ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2020/11/27  20:09 | 投稿者: Author

パク・ヒョウン(少女時代)役:イ・ハンソ 『ロボットじゃない〜君に夢中!〜』『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
上司役:ユン・インジョ 『黄金の私の人生My Golden Life』『Queen for Seven Days七日の王妃』『嫉妬の化身』

のんべんだらりとしたドラマ。

ソ・ドウの友人ヒョヌは、チェ・スアと、ソ・ドウの様子から「どんな事情があろうと、不倫は許さない」と、ソ・ドウに言います。それと、ヒョヌは「ビールを譲る女。譲られても何とも思わない女。ドウは、譲る女が好き。へウォンは俺達が知る女の中でも最も利己的なだ。何でへウォンなんだ?」と、言います。それよ。

「ウヌだ」と、言うソ・ドウ。子供の事を思ってと言う事なんでしょうね。

チェ・スアの方も、ソ・ドウの事を気になっていて、ソ・ドウの事務所へ向かいます。ヒョヌに「忘れ物を取りに来たんです」と、いうチェ・スア。このヒョヌ、本当、何でも、口に出してそれも的確に、意地悪な感じでもなく「ドウは、いないよ。忘れ物は口実。いないと安心なのに。いないと残念」と、言います。

結局、ソ・ドウの事務所で待つチェ・スア。すると、ソ・ドウから電話が来て「ブラインドを開けてごらん」と、言われます。チェ・スアがブラインドを開けると、素晴らしい眺めでした。

チェ・スアはスライドをみるとマレーシアの空港で拾ったのと同じ玉を見ます。そこからチェ・スアは、あの時、空港で、事故に遭ったのは、アニーだと気付き、止めなかった自分の責任だと責めます。

キム・ヘウォンは、アニーの部屋を自分の書斎にと改築しようとしていました。ソクから非難されるキム・ヘウォン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/27  14:23 | 投稿者: Author

なんか、ソジンは、ママ友から、イェソが学内一位だと、お祝いされていたけど、あれ、嬉しいのかね。

SKYキャッスル内で、ウジュの誕生日パーティー。ジニは落ち着かない気持ちで、イェソとヘナを見ていたけど、その前に二人の口論を見ていたんですね。その時、イェソがヘナを「障害物」と、言っていました。

ジニ、スイム、スンヘの大人3人は、ミュージカルを観に行くため、途中で出て行きます。落ち着かない様子で、ミュージカルを見ているジニ。ソジンは、キム先生、ユン女史、ジュンサンと食事。

ヘナがベランダから落ちて、救急搬送されます。泣きながら、ヘナにつきそうウジュ。ジュンサンは急患の連絡が来て、退席。ソジンも、イェビンからの電話で、ヘナの事故を知り、病院へ駆けつける事に・・・。

実は、もう一人、救急搬送された患者さんがいて、それが、院長の孫なんですね。それで、ジュンサンは抵抗するチヨンに「こちらは、院長の孫なんだ」と、そちらの方を優先させます。

ヘナも重症なのに、転院させれる事になり、ウジュは「こっちの方が先に運ばれたのに」と、必死に言います。その様子を見ているソジン。ジュンサンが現れ、その姿を見たヘナは小声で「お父さん」と、言います。ジュンサンには聞こえず、転院させられるヘナは、絶望だったでしょう。涙がしたたり落ちていました。処世術には長けているけど、気の毒なヘナ。泣けたわ。

この様子を見ているソジンは呆然としていましたが、おそらく心の中で、あなたの娘なのよと、言っていたでしょうね。ストレッチャーで運ばれるヘナについていくウジュがスマホを落とし、それをソジンが拾います。これが、のちに、何かになったりするのかな?その後、ヘナは亡くなります。マジで?

車を運転するソジンは、家族で食事中、イェソがジュンサンに「友達の話だけど、もし、婚外子が急に現れたらどうする?」と、聞いていた事を、思い出します。この時、ジュンサンが「障害物でしかないな」と、ヘナの前で言っていたんですね。まさか?イェソが?が、よぎるソジン。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2020/11/27  10:37 | 投稿者: Author

ファン・ヨンドゥ役:ファン・ボラ 『僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ〜』『Mr.Back〜人生を二度生きる男〜』
イ・ジョンファ役:ジョタ 『恋のゴールドメダル 僕が愛したキム・ボクジュ』

付き合って1日目はデートできなかったので、オ・ジンシムは「これは、1日目に入れない」と、電話でクォン・ジョンロクに言います。

仕事では、オ・ジンシムはヨン代表から「チェ先生の仕事は大変だから手伝ってくれ」と、言われます。ヨン代表が、クォン・ジョンロクに「クォン先生、今、仕事そうでもないから、大丈夫だろう?」と、言い、クォン・ジョンロクが「はい」と、答えるので、面白く無さそうな表情をするオ・ジンシム。

やっぱりなんだけど。オ・ジンシムとクォン・ジョンロクを、犬猿の仲だと勘違いしているジュンソクによる横槍だったわけですねぇ〜。

オ・ジンシムを送ると「今日も付き合って1日目にしません」と、クォン・ジョンロクは言われます。家で、クォン・ジョンロクは結果として、前日、オ・ジンシムとの約束をすっぽかす形になり、今日も、異動の件で、不満そうな顔をしていたオ・ジンシムを思い出し、ジンシムの家へ行き「デートしませんか?」と、言います。そして、行った所は天文台。

クォン・ジョンロクは「夜遅いので、行けるところがあまり無いですし、人目につきにくいところだと、ここが良いかと」と、オ・ジンシムに説明。オ・ジンシムは「聞きたいことがあるんです。私のこと好きですか?」と聞きます。クォン・ジョンロクは、オ・ジンシムを抱き寄せて「好きです」と、答えます。

偶然会ったヨルムから「裁判でギクシャクしちゃったから、私達、修復しない?」と、言われるクォン・ジョンロク。オ・ジンシムは、クォン・ジョンロクと食事をしようとレストランを予約をします。帰って来たクォン・ジョンロクから「ヨルムと飲みに行く」と、言われがっかりのオ・ジンシム。

流れで、そのレストランには、タン先生と行く事になったオ・ジンシム。そこで、オ・ジンシムは、タン先生から、ヨルムは、クォン・ジョンロクの初恋の相手だと聞かされ、さらに「私が思うに、クォン先生は未練があるんじゃなかと」と、言われます。

クォン・ジョンロクの家の前で、オ・ジンシムがその件で問い詰めていると、セウォンが現れ、3人で飲む事に。クォン・ジョンロクはオ・ジンシムを送ると「嫉妬なんて時間の無駄です。今を楽しみましょう」と、言います。いいえ、恋愛においては、時にはそれも必要です。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ