ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/10/4  22:07 | 投稿者: Author

どいつもこいつも、身勝手な奴ばかり。あと、李皓コウラン(りこうらん)には、全く非は無いけど、華があるだけに、知らないうちに敵が出来てますがな・・・。

雅(が)王女は、秦(しん)からの人質、国王の孫、エイ異人(えいいじん)が、好きな訳で・・・。エイ異人(えいいじん)の本心はわかりませんが・・・。

呂不韋(りょふい)の元で、李皓ラン(りこうらん)は、楽器を振る舞うと、上出来で「習っていた」と、言います。舞もやらせば素晴らしく、今風に言うとセンターだった子は、はじき出されて、これで、李皓ラン(りこうらん)は、恨みを買う事に・・・。

李皓ラン(りこうらん)の美貌と舞を使う事を考えた呂不韋(りょふい)は、国王の補佐をする最高位の官吏、丞相の屋敷へと、行きます。この舞を、どうやら、エイ異人(えいいじん)も気に入ったようなので、おそらく李皓ランは、雅(が)王女も敵に回したでしょう。

この屋敷で、李皓ラン(りこうらん)を巡り蛟(こう)王子と、呂不韋(りょふい)は、いざこざを起こし、商人である呂不韋(りょふい)は、間者ではないかと、疑惑も持たれたのもあり、捕らえられます。

国境では、秦の兵が迫り、エイ異人(えいいじん)は、牢へ。ここで、エイ異人(えいいじん)と、呂不韋(りょふい)が、出会います。

家に連れ帰られた李皓ラン(りこうらん)は、虞平に嫁がされそうになり、気が触れたふりをして、逃げおおせます。


人気ブログランキング




0
タグ: 中国ドラマ

2020/10/4  14:18 | 投稿者: Author

叔明王女役:ソ・イェジ 『パパはスーパースター!?』『夜警日誌DIARY OF A NIGHT WATCHMAN』

ソヌは、マンムンが殺されたのは、王の顔を見たからと理由を知り、王に借りを返すと、心に誓います。ソヌがそれがジディだと、分かったら、どうなりますかね?

中秋の宴で、民と王室のために、花郎に、群舞と、楽を、披露しようと考えたウィファ。ウィファはその師匠として、ソヌ(ムミョン)とマンムンの養父である、ウルクを仙門に呼び、花郎達に紹介します。あら、ウルクってば、そういう人なのね。それに、こうして、また、出てくるのね。群舞が、舞と言うより、ダンスになっていますが・・・。

アロは気になっていた事を、ウルクなら知っているだろうと、聞きます。きちんと、ウルクがアロに話した場面としては有りませんでしたが、アロはソヌの正体を知った様ですね。そして、ソヌに問いただすアロ。ソヌは誤魔化す事は、難しいだろうと思ったでしょうね「兄では無いが、兄として接する」と、言います。

アロは「それなら、兄さんはどこ?」と、聞きます。「死んだ」と、答えるソヌ。アロとしては、ソヌが兄で無かったことが悲しいのと、安心したのと、複雑に感情が入り混じり、泣きながら歩きます。アロに声をかけたジディは、アロが泣いている事に驚きます。「お前を泣かす者は許さない」と、ジディ。本当に、ジディはアロの事が好きなのね。

ピジュギを通じて、スヨンと、養父ヨンシルからの文を受け取る、パンリュ。スヨンからの文を読むパンリュは、顔が緩みますが、ヨンシルからの文を読むと、顔がこわばります。これは、おそらく、中秋の宴を潰す様にと言う命令でしょうね。

スプから「ウィファを全面的に信用をしてはなりません」と、言われた只召太后は、花郎の様子を探るためでしょう。叔明王女を呼び寄せます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ