ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/11/9  19:12 | 投稿者: Author

警備職員役:カン・ジョング 『白詰草シロツメクサ』

ヨンジュが、ミヌと抱き合ったところを見たソウォンは、おいおい状態で、ヨンジュに近づきます。ソウォンは、ポケットに手を入れて歩いているんだけど、その格好が、次元のようだったわ。ヨンジュは「カフェに来なかったのね」と、言います。ソウォンは「なんで、来なかったと知っている」と、返します。

本当は、お互いにカフェには、行ったのに、すれ違いなのよね。お互いに行かなかったのだと、理解し、また、2人は言い合いに。ってか、喧嘩するほど、仲が良いって言うけど、この2人、まさに、そんな感じじゃない?嫌いなら、相手がどうしてようと、関係無いもんね。

テヤンは、ケビンを襲う不審者が気になり、パク本部長と、防犯カメラの映像を見せてもらいます。1度目のは、期限が切れていると、言われます。保存期間が1週間なんだと。多分、これは、パク本部長側が、手を打ったんでしょうね。そして、2度目の襲撃の時の映像で、車のナンバーを見て、テヤンは絶句します。ジョンドの車にナンバーだったからです。

パク本部長もそのナンバーを見て、ジョンドの車のナンバーである事を思い出し「あいつが、こんな形で役に立つとは」と、ほくそ笑みます。

自宅では、せっせとケビンのために、おかゆを魔法瓶に入れているファヨンに、文句をジョンドが言っていました。ファヨンは「テヤンの父親だからではなく、テヤンの命の恩人だから」と、説明をします。帰って来たテヤンは、ファヨンが出かけた後、ジョンドを問い詰めると「殺したいと思った。どうかしてたんだ」と、言われます。

相変わらず、ケビンに認められるようにと、仕事をするルリ。それと、シンモの誕生日も近づいているでしょうか?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/9  18:30 | 投稿者: Author

ドフンママに電話をしたソジンは、生徒会長選を辞退するように仕向けたと、ヘナが感づいたと知ります。それを、キム先生に相談するソジン。キム先生は、チョ先生に、ヘナを監視するように指示を出します。監視だけでは、ありませんね、ヘナの家に不法侵入してますね。

ただ、そのおかげで、ウネとジュンサンの過去写真を見つけ出します。それを見せられたキム先生は、にんまり。そして、キム先生は、ソジンに、ヘナを一緒に住まわせる事を提案します。イェソ達と姉妹だもんね。断るソジンに「イェソにも、イェビンにもいい刺激になる」と、キム先生。

ソジンとしても、気は進みませんが、一応は、イェソに「イェビンがヘナの教え方を気に入っているのよ」と、相談します。キレまくりのイェソ。イェソ、何んで、普通に喋れないの?普通に「嫌だ」で良いじゃん。学校で、イェソはヘナに「何?住み込みで家庭教師したいの?」と、言います。ここで、イェソは、住み込み?と、何か思いついた様です。

ヘナは、ソジンに住み込みで家庭教師をする事を提案しますが、断られます。

ソジンからヘナを受け入れられないと、逆らわれ、キム先生は、イェソを瞑想室へ・・・。生意気なイェソに、キム先生は「次こそは、すべて満点を取りなさい。自惚れているんじゃない。自信過剰にならず、自分を疑いなさい。前回の様にケアレスミスが無い様に」と、言います。キム先生も、癖ありだけど、イェソを大人しくさせられるのは、この人だけだわ。

SKYキャッスルでは、住民総会で、スイムの小説に反対の署名を、スイムに見せます。これまで、黙っていたスイムですが、偽善者のソジンの過去を、バラしてしまいます。ってか、これまでも、ソジンってば、自分の方が弱みを握られているのに、なんで、あんだけ強気なのか不思議だったわ。普通だったら、スイムに関わらないのが得策よね?

住民から、矢のような視線を受ける羽目になったソジン。特に、ジニには「何?私にも嘘をついていたの?」と、言われます。今回は、面白さ満載プラス、すっきり。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/9  16:56 | 投稿者: Author

官僚役:チョン・ウク 『100日の郎君様』『病院船〜ずっと君のそばに〜』『仮面の王 イ・ソン』『六龍が飛ぶ』

今回は、大事な回だったのでは無いでしょうか?

都に戻ったミン・ユファンを見かけて、近づこうとするヘミョン。しかし、その後ろにウォルミョンがいる事に気付いたキョン・ウは止めます。案の定、ウォルミョンは、ミン・ユファンに刃物を後ろから突きつけて、連れ去りました。

王妃パク氏は、チョン・ギジュンに、廃位した元王妃ハン氏が「まだ生きているのでは?」と、聞きます。「死体を確認した」と、チョン・ギジュン。王妃パク氏は「でも、顔がつぶれていて、はっきりとはわからなかった」と、言います。そこですよね。

ミン・ユファンは、精肉店の地下で監禁されていました。やってきたチョン・ギジュンに唾をかけるミン・ユファン。チョン・ギジュンが目配せをすると、ウォルミョンは、鈍器で、ミン・ユファンの頭を殴ります。すごいな・・・

顔の傷がある男ウォルミョンの似顔絵を作り、ヘミョンとキョン・ウは、ミン・ユファンの行方を追います。意外にも、チュンプンがその男を見た」と、言います。そして、3人は、精肉店へ。その似顔絵を見せても、精肉店の男がしらばっくれるので、チュンプンは「顔に特徴が有るのに、わからない訳ないだろう?」と、一旦、凄みを利かせた後、店内に入り、肉を見ます。

きしんでいる床に気づくチュンプン。それを見ているヘミョンとキョン・ウ。チュンプンは、さっと、床にかぶせてある布を剥ぎます。チュンプンに刃物を向ける精肉店の男ですが、チュンプンに抵抗され、机に貼り付けにされます。地下に行ったヘミョンとキョン・ウは、胸に刃物が刺さった状態で亡くなっているミン・ユファンに言葉を失います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/9  13:57 | 投稿者: Author

なるほど。やっぱりね。シン・チスは、密書を後金の間者から、奪っていたのね。牢獄にいるシン・チスは、会いに来た晋平君に「王様を追い込む事が出来るものが有る」と、密書の存在を明かします。

半信半疑ながら、晋平君は、シン・チスの屋敷を捜索しますが、密書が出てきません。すでに、シン・チスの姪である宣化堂が、手にしてました。以前、宣化堂が、毒を盛った事を聞いた時に、シン・チスは耳元で、盆栽だか、なんだかを探せと言っていたわよね。シン・チスは、何で、同じ事を、2人に言ってるんだか・・・。ハソンを倒せるなら、誰でもいいから?

これまた、牢獄にいるキム尚宮は、大妃付きの女官が来た時に、ハソンが道化だという事を伝えた様です。

王妃のソウンは、医女から診察をしてもらうと、妊娠しくい事を伝えられます。百花茶を調べた医女は、そこに、不妊になる成分が有ったと、王妃のソウンに教えてくれます。百花茶は、大妃が送ってくれたものですよね。

それを知ったハソンは、大妃のところに乗り込みますが、かえって、道化の事を言われてしまいます。

ハソンは、大妃を廃母にしたいにですが、それには重臣達との話が必要と、イ・ギュから、言われます。

それと、府院君ユ・ホジュンが、無実となり、イ・ギュが迎えに行きます。ところが、府院君ユ・ホジュンは既になくなっていました。

ハソンは、晋平君が、府院君ユ・ホジュンを無罪にする事を大反対していたため、彼だろうと、捜索しようとしますが、イ・ギュは「心証だけでは、無理だ」と、言います。しかし、ハソンが強硬するため、イ・ギュは、ムヨンに「証拠が出てこなければ、府院君ユ・ホジュンの死体にあった矢尻を証拠にしろ」と、捏造を強要します。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ