ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/10/23  20:07 | 投稿者: Author

ボンヒと心中しようと、ライターに火をつけるモラン。そのライターを取り上げ、投げるボンヒ。ボンヒは「何んでこんな事をするの?殺人者の娘だから?お金がなくなったから?私は、大好きな父さんを実父に殺され、実父は私を助けようとして、あなたのお母さんに殺された。姉は、あなたに殺されかけた。あなたは死ぬ気なんか無い。私に甘えたいだけよ」と、言います。

エスクは、最後まで、モランの心配はしても、反省はしてなかったわね。

ボンヒとジョンヒョンの結婚式。ウエディングドレスは、モランが盗作したミスンがデザインし、モランが作ったもの。ボンヒには、2人の父の姿が見えました。モランには、ボンヒには見えているのが、わかったようでした。モランは、ボンヒに“アメリカに行く”と、メッセージを渡して、立ち去りました。

1年後。モランは食堂で働いていました。アメリカには行っていなかったんですね。

出産のボンヒは、輸血が必要ですが、O型Rhマイナスで、ジョンレは違うので、献血する事が出来ず「母親なのに」と、歯がゆい想い。

建設業でマンションを建てているソングク。その事務所に、ジョンヒョンから、献血をお願いする電話がきます。ちょうど、ソングクがその事で、話している時に、偶然出前で、モランが来ました。モランを追いかけたソングクは、事情を話し、病院へと、連れて行きます。

病院に来たモランは、「私の血を使って」と、献血をしてくれました。おかげで、ボンヒは、無事出産。

ボンヒは、モランにテヨンのデザイン室で働く事を提案しますが、モランは「下っ端からやる」と、言います。モランは、ドンピルが亡くなる時「頼れるのは、ボンヒだけだ。良い妹になれ」と、言われていたんですね。

4人で歩いている所で終わり。

余談ですが、チェ刑事役の俳優さんが、善人の役だったのが、珍しかったです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/23  14:07 | 投稿者: Author

スンヘは、ミニョクにカップ麺を差し出し「家長を尊敬できないと、実費分しか出さないと言われ、食事の準備の大変さを知らず、妻を尊敬してないので」と、塩対応。スタディールーム修復を求めるミニョクにスンヘは「やり方が違うだけで、私も子供達には、成績を上げてもらいたい」と、言います。

どっちも一歩も引かないので、ミニョクは、中間テストの結果、成績が上がったら、スタディールームを修復し、下がったら、スンヘのやり方で良いと、言います。

ソジンから「理事長に、お義母様から話をしといてくれたって」と、電話が来たジュンサン。独り言で、ジュンサンは「新人め〜」と、言います。これは、センター長はチヨンには渡さないと言う意味でしょう。そのジュンサンの後ろでは、レジデント達が、ジュンサンを心配しています。それは、今日、外来受付で、ジュンサンに恨みを持つ者が現れるからと、言う事でしょう。

レジデントの心配通り、その恨みを持つ元患者さんは現れナイフを持ち、ジュンサンに「おまえのせいで、足に麻痺が残った」と、言います。「説明した」とか「補償した」とか言うジュンサン。落ちたナイフを元患者さんが、拾おうとした隙に、ジュンサンは、ガス銃をぶっぱなちます。ジュンサンがなにやら常備していたのは、それだったんですね。

一連の出来事をネットで見たソジンは「お膳立てしてやったのに」と、呆れてしまいます。

イェビンは、先日、万引きをスルーしたコンビニの店員さんの態度が気になり、今度は、わざと目の前で、やってみます。それでも、店員さんは、見て見ぬ振り。イェビンは、間違いなく、ソジンが、何かしたのだろうと、考えます。店員さんから、ソジンに電話が行きます。

イェビンを迎えに来たソジンと、二人は車中で、万引きの事で口論になります。イェビンは「自首する」と、言うけど、ソジンが警察に連れて行くと、さすがに大人しくなります。すると、今度は、イェソから「全部100点だった」と、電話が来て、喜ぶソジン。なぜ、イェビンが万引きをするのか、母の関心を引きたくてしている事に気付かない、勉強しか頭に無いソジン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/23  10:35 | 投稿者: Author

ハソンにチュ・ホゴルは、横領の証明をしただけでなく、自分の命を狙われ、その犯人が、シン・イギョムだと言う事も告白します。

ハソンは、イ・ギュに、シン・イギョムにはどんな罰を与えられるか?を聞きます。イ・ギュは「一般的には死罪ですが、功臣の息子なので、そこまでは。恥をかかせると言うやり方が有ります」と、言います。それは、鞭打ちの刑。

ハソンの前に引きづり出されたシン・イギョム。イ・ギュは「親が子を教育する機会を与える」と、鞭打ち100回を、シン・チス自身にやらせたのでした。それにしても、大人が、ふくらはぎに、鞭打ちされるのは、あまり見た事無いような・・・。

隙をみてまたも、ダルレは、東屋を覗き込みます。今度こそは、中にいる人物をダルレは見ます。ダルレからすれば、中にいる男は王イ・ホンで無く、ハソンですね。

イ・ギュは、街中で物乞いをする子供に銭をあげると、刺されます。イ・ギュが倒れたところを、ちょうどチュ・ホゴルに助けられ、妓楼へ運ばれます・・・。チュ・ホゴルは医官を呼ぼうとしますが「騒ぎになる。騒ぎになると、黒幕を見つけられない」と、イ・ギュは、チャンセンを呼ぶように言います。

王妃のソウンは具合が良く無く、しばらく静養で、王宮を離れる事になります。だけど、これ、当然、大妃の仕業なのよね。王妃のソウンを診た御医ももちろん、大妃の手に落ちています。

王妃のソウンは、ハソンが恋しくなり、王宮に戻る事にします。その途中、重陽の節句で、街が賑わっていて、王妃のソウンは、見物する事にします。ちょうど、ダルレの事が気になって、王宮を出たハソンと、偶然、会います。

東屋の鍵が開いていて、抜け出した王イ・ソンと、ダルレも、街にいました。鍵は、ダルレが明けたのは、間違いないでしょうね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ