ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/9/30  20:33 | 投稿者: Author

食堂の同部屋で食べる事になったチュノクとヨンジュ、ソウォンとハンギョル。お互いに悪態をつき、チュノクなんか、ソウォンに、キムチ投げているよ。食べ物投げないでよ。すると「辛い」と、ハンギョルが泣き出すので、ソウォンは、牛乳を買いに・・・。その間、ヨンジュが、ハンギョルをなだめていると、ハンギョルが、吐き出してしまいます。

ヨンジュはハンギョルを連れて、トイレでその汚れを落とします。その間に、牛乳を買ったソウォンが帰ってきます。片付けをしているチュノクは「そうやって、悪態をついれていれば、ヨンジュも未練なく忘れる事が出来る。あなたには、感謝するわ」と、言います。この時にヨンジュ達が戻ってきたら、どうなる?と、思いましたが、それは有りませんでした。

シンモが、行った先は、ヨンへの父親のお墓でした。呆れて立っているヨンへですが、シンモは、墓前で「離婚したら、幸せじゃなくなるでしょう?」等と、話しかけます。ヨンへは、親の反対を押し切って、シンモと結婚した時の事を思い出していました。それにしても、レストランで、シンモはギター壊して、レストランは、迷惑じゃない?

シンモは、ヨンへに「今まで、離婚は小言だと思っていたけど、本心だとわかった。改心するから、もう一度だけ機会をくれ。半年、いや、三ヶ月、いや、一ヶ月でいいから、時間をくれ」と、言います。ヨンへは「あなたは、変わらない」と、言います。シンモの改心するは、ただの、口癖です。

ソニョンはジョンドに、「テヤンを辞めさせないなら、ファヨンの過去をバラす」と、言います。ジョンドは返す刀で「そうすれば、母さんの過去も明らかになる。無傷ではいられない」と、言います。

テヤンと食事をするルリは、嬉しくて、指輪を眺めています。テヤンは「指輪を贈ったのは初めてだ。結婚を考えていなかったから」と、言います。ルリは「母に、自分の気持ちに素直になるように言われたの。チーム長を信じる自分になる」と、話します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/30  19:55 | 投稿者: Author

ジェファンに「イナさんんおかげで、生きたいと思うようになった。手術してくれ」と、頼むスンジュ。

ジェファンに「私がいると、ハン先生は生きられないんでしょう?」と、イナは聞きます。ジェファンは「手術をしても、確率は5パーセントだ」と、難しい事を説明します。

ネットに、ホルマオの悪口の記事が載ります。ミウンはイナに「あの、記者だわ」と、言います。

病院でも、ホルマオの記事の事を知ります。

カフェで、偽記者と話すセラは大喜び。ちょうど、カフェの前を通りかかったスンジュは、記者に見覚えが有る事を思い出し、殴りかかります。吠えるセラに「イナさんに、まだやるのか?」とスンジュ。「そうよ。気が済まない」と、言うセラに、スンジュは、両親の事故の真相を話し、イナがわざと、セラに話していなかった事を話します。

警察にやってくるイナ。スンジュと偽記者の喧嘩が、警察沙汰になったのでしょう。スンジュにしてみれば、偽記者が、嘘を記事にした事を、イナへ謝って欲しかったようですね。ただ、もう、イナは、スンジュのために、スンジュとは関わりたく無く、警察を後にしようとします。

すると、セラはイナに「私のせいで、親が死んだなんて、嘘を、言いふらさないで」とか、マジ、自分の都合の良いように解釈。イナは「もう、これで、終わりにしましょう。お父さんとお母さんは、あの時、ネットカフェにいるあなたを探し行く最中、事故に遭ったの」と、話します。

出て行く準備をするイナは、母、セラと、タイムカプセルを埋めた事を思い出します。ミウンに手伝ってもらい、掘り出すイナ。そこに、母からのメッセージが入るビデオも有りました。

イナの姿が無く、ミウンに聞くスンジュ。ミウンは「行き先は知らない。イナ先生の存在で、あなたは死ぬんでしょう?」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/9/30  19:12 | 投稿者: Author

クチョン殺害の黒幕をチンムと知るソルラン。しかし、そう簡単に探りを入れる事は出来ません。そこで、ソルランは、記録を調べ、あの日、チンムも、キムンの狩りに行っていたと知ります。

偽スベクヒャンは、ソルランが邪魔で、チンムに協力を求めますが、ナウンの事を持ち出され、注意されます。

ソルランに悪い印象がないチンムが、家の近くで偶然を装うソルランに会い「家はここだ」と言います。ソルランは「そうなんでか?」と、当然しらばっくれます。チンムに「家でお茶を飲まないか?」と、勧められると「独身なのに?」と。恥じらってみせるソルラン。そんなソルランにチンムは、こんな純粋な人が、悪い事をする訳が無いと思います。

そして、チンムの家で会話をするソルラン。そのうち、チンムが寝ると、部屋を見回したソルランは、紙で折られた蓮の花を見ると、ピムンの紋章である漠の印が有る事に気づきます。以前、ミョンノンから、両親殺害の現場にあったと、漠の印が有る布を見せられた時「去勢をはる人だろう」と、言われた事を思い出します。

帰るソルランは、ウチに声をかけ「そなたも、官職が欲しいだろう?チンム公の事を教えて欲しい」と、言います。

ミョンノンに誰が疑わしいかを聞かれて、チンムの名を出すソルラン。ミョンノンもそれは同じでしたが、自分にとってチンムは、兄弟みたいなものなので、慎重になろうとしていました。「餌はまきました。勝算は有ります」と、ソルラン。

チンムとブルテは、ウチから、ソルランから、声をかけられた事を、聞かされます。チンムは信じていたソルランの裏切りに、怒りを覚えます。ブルテは、キムン等での殺害に関わった食客たちには、お金を渡し、遠くに行かせれる事にします。

食客達は、上手く、逃げたかに思えましたが、それを察知したミョンノンは、ピムンを使い、捕らえられます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ