ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/11/26  20:54 | 投稿者: Author

李曉明(リー・シャオミン)の遺体を引き取りに行く家族。マスコミは、SBCニュースだけ。その姿に気づく李大芝(リー・ダーシー)。李大芝(リー・ダーシー)家族は、世間から非難を浴びてしまいます。

SBCニュースの人は、宋喬安(ソン・チャオアン)のやり方について、意見します。そのSBCニュースの人は、宋喬安(ソン・チャオアン)に「李大芝(リー・ダーシー)は、君が遺族だとは、ずっと知らなかったんだ」と、言います。

李大芝(リー・ダーシー)は、SBCニュースに乗り込み宋喬安(ソン・チャオアン)に、文句を言います。おかまいないしに、カメラを回させる宋喬安(ソン・チャオアン)。李大芝(リー・ダーシー)は「尾行したでしょう。家まで映したわ。人権は?」と、大声で言います。負けじと宋喬安(ソン・チャオアン)は「殺された人の人権は?」と、怒りをぶつけます。

宋喬安(ソン・チャオアン)の言い分は、遺族としてごもっとも。だけど、それを、家族にぶつけるのは・・・とは、思いますが。でも、大多数は宋喬安(ソン・チャオアン)のような、気分だと思います。

李大芝(リー・ダーシー)は、思悦(スーユエ)に「李暁明(リー・シャオミン)の妹」だと明かします。自分も辛い思いをしているからか思悦(スーユエ)は、李大芝(リー・ダーシー)の話を聞きます。

李大芝(リー・ダーシー)と連絡がつかず、両親は、SBCニュースへ。そこでも、宋喬安(ソン・チャオアン)は、両親を罵倒。まぁ、仕方ありません。両親は「娘の連絡先を教えてほしい」と、頼みます。ここも、カメラが回っていました。その後、SBCニュースの人が、李大芝(リー・ダーシー)の居場所を教えます。

両親と、王赦(ワン・シャー)が、家はここかしら?と、戸惑っていると、ちょうど思悦(スーユエ)が、帰ってきます。思悦(スーユエ)は、王赦(ワン・シャー)を知っているので、その後は、すんなりといきました。その帰り、兄の手紙を、両親から受け取る王赦(ワン・シャー)。そこには“生まれ変わっても、同じことをする”と、書かれてました。

カウセリングの医師から進めれて、昔の初デートの映画へと宋喬安(ソン・チャオアン)を誘う夫。映画館は、息子が被害に遭った場所ですので、宋喬安(ソン・チャオアン)にとって、最も行きたくない場所。その時の事を思い出す宋喬安(ソン・チャオアン)は「息子を一人にしてはいけなかったのよ」と、夫の胸で泣きます。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2020/11/26  15:23 | 投稿者: Author

ルリの言っている事が、全く理解できないテヤンは、パク本部長に「あなたしか信用できないんです。何が有ったんですか?」と、聞きます。パク本部長は「イ・ルリとは結婚出来ないと言う事です」と、言います。

ケビンの自宅で、ケビンにも、テヤンを兄として慕うと話し、テヤンにも妹の様だと、言われたと、嘘を吹き込むエリ。そこに、テヤンがやってきて、退室するエリ。テヤンに問い詰められて、ケビンは「俺の話しを聞いたら別れるか?」と、録音機を出します。それは、スミが、シンモを「悪魔だ」と、話してる内容でした。

ケビンは「イ・ルリの兄は金持ちと結婚しただろう?最近、子供を引き取っただろう?」と、テヤンに言います。そういえば、と、ハンギョルを思い出すテヤン。「誤解がある様だ」と、テヤンは、言います。

シンモはヨンへの家でへヨンへに、ルリが破談になった事を話します。勘のいいヨンへは「あの事が気になっているのよね」と、スミの事を話します。シンモは「君の悪いところは過去を蒸し返す事だ」と、怒ります。しかし、ヨンへは「お金持ちは、調べると言うし」と、言います。

この時は、一喝したシンモですが、自宅で洗濯物をたたみながら、まさか?そんな事は無いと、考えます。最近、シンモは、家事が板についてきたようですね

ウジュが風邪なので、ルリは、ウジュの代わりにヨンへが働くお店でお手伝い。そこに、ヨンへにお礼を持ってきたファヨンがやってきます。誤解は解けるでしょうか?

ソウォンはレストランで、双子が二人とも、ミヌを名乗るので、何かあると、感じます。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/26  14:03 | 投稿者: Author

一番嫌いなヘナが、ジュンサンの娘と知って、怒りを抑えられないイェソ。ソジンは「パパはいいパパでしょう?怒るのはママ」と、言いますが、イェソは「パパのせいでめちゃくちゃ」と、言います。ただ、これに関しては、イェソの受け入れられない気持ちは、思春期という事を思うと、酷な部分だったと思います。

こうなると、イェソが行くところはキム先生、イェソを抱きしめるキム先生は、不敵な笑みを浮かべます。それを見ているチョ先生。

ソジンは、ヘナを責めますが「イェソが私を怒らせるから。私には失うものは無い。SNSにあげる」と、言います。ソジンは「こっちはせいぜい、恥をかくくらい。そっちは家庭教師をして退学でしょう?殺すわよ」と、言います。「殺せば」と、ヘナ。ヘナの言う通り、失うものが無いんだから、ソジンの脅しは通用しないし、自分が招いた事。

ますますキム先生にハマるイェソの事を、ソジンはスイムに相談。スイムはキム先生に会い「ヨンドゥの死を利用してまで、私が小説を書くのを、止めようとしたんでしょう」と、非難します。キム先生は「親が悪い」と、言います。「恐ろしい女」と、言って出て行くスイム。キム先生の言っている事は、詭弁ってまでは言えないところがミソかなぁ〜。

スンヘは今まで、出来なかっったからでしょう。セリと買い物等を楽しみます。

土下座をして謝るセリに、ミニョクは「娘じゃない」と、言います。

試験の結果を見て「公平じゃ無い」と、ウジュに吐き捨てるヘナ。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/26  12:12 | 投稿者: Author

イム・ユニ事件は、真犯人が出て、ヨルムの気持ちは沈みます。

オルウェイズ法律事務所では、クォン・ジョンロクのお手柄で、祝杯をあげようかと、いう感じになりますが、当のクォン・ジョンロクが「僕は行きません」と、言います。

その後、クォン・ジョンロクは、オ・ジンシムを誘い飲みに行きます。オ・ジンシムが「なせ、皆といかなかったんですか?」と、聞きます。クォン・ジョンロクは「イム・ユニさんも、パク・スミョンさんの気持ちもわかるから」と、言います。うん、なんか、大喜びって感じとは、違いますよね。

その帰り、オ・ジンシムが以前のポケット勘違いを自分で笑うと、クォン・ジョンロクはオ・ジンシムの手を自分のポケットに入れてあげて「オ・ジンシムさんが僕を心配してくれる分、僕もそうしたいんです」と、言います。

オ・ジンシムが「前より、特別な存在になったと言うことですか?」と、聞くと、クォン・ジョンロクが「そうです」と、答えたところで、クォン・ジョンロクには、電話がかかってきて、そこから先は、持ち越し状態に。

この状況に、オ・ジンシムは、女優らしく高貴に待とうとしますが、一人家で、お酒を飲み、そのもどかしさから、クォン・ジョンロクに、電話をして、告白してしまいます。

翌朝、目覚めて、スマホで、クォン・ジョンロクからメールで“会って話しましょう”と、書かれていて、またもやっちまったと、気づくオ・ジンシム。恥ずかしくて、オ・ジンシムは、仕事を休みます。

クォン・ジョンロクは、オ・ジンシムの好きなものをネットで探すと、以前インタビューで「手紙での告白はときめきます”と、答えていたので、手紙を書いてみます。しかしあまりにも、仕事慣れしているせいか、クォン・ジョンロクが書く手紙は、裁判所にでも出すかのようなお堅いもの。ただ、レターセットはピンクで、ハートがプリントされていて、可愛かったですね。

気分転換で、表に出たオ・ジンシムは、クォン・ジョンロクに会います。手紙を渡すクォン・ジョンロク。そこには“交際しましょう”と、書かれていました。「嬉しい」と、クォン・ジョンロクにバックハグをするオ・ジンシム。クォン・ジョンロクも「僕も嬉しいです」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ