ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/11/19  20:56 | 投稿者: Author

実家に帰った美媚(メイメイ)に、会う王赦(ワン・シャー)。殺人犯を、弁護する王赦(ワン・シャー)を嫌がる美媚(メイメイ)に、説明をします。元々、王赦(ワン・シャー)は、恵まれた環境で育った弁護士では無く、親に捨てられ、養護施設で育ったと言う境遇だったんですね。

その、友達に誘われたけど、あと一歩で行かず、友達二人は犯罪に。ようするに、王赦(ワン・シャー)としても、紙一重だったと言う事なんでしょうね。美媚(メイメイ)は「自分の子供を守りたいだけなの」と、言います。美媚(メイメイ)としても、夫のやっている事は、高尚だと理解はしているでしょう。でも、子供を守りたいと思うのは、普通の事です。

美媚(メイメイ)のお母さんが、美媚(メイメイ)に「なんで、彼が好きなの?」と、聞いたのは良かったと思います。

王赦(ワン・シャー)の元に、李曉明(リー・シャオミン)が、精神鑑定を受ける事に応じたと知らせが入ります。喜ぶ王赦(ワン・シャー)。それも、つかの間、李曉明(リー・シャオミン)の死刑が執行されると知ります。それが、SBCニュースで流れます。

その情報に李大芝(リー・ダーシー)は驚いて、親に電話して「聞いた?今日、お兄ちゃん、銃殺されるって」と、言います。それを、宋喬安(ソン・チャオアン)が、聞いていました。今日、銃殺される人、それは、自分の子供を殺した人物だと、宋喬安(ソウ・チャオアン)は、わかりますよね。

兄李曉明(リー・シャオミン)の死刑執行の中継を、仕事として、目に涙を浮かべながらこなす李大芝(リー・ダーシー)。それを、後ろから見ている宋喬安(ソン・チャオアン)。テレビの中継で、銃声が流れます。台湾では銃殺で刑が執行されるのは、本当なの?中継も?

宋喬安(ソン・チャオアン)に「しばらく休みます。病院へ行きます」と、言う李大芝(リー・ダーシー)。その後、宋喬安(ソン・チャオアン)は、同僚に、李大芝(リー・ダーシー)の尾行と、李曉明(リー・シャオミン)の遺体引き取りの中継を命じ「スクープよ」と。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/11/19  15:56 | 投稿者: Author

あれ?今回は、ルリどころか、テヤンとかまで、出てきてないわよ。エリが出てこなかったのは、清々したわ。まぁ、その分、ソウォンがいっぱい見られたから良いけど。うふ(o^^o)。

ソウォンは、ハンギョルを連れて歩いていると、偶然、ヨンジュのお見合い相手のミヌを目撃します。母に電話しているミヌは「金持ちの馬鹿女なんか、簡単だよ」等と、言っていました。後から、やってきたヨンジュとミヌの様子を見ているソウォンと、ハンギョル。

ミヌは、ヨンジュに「アメリカに行こう」と、言ってキスをしようとします。ヨンジュは、その時、ソウォンがいる事に気付き、ソウォンがダメだと、いう感じで、首を横に振ります。しかしヨンジュは当てつけで、キスをします。ハンギョルは目を手で覆います

ヨンジュのお店は閉まっていましたが、ヨンジュに会えたソウォンは「君が幸せになれるならいい。忠告しているんだ」と、ミヌの事を言います。ヨンジュは「あなた以外なら誰でも同じ。一度も本心を言わないあなたよりマシ」と、言います。ソウォンは「なんで言わないかわかっているだろう」と、言います。けど、ヨンジュは言って欲しい人ですから。

ヨンジュが歩き出すと、ハンギョルがいました。ハンギョルに「もう会えない」と、ヨンジュは言います。泣き出すハンギョルを抱きしめるヨンジュ。二人の様子を見ているソウォン。

「このケータイ捨てて」と、ミチェに言うチュノク。あのスマホは、チュノクが退けた男のものだったようですね。ミチェがその中の写真を見ると、そこには、ミヌの怪しげな写真が出てきました。ミヌと母を呼び出したチョノクが事情を聞くと、二人は、ミヌの双子の弟だと言います。「それなら、その弟をここに呼びなさい」と、チュノク。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/19  15:16 | 投稿者: Author

ノ・ソネ役:キム・ジュリョン 『たった一人の私の味方』『ハンムラビ法廷』

セリのクローゼットからウィッグが出てきて、スンヘが驚いているところに、ミニョクが帰ってきます。スンヘから「セリのクローゼットにこれが」と、差し出されても「ウイッグだろう」と、気にしてないミニョク。そこへ更に、スンヘには、アメリカに居る姉から電話がかかってきて「セリは、ハーバード生のフリをしていた。大学が告発するそうよ」と、驚愕の知らせ。

ユン女史の知人で、前にキム先生に声をかけていた人物と話をするソジン。ソジンは、その人から、キム先生の事件の記事を見せられます。それは、キム先生が、事故に見せかけて、夫を殺したというものでした。

その場では「人違い」だと否定したソジンですが、スイムから警告された言葉を思い出します。スイムが「キム先生は、なんて言って、イェソを説き伏せているの?キム先生は、私の古傷を調べ上げて、亡くなったヨンジュのことまで、利用して嘘をついた」と、言っていたので、ソジンは、まさか?キム先生は、ヘナの事を調べあげて?と、不安がよぎります。

断っても、キム先生からは、ヘナをそばに置く事をアドバイスをされていたソジン。寝ているイェソの頭を撫でるソジンは、不安と、どうすべきか、交錯してるでしょうね。

スンヘは姉から「セリは、ハーバードの授業を受けて、寮で生活までしていた」と、聞かされ、セリのSNSを見たりします。スンヘは、ミニョクに「ハーバードの授業料は、ハーバードに直接に振り込んでいるの?」と、聞きます。ミニョクに「セリの口座に振り込んでいる」と、言われます。

不安に襲われるスンヘは、夜の街で、セリを捜します。実際ハーバードには受かってなかったとかなら、あるあるかもしれないけど、フリをしていたは、すごいですね。ソジンを笑っていたミニョクがこれを知ったら、ひっくり返っちゃうんじゃないの?皆さん、同じ穴のムジナです。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/19  13:49 | 投稿者: Author

医員役:クォン・ボムテク 『青い海の伝説Legend of the Blue Sea』『オクニョ 運命の女(ひと)』『アラン使道伝』

キョン・ウから、10年前の証拠を渡された王様は、王妃パク氏を尋問します。「身に覚えがない」と言うパク氏に、王様は「罪人に会うために、牢番に金を渡し、罪人は死んだ」と、他の証拠も突きつけます。

前回、観察府に矢文が放たれましたが、そこには“今日、罪人は殺される”と、忠告が書かれていました。それで、カン従事官は、それを阻止しようとしましたが、ウォルミョンはお粥を口にしてしまいます。一命は取り留めたウォルミョン。カン従事官は、キョン・ウに「生き延びている事は、内密です」と、言います。

大妃は、ヘミョンにキョン・ウが誤解で高札に掲示した事、誤解を解くために、王妃を探している最中、転げ落ちて、記憶を失った事情を、説明します。それでも、ヘミョンはキョン・ウを許せずにいました。元王妃ハン氏と引きさかれた元凶になってしまいましたもんね。

あとがない、王妃パク氏を訪ねたチョン・ギジュンは「助かりたいなら、誰か他に黒幕を仕立て上げないと」と、言います。それで、王妃パク氏は、王様と重臣達の前で、自分の罪を認めた上で「黒幕はピリョン」だと、言います。こうして、キョン・ウ、ピリョンは捕まり、セホ、グァンス、ファンガと、キョン・ウの仲間が捕らえられます。

王妃パク氏は、逃亡を図りますが、チョン・ギジュンに騙され事を悟ります。しかし、時既に遅しで、刺客が現れます。ここに、死んだはずの、ウォルミョンが助けに入りますが、多勢に無勢。ウォルミョンが斬られ、追い詰められた王妃パク氏は、崖から飛び降ります。

チョン・ギジュンに鬼仮面からの矢が・・・。捕らえた鬼仮面の仮面を取ると、チュンプンでした。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/19  10:26 | 投稿者: Author

配達人役:チャンソン 『Queen for Seven Days七日の王妃』『浪漫ドクターキム・サブ』『〜カッとナム・ジョンギ〜』
ソ・ジニ役:ユ・ウンミ 『浪漫ドクターキム・サブ』
ミンジ役:ソン・セビン 『甘い秘密』『大切に育てた娘 ハナ』
被害者母親役:キム・ナニ 『ハンムラビ法廷』『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』

オ・ジンシムが、チェ先生と、傍聴するシーン。オ・ジンシムのコートの襟が寝てたり、立ってたり。

詐欺罪で告訴された女子高生のユナを、弁護する事になったクォン・ジョンロク。オ・ジンシムは、たまたま、ユナの裁判を傍聴していたのですが、嘘ばかりでした。それなのに、クォン・ジョンロクから、告訴取り下げの嘆願書を、ユナが通う学校の友達から取ってくるように、オ・ジンシムは頼まれす。

オ・ジンシムが友達に嘆願書を頼もうにも、皆、口を揃えて、ユナの事を、嘘つきだの、詐欺だの言い、嘆願書が取れません。さらに、ユナは、クォン・ジョンロクにも、嘘をつくもんだから、オ・ジンシムは感情的になり、クォン・ジョンロクに咎められます。

オ・ジンシムは、ヨン芸能事務所で、ジョンソクからユナの事を聞くと、練習生だったのは本当で、最後のメンバーには選ばれなかった事、お金が無く、バイトに忙しく、レッスンが受けれなかった事など、境遇を聞かされます。オ・ジンシムは、その帰り、ヒョクジュンが、後輩のミンジの運転手をしているのを目撃します。

さらには、ミンジからも「一発屋」だのと、バカにされたオ・ジンシムは、お決まりの、髪をつかみあいの喧嘩に

被害者宅へ謝りに行ったユナは、被害者母から騒ぎ立てられたと、警察沙汰になったようで、クォン・ジョンロクと、オ・ジンシムで、迎えに行きます。騒ぎ立てる被害者母に、クォン・ジョンロクは「謝罪と、騒ぎ立てるは違う」と、一蹴して、ユナと警察を出ます。「大丈夫?」と、ユナに声をかけるオ・ジンシム。ユナが、改心したのは良かったですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ