ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/10/26  20:03 | 投稿者: Author

テヤンに「実父が誰か知りたくないの?」と、ファヨン。テヤンは「カフェで話して以来、話してないのに」と、言います。ファヨンは「もう、知ってるはずよ」と、言います。テヤンは驚きながらも、これまでのケビンの言動を思い返し「あの人が?」と。「私には、悪い夫だったけど。息子に偉いところを見せようと頑張ったの」と、答えるファヨン。

ってか、はっきり誰か言わないのかよっ。今回は、正解だったけど、韓ドラだと、大概、勘違いで話しが進んで、事が大きくなるのが普通なんだけど・・・。混乱するテヤン。

そのテヤンはルリに会いにいきます。その前に、ミョンランから「エリは、チーム長を助けようとしていたみたい。その前に、会長が出てきたの。親子でチーム長を助けるんじゃ、ルリ難しいかも」と、聞かされていたルリは、テヤンに「私達、何が有っても、変わりませんよね」と、言います。心ここに在らずな雰囲気も有る、テヤン。かなり、テヤン、困惑ですからね。

ソウォンの病院の開院式。

ヨンへは、パク社長に、ソウォンの病院まで送ってもらいます。

チュノクは、これまでのヨンジュ、ソウォン、シンモの偶然がどうも気になり、ヨンジュについていきます。すると、昼間から、車でいちゃつくカップルをみて「警察に言わなきゃね。証拠を撮らなきゃ」と、スマホで写真を撮ります。すると、びっくり。なんと、ヨンへではありませんか。実は、シートベルトが、うまく外れず、パク会長が、外そうとしていたのです。

意気揚々で、ソウォンの病院の開院式で、自画自賛するシンモですが、皆、相手にしてくれません。空気を読んだシンモは、離れます。ソウォンに高級ワインを渡す来客。字幕は高級ワインとなっていたけど「ロマネコンティ」と、言っていたな。

シンモを見かけたチュノクは、先ほどのヨンへの浮気現場(勘違い)の写真を、シンモに見せます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/26  19:30 | 投稿者: Author

ケイ役:チョ・ミニョ 『恋のゴールドメダル 僕が愛したキム・ボクジュ』

朝食時、ソジンから(センター長の事を)「理事長にお義母さまから、話したって」と、聞かされるジュンサン。イェソは100点取ったと話し、三人で、喜んでいます。蚊帳の外のイェビン。

院長と話すジュンサン。院長は「私は、君にセンター長になってもらってもいいんだが、君の不祥事を委員会にかけると、言われて」と、自分から、センター長の座を諦める事を、ジュンサンに促します。こうなっては、センター長にしがみつく事は出来ないジュンサンは、院長室を出て行きます。

院長は理事長に「一応、理事長の言う通りカン教授を、説得したんですが、自分から、やめると言うので」と、電話をします。ドアの外で聞いているジュンサン。そして、チヨンがセンター長に。

キム先生と食事をするソジン。ソジンは、キム先生から「イェソは、ウジュが好きです。応援してあげてください」と、言われます。「勉強に影響する」と、狼狽するソジンに、キム先生は「大丈夫。ウジュはイェソを好きではありませんから。ただ、把握しておく事です」と、言います。ソジンからすれば、ウジュがイェソを相手にしていないのが、気にくわなかったり?

その帰り、キム先生に「ジェニファー」と、声をかける女性がいました。しらばっくれるキム先生。エレベーターで、すかさずその事を聞くソジン。キム先生は「他にもコーデがいるでしょう」と、言います。キム先生に何かありそうな事を察したソジンは、にやけます。ソジンは、キム先生に謝罪して、許しを得た時も、意味深な笑いをしていたわよね?

ソジンは、誰に対しても、見下しているのかな?

双子の成績が下がっても、スタディールームを作ろうとするミニョク。スンヘは「成績が下がったら、作らないと約束したと」と言いますが「約束はしてない」と、ミニョク。しかし、スンヘはその時の会話の録音を聞かせるのでした。墓穴掘りまくりのミニョクは、しばらく黙っていた方が良いと思います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/10/26  18:32 | 投稿者: Author

商人役:リミン 『ハンムラビ法廷』『サイムダン師任堂、色の日記』『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』

街中で、王イ・ホン、ダルレ、ハソンが会うかと思いましたけど、そこで、会う事は有りませんでした。

やはり、ダルレは東屋の鍵を壊したのですね。王イ・ホンをハソンだと思うダルレは、王イ・ホンが繋がれている紐を切ります。王・イ・ホンがダルレに「水を持ってきてくれ」と、頼みます。ダルレが水を用意している隙に、王・イ・ホンは逃げ出した訳です。

チョンセンは、イ・ギュに「あの者が、王様に会いに行った」と、言います。「知っていたのか?」と、イ・ギュ。

ダルレは、カプスとチョンセンが、自分を探す姿を見ると、隠れます。しかし、チョンセンの姿が見えなくなると、ダルレは、カプスの前に姿を現れし「兄さんが、監禁されていたの」と、話します。

市場で楽しんだハソンと王妃が、王宮に戻ります。王イ・ホンの着替えを手伝うキム尚宮は、王イ・ホンの耳の変化に気付きます。おそらく今後、キム尚宮は、耳から、影武者の存在に気づくでしょうね。王イ・ホンは、ハソンを、ボコボコに。呼び出されたムヨンは、その状況を目撃して、身代わりを把握します。

ムヨンが王イ・ホンに、殺されそうになりますが、ハソンは「この人が悪いのではなく、自分が悪いんです」と、止めます。そして、王イ・ホンは、ムヨンに、イ・ギュを捕らえる様に言います。捕らえられるイ・ギュ。その様子を見ていた人がいますが、大妃側?シン・チス側?

王イ・ホンは、イ・ギュに「余がいない間に、大同法を施行しようとしていたのか?」と、聞きます。イ・ギュは「王様も施行しようとしていたでは有りませんか?」と、答えます。ハソンが王妃ソウンと、仲が良い事もあり、憤る王イ・ホンは、イ・ギュに、ソウンを殺させようとします。

王イ・ホンは、ハソンをただ殺すだけでは面白くないと、ムヨンに「この者を、山奥に捨てて、トラの餌にしろ」と、命じます。ハソンを山の穴に、捨てるムヨン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ