ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/9/22  20:36 | 投稿者: Author

ソウォンの離婚に肩を落とすヨンへと、ルリに「終わったんだ」と、話すソウォン。

ソウォンの離婚を食い止めたいシンモは、チュノクの家で、チュノクと話しをしようとますが、チュノクに遮られ、チュノクから話しをされます「私は、イ先生を気に入っていた。男前だし。冷たいところは、あるけど、優秀だった。私達の縁もここまでよ」と、チュノクは、封筒を差し出します。

シンモがそれを見ると、小切手でした。「なんですか?これ?」と、聞くシンモに、チュノクは「私は、ケチでは無いの。慰謝料よ。それで、開業の資金にでもすれば良い」と、言います。シンモは「差し出されたのでは、これは一旦受け取ります」と、懐にしまします。またそれを出すシンモは「慰謝料は男が払うものです」と、言います。

シンモが、チュノクの家を出ると、ソウォンがいました。スミとの事等、これまでを思い出したシンモは、ソウォンに「終わった。胸を張って生きていけば良い」と、抱き合います。シンモは、良かれと思って、何でもやるけど、そのシンモも、世間知らずではありませんから、チュノクの言動を見て、ごねるのは良くないと思ったんでしょうね。

ただ、これも、結局は息子のソウォンだから、受け入れた訳で、これがルリだったら、男尊女卑のシンモですから、身勝手な言葉を並べるでしょうね。

ミョンランとソンタンは、エリが何やらもめているのを目撃します。ルリは、ヨンへに「正社員になれる」と、言ったのに、人事発表を見ると、なっておらず落ち込みます。ミョンランに「立て続けに、ミスが起きるなんて」と、ルリは嘆きます。ミョンランは、先ほどのエリがもめているのを思い出し「エリじゃない?」と、言います。

ミョンランは、印刷工場の職員に「エリの倍を出すから、ミスプリして」と、頼みます。「本当ですか?」と、印刷工場の職員が言うと、印刷工場の社長と、ルリが現れます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/22  19:58 | 投稿者: Author

病気の理事長に、手術の仕方を、それぞれ説明するスンジュと、ジェファン。理事長は「親子で、同じだな」と、言います。

院長室で、ジェファンは院長にやっぱり聞いたわ。「親子で同じってなんだ?父さんと、スンジュさんのお父さんの事か?」と、スンジュ。やはり、その様ですね。以前にも、理事長の手術の事で、スンジュの父と、院長は、スンジュ、ジェファンと、同じ事を言っていたんですね。

スンジュは、車の中から、イナの家の前で、イナに電話をし「外食しないか?」と、言います。しかし、イナからは「友達と会っているから、無理」と、断られます。何か、訳ありぽい雰囲気だったけど。スンジュは負けずに「紹介してくれないのか?」等と、言います。しかし、イナからは「道が混んでいるから」等と、言われます。

すると、ジェファンの車がイナの家の前に停まります。出てきたイナは、スンジュの車に目もくれず、ジェファンの車に乗り込みます。こうなると、スンジュは、ジェファンの車を尾行。前のめりになって、スンジュは車を運転しています。着いた場所は、セラが住むマンションを、ここではどうかと、ジェファンはイナに、案内をしていました。

嫉妬のスンジュは、病院でジェファンに話しを聞こうとすると「尾行してたんだろう?」と、言われます。ジェファンの胸ぐらを掴み、壁に押し当てるスンジュ。ジェファンには「イナさんに聞け」と、言われます。二人の現場を、イナが目撃します。イナは、スンジュにセラのマンションの事で、話さなかった事を謝ります。

理事長は、スンジュの手術の方を選びます。

こうなると、困るのは実は副院長で、ジェファンに「あの事を知っているんだろう?俺は、誰が、上になってもいいんだ。自分が安泰ならば」と、言います。ジェファンは「脅しですか?」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/22  19:17 | 投稿者: Author

キムンから盗賊討伐を約束させた上で、百済(ペクチェ)との、同盟を結ぶという親書の返信受け取った武寧(ムリョン)王は、胸をなでおろします。

任務が終わり、キムンに潜入しているピムンは、引き上げる事になります。しかし、ソルランは帰れないと、残り、トルデとマングだけが帰国します。ソルランは「急に、スニムンから離れられると怪しまれる」と、言っていたけど、偽スベクヒャンの事も有るし、事情は様々でしょう。

クチョンは、武寧(ムリョン)王の首を狙うのは、やめたようだと、配下から聞かされたウルミル。ウルミルは、クチョンをただ殺すのでは無く、使い道が有ると考えます。以前、偽スベクヒャンから、自分の手柄にしたいから、刺客を捕らえさせて欲しいと言われていたので、ウルミルは、連絡を取る事にします。

連絡を受けた偽スベクヒャンは、今、高句麗(コグリョ)と、連絡を取っていては、自分の立場が危うくなると、文を握りつぶします。ソルランみたいに文を食べないと、危ないのでは?

クチョンは、自分の娘が、嘘つき女なのは知っているので、ソルランの死は信じきっていませんでした。遠くへ行くと、偽スベクヒャンに挨拶をするクチョン。クチョンは、故郷に戻れば、ソルランに会えるかも?と、向かったんですね。

見送る、偽スベクヒャンは、ソルランを追い出し、人も殺し、クチョンとも離ればなれになり、一抹の寂しさを覚えながらも、自分の道に邁進する事にします。

偽スベクヒャンは、ソルランが療養が終わり、戻ってくるとウネ王后から聞かされます。偽スベクヒャンは、ソルランが、過去、偽王女になった事も有るので、キムンに潜入したのでは?と、考えます。それと、ミョンノンがキムンとの同盟を成功させたので、チンムを王位に就けたい偽スベクヒャンとしては、目障りな存在です。

そこで、キムンに密偵の存在を、ほのめかす事で、ミョンノンの足を掬う事を、偽スベクヒャンは狙います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/22  14:10 | 投稿者: Author

スンア母役:キム・ジョンヨン 『Queen for Seven Days七日の王妃』『被告人』『浪漫ドクターキム・サブ』『密会』

アーツのブランドデザインを担当する事になり、挨拶をするジンガン達。作業をするムヨンは、火傷痕をわざわざ見せつけるかのように、上着を脱ぎ、作業をします。後で、ジンガンと話していたのでは、ムヨン、やはり、わざと、その火傷を見せていた様ですね。

ウサンは、スンアが好きなムヨンの事を調べ上げ、わざわざアーツにやってきて、結婚記念のビールを作って欲しいと頼みます。その事をサンユンから伝えられたムヨンは、挨拶。

スンアは、母から、ムヨンとの交際を反対されます。

ムヨンは、スンアの家の前で、スンアに電話をしますが、スンアの母が出て、交際を断られます。

ん?ユリは、女子大生殺人事件の犯人では、無いのかな?ユリは、チョロンから、トロフィーの写真を見せられて、動揺していたけど。そのモチーフみたいなのが、ユリの住まいに有って、ユリ本人が一体何なのか?って感じだったわ。それで、ユリは、カフェで、ムヨンに会って、その事を聞いていたわね。

それと、そのカフェには、ジングクとソジョンもいて、二人はカフェを出た後、ソジョンがユリのタトゥーについて「いいわね」とか、そんな話をします。ジングクは、そのユリのタトゥーに気づいて、警察で、ムヨンが眺めていた写真を見ます。そこに、ユリがいた事に気づくジングク。

さらに、ジングクは、ジンガンから、ムヨンの記憶力がいい事を聞かされ、もしや?と、思います。そして、ジングクはムヨンに「人を殺した事は有るか?と、聞いたな。今度は、俺が聞く。人を殺した感想は?」と、聞きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ