ロッテマリーンズ、キム・ナムギルが好きだけど、その事は書いてない、海外ドラマ(国籍不問)をツッコんでる脱力系、適当なブログです。
2021/1/21  20:45 | 投稿者: Author

テヤンは意を決して、チュノクに投資を頼みますが「家族でお金の貸し借りはしない」と、言います。チュノクの言い分もわかります。テヤン以上に必死なのは、ルリは、失礼を承知で、ケビンが、ウンジョと同じ境遇なのだと、話しますが「私の傷をえぐるのか?」と、怒られてしまいます。チュノクにすれば、そうです。

そこで、ルリは、ケビンの幼い頃の写真をスマホで見せようとしますが、退かれてしまいます。あれを見てもらえれば、早いんだけどね。怒っているチュノクは「イ先生、何、やってるの?」と、言います。ドアの外で、聞いていたソウォンとヨンジュが入ってきます。ソウォンとヨンジュも、ルリ達の援護射撃をしようとしますが、チュノクが起こっているので、ダメですね。

テヤン達が出て行った後、ヨンジュがルリのスマホがそのままだったからと、チュノクに話します。ヨンジュは、チュノクに、ケビンもシアトルにいたのだと話します。そこで、ようやくチュノクは、話に耳を傾けます。ヨンジュが「写真を見てみれば良い」と、ルリのスマホから写真を見ようとしますが、ロックがかかっていて見られません。引っ張るねぇ〜。

シンモは、出張に行く、ヨンヘのために、海苔巻きを作り、手紙も添えて、届けます。手紙を読むヨンヘ。そこには、謝罪と、ヨンヘに、感謝が綴れていました。自分が正しいと思って、ヨンヘを馬鹿にした事も謝っていました。ほ〜んと、ようやく、シンモはわかってくれたのですね。それを読んで、追いかけるヨンヘ。

シンモの車は走り始めます。そこに、ソン社長の車が入ってきます。シンモも、バッックミラーで、ヨンヘとソン社長の様子を見ています。

テヤンは、記憶がないキム室長を、事件現場に連れて行き、思い出してもらおうとします。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/1/21  19:42 | 投稿者: Author

南刑天役(ナン・シンティエ)役:夏靖庭(シア・ジンティン) 『おんなの幸せマニュアル 俗女養成記』

子ヤギにミルクをやるヤーヌオ。それを、ズーフォンは眺めてみています。ズーフォンは、ヤーヌオに「惚れた」と、言います。ヤーヌオは唾を飲み固まります。そして、ヤーヌオは「女が好きだと言っていただろう?」と、動揺して言います。ズーフォンは「女だったら、惚れてた。強いし、義侠心有るし」と、言います。ヤーヌオは、いろんな意味で、ドキドキだったでしょうね。

2人の様子を見ているジャールイ。ジャールイは、もしかしてヤーヌオが好き?

ズーフォン、ヤーヌオ、チンヤン、ナナで集まっています。チンヤンが調べた資料を、ズーフォンに渡します。何なのか、聞くヤーヌオ。ズーフォンは「俺達が、最初に出会った時、俺、襲われただろう?それを調べているんだ」と、言います。チンヤンは「デマの記事も関係有ると思う」と、言います。

チンヤンの父親も、ズーフォンの父親と一緒に、石垣島周辺で、行方不明なんですね。ナナは、チンヤンに「家族になるわ。話を聞く」と、言います。ズーフォンは、チンヤンと義兄弟、ヤーヌオとも義兄弟と、言います。「じゃ〜みんな、家族だ〜」とか、話してました

年に一度、3家族が集まる家族行事が有る様なんですね。3家族はズーフォン、チンヤン、翰昇(ハンション)です。また、新しい、登場人物だわ。ちなみに、あの建物は、日本家屋の様な感じですね。『ホントの恋の見つけ方』で、出てきたのとは違うのかな?で、日本家屋にも関わらず、土足で上がっていたのは、気になったわ・・・

ズーフォンとヤーヌオの組みと、ハンションとその義兄弟の組、要するに2対2で、手合わせをします。どうやら、ハンションの父親は、ヤーヌオを警戒している様ですね。


人気ブログランキング




0
タグ: 台湾ドラマ

2021/1/21  19:00 | 投稿者: Author

「約束を守ると言うのは口実で、戻ってきた」と、ワン・ウォンに話すウン・サン。ワン・ウォンは「そばに置いて、サンを守る。前にサンが一番だと、言ったが今は、一番最後だ」と、言います。芍薬かしらね。ワン・ウォンが、ウン・サンの髪に、花を飾ってあげるんだけど、取れそうなのが気になったわ

衰弱した忠烈王をお見舞いするワン・リン。少し離れたところに、ソン・イン達がいます。その人達を気にしながら、忠烈王の言葉に耳を傾けるワン・リン。忠烈王は「ウン・ヨンベクが死んだそうだな。ウン・サンを救ってくれ。余の事も救ってくれ。ワン・リン」と、頼みます。

忠烈王は、健康の意味で救ってくれなのか、ソン・イン達から毒を盛られている自分を救ってくれなのか・・・。おそらく後者だと、思いますけど・・・。

イ・スンヒョを尋ねるワン・リン。そこには、元成公主もいました。イ・スンヒョは「ウン様が亡くなった部屋には、お香の香りがしたそうです。そして、それを片付けた女官が、何者かによって毒殺されたました」と、話します。元成公主は「香を扱える人が、1人います。王様のおそばにいるオク・ブヨンです」と、言います。

これで、ワン・ウォンは、ウン・ヨンベクの死に、元成公主は、関わりない事は理解したのかな?それとも、元から、薄々気づいていたかな?

忠烈王が眠るその部屋で、いちゃつくソン・インと、オク・ブヨン。そこに、元成公主が現れ、ちゃぶ台返しをして、大いに怒ります。忠烈王の前で、剣を向けてたと、ソン・インからフラタイは、斬られます。元成公主は、そこでの香が、病気を刺激したのかは、わかりませんが、具合が悪くなり、王妃の御所でご逝去されます。え?ここで、2人が亡くなるの?


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ

2021/1/21  10:33 | 投稿者: Author

突然、会長のジョンスが、会社を訪れ、社内はピリピリ。ハン・テジュがパク代理とかに「部長は?」と、聞くと、「会長が会社に来て、会議室に役員と部長を集めて、会議をしている」と、言われます。

ハン・テジュは、これまでの出来事から、何かあると察したでしょう。その夜、会長のジョンスを訪ねます。会長のジョンスは「上司を誘惑するなんて」と、言っていたわ。カン・ミリに誘惑されたでは無いのね。ただ、前に言っていたように、会長のジョンスは「適当に遊んで捨てろ」と、ハン・テジュに言います。

ハン・テジュは「真剣に付き合っています、僕の方が惚れているんです」と、言います。むしろ、僕から、惚れたんです、じゃ?

パク・ソンジャを、チョン・インスクを呼び出し「ミリが留学したがっているのを、知らないの?辞表まで出したの。だけど、母親や、姉、妹達が気になって行けないと言っていたわ」と、言います。おいおい、話を作るなよ。ミリの辞表は、チョン・インスクが原因だし、辞めるから、留学しよかしら?の順番だし、家族の事が心配で行けないとか、言ってねーから。

悩んだパク・ソンジャは、カン・ミリ名義の通帳を取り出し、カン・ミリの会社の前で「お昼食べた?」と、連絡します。カン・ミリは、ちょうど食べてない事から、2人でランチ。その後、カン・ミリのオフィスで、お茶する2人。そこで、パク・ソンジャは、留学の話を持ち出し、カン・インスクからの通帳と、自分が用意した通帳を差し出します。

カン・ミリは「あの人に何か言われたの?母さん、私を捨てないで」と、言います。カン・ミリは幼い時、捨てられた辛い経験が有るから、本当に嫌でしょうね。

黙ってられないカン・ミリは、代表室に乗り込み、チョン・インスクに「母さんに何を言ったの?」と、言います。チョン・インスクは「お母さんは、私でしょう」と、言います。カン・ミリは「私を解雇したら、あなたの秘密をばらす」と、言います。


人気ブログランキング




0
タグ: 韓国ドラマ




AutoPage最新お知らせ