ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/9/3  19:53 | 投稿者: Author

パク弁護士役:キム・サンイル 『100日の郎君様』『人形の家〜偽りの絆〜』『棘トゲと蜜』『白詰草シロツメクサ』

シンモは、また、書斎でムダに考えた後、チュノクに土下座までして、ソウォンとハンギョルを何とかしようとしたヨンへを、褒めます。鬱陶しがるヨンへ。シンモは「俺が、円満に解決しようとしたけど、ヨンへさんがよくやってくれた」と、言います。

ヨンへは「そうじゃなくて、最善の方法を考えたのよ」と、言います。ヨンへにとって、それは、シンモにとってじゃなくて、ソウォンと、ハンギョルにためには、何が、良いか?って事でしょうね。シンモも、ソウォンの事ばかり考えるんじゃ無くて、幼いハンギョルの事も、もっと考えて欲しいわ。

それと、シンモ、大口を叩いてないで、自分がこじらせである事を、自覚していただきたい。

シンモは、ハンギョルを使い、用意していた指輪を、ヨンへに渡します。ヨンへも流石に突っ返しては無いけど、喜んでもいなかったわね。ヨンへの願いは、そういう事じゃ無いから。

プレゼンでは、メニューを盗んだ事や、一人でインターンは残業をしてはいけないのに、一人でしていた事をルリは糾弾されていました。

どうやってメニューを盗まれたかを、考えるテヤン。ミョンランの「一から十まで見てないと、出来ない」の一言で、テヤンは気付きます。盗撮カメラがあろうで有る事を。そして、テヤンは、盗撮カメラを見つけて、プレゼンに現れ、身の潔白を証明します。これで、ノ・シェフは、御退散でしょうか?業界にいられなくなると思いますけど?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/3  19:04 | 投稿者: Author

バスの終点まで行ってしまい、イナは、スンジュに「何で起こしてくれなかったの」と、言います。怒るイナを見て、嬉しそうなスンジュ。

それぞれ、家のベッドでバスの中を回想・・・。イナは、スンジュにもたれて寝ていて、目覚めたけど、狸寝入りだったんですね。バス会社の人が来るとスンジュは「もう少し寝かせてください」と、言っていました。

翌朝、ぎこちない二人

タリン病院では、理事長も含めてミンギの手術について、話し合い。いかんせん、ミンギが、スンジュの手術で無いと、受けないと言っていますからね。スンジュの執刀に反対する院長、院長にごますりの副院長も「絶対ダメです」と、言います。ジェファンは「スンジュさんを説得してみた方が良い」と、提案します。

ジェファンに「愚か者」と、院長。ジェファンは「手術をするにしても、手術室に入れないかもしれないし」と、言います。「競争心がわいたのか?」と、院長。

スンジュは、ジヨンに「まず、手術室に入れてくれ」と、頼んだようです。手術室で、ジヨンの手術を見ながら、トラウマと戦うスンジュ。

手術ができない自分を、認めたようなスンジュに、ジェファンは「スンジュさんは、憧れの人だから、勝とうとか考えなかった。これで、フェアだ」と、言います。フェアの意味をスンジュはわからないのですが・・・。回想で、子どもの頃ジェファンは、院長が何かやらかしら事を見たようですね。

ジェファンはイナに「先輩が好きです」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/3  15:18 | 投稿者: Author

カンボクに、ソルランの事を聞くミョンノン。カンボクは言いにくそうに話し始めます。「私達が、太子様を見つけた時、太子様は、ソルランを抱きしめていました。ピムンの教官が、不思議がり、そういう仲では無いと、この事を極秘にしてくれるよう頼みました。御姿が見えないよう、覆いをして、救出をしました」と、カンボクは、説明をします。

ミョンノンは、ソルランが大丈夫なのかどうかを聞きます。カンボクは「回復したようです」と、答えます。

ソルランと、ミョンノン、それぞれ床で、小屋であった事を思い出し、にやついてしまいます。

ミョンノンの耳を用意して、武寧(ムリョン)王に会うスニムン。やってきた、スニムンに武寧(ムリョン)王は「倭に送る経教を読んでいた」と、言っていたけど、暗に、倭とはさみ打ちもあると、言う意味かしら?武寧(ムリョン)王が、箱を開けてると「何だ?これは、豚の耳では無いか?」と、言います。多分、用意したのは、それじゃ無いかと思いましたよ。

そして、ミョンノンが現れびっくり仰天の、スニムン。武寧(ムリョン)王は「お前の命などいらない。百済(ペクチェ)に流れたキムンの民の命を守り、谷鎚(コクチョ)をよこせ」と、言います。武寧(ムリョン)王は、コヨンに、スニムンの命は約束していましたからね。

他の計画を用意していなかったスニムンは、苦境に立たされます。コヨンに、命が大事だと、説得され、百済(ペクチェ)の要求通りの合意書に、判を押します。しかも、刀で手を切り、血で押します。指じゃなくて、手を切ってですよ。スニムンも「血の判だ」と、言っていました。

帰るスニムンを見送る、武寧(ムリョン)王達。武寧(ムリョン)王は、やり方が非道とは言え、スニムンの度胸は買ったようでした。そして、ミョンノン達に「スニムンが、盗賊等に襲われぬよう、ピムンで守れ」と、命じます。スニムンが、無事到着しないと、高句麗(コグリョ)にやっかいだからと。

偽スベクヒャンは、ソルランに、お見舞いに行った友達の名前を聞いたりします。本当の事を話さないソルランに、偽スベクヒャンは、嫌だったようですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ