンから、遺作プロジェクトが成功したら、遺族に補償したい等と、言われたギョンへは「私を操ろうとしないで」と、言います。もしかしたら、ギョンへとしては、ミョンファン達に、操られた事が、かなりのトラウマになっているのかな?

ヨンスクから「セヨンに、ギョンへが株を返すと話したの」と、聞かされギョンへは「放っておいて」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/7/3  12:38 | 投稿者: Author

なるほど。武寧(ムリョン)王は、最初の夫人とは死別。即位後のソネ王妃も病死。そして、ヘ・ネスクの娘ウネが今現在、王后なんですね。そのことをきっちり、ヨン・ブルテは、ヘ・ネスクにツッコんでいました

山で、お花を摘むソルランとソルヒ。崖に咲いているお花を見つけて、ソルヒは摘もうとしますが、案の定、落ちます。ってか、どう考えても、あんな危ないところにあるお花を摘む?で、あれ?ソルヒがいないわと、探したソルランが、崖から落ちそうになっているソルヒを見つけて、助けるんだけど・・・。

ソルランからすれば、ソルヒの命の方が大事だから、ソルヒが持っているお花を「放して」と、言いますが、ソルヒは話しません。しかし、ソルランは、それを、ソルヒから抜き取って、ソルヒを助けます。ソルランもソルヒを助けるのに必死で、自分の体に木が刺さっているのも気づかずに、ソルヒを救出したのです。

ソルヒは、助けてもらった分際で「あの花は珍しかったのに」と、ソルランに文句を言います。ってか、死にそうだったのに、お花を、捨てないし、文句言うしで、ソルヒの執着心、半端ないな。道に迷った二人は、夜、暗い中、ならず者に襲われます。

逃げる途中、ソルランはこけてしまい、ソルヒだけ逃げます。ソルヒを追おうとするならず者の足をつかまえて、行かせまいとするソルラン。二人を探すチェファ達の元に、ソルヒが姿を現します。チェファに「ソルランは?」と、聞かれて「はぐれた」と、答えるソルヒ。クチョンは、自分の娘のソルヒが、嘘つき女である事を見抜きます。

この側面だけ見ると、ソルヒ何、嘘をついているんだかって感じなんですけど、ソルヒなりに、チェファがソルランに対する愛情が自分とは何か違う事を感じ取っているようで、寂しいんでしょうね。

ならず者、実は、例の盗賊のトルデとマングなんですね。ソルランが「父さんは、口がきけない分、力持ちなんだから」と、言うと、二人はそれがクチョンとわかり、ソルランに「どうぞ、お気をつけておかえりください」と、解放します

武寧(ムリョン)王が、伽耶(カヤ)へ、訪問する事になり、同行する事にしたチンムは、武寧(ムリョン)王を、殺す機会をうかがいます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ